アクセスランキング ブログパーツ
 最新記事(20件)

[02/20] やる夫は人妖として生きるようです 次回予告 薔薇水晶編

[02/20] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 後日譚

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 最終話 『 不撓不屈の鬼リーダー 』 後編

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 最終話 『 不撓不屈の鬼リーダー 』 中編

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 最終話 『 不撓不屈の鬼リーダー 』 前編

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 最終話 予告

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第二十一話 『 鬼は還る 』 後編

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第二十一話 『 鬼は還る 』 前編

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第二十話 『“LiberaMe”From Hell 』

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 第二十話 予告

[01/22] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第十九話 『 夢の終わり 』

[12/08] やる夫は人妖として生きるようです 第十九話 予告

[12/08] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第十八話 『 地獄への選択 』

[12/07] やる夫は人妖として生きるようです 第十八話 予告

[11/27] やる夫は人妖として生きるようです 外伝 『 自動人形 』

[11/27] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第十七話 『 蠢くもの 』

[11/26] やる夫は人妖として生きるようです 第十七話 予告

[11/25] 【沙耶の唄】やる夫が沙耶に出会うようです【ニトロプラス】 最終幕 後編

[11/25] 【沙耶の唄】やる夫が沙耶に出会うようです【ニトロプラス】 最終幕 前編

[04/13] やる夫の中学生日記 最終話 「卒業」

 やる夫RSSリンク





      \                    /
        \  丶       i.   |      /     ./       /
         \  ヽ     i.   .|     /    /      /
           \  ヽ    i  |     /   /     /
        \
                    / ̄ ̄ ̄\               -‐
       ー               / \,   ./ \
      __              /  (●)  (●)  \            --
          二     |    (__人__)    |        = 二
        ̄        \    ` ⌒´    /                ̄
         -‐      /            |                 ‐-
                (_ )   ・    ・  ||
         /       l⌒ヽ        _ノ |
                  |  r ` (;;;U;;)   )__)     ヽ      \
         /      (_ノ  ̄  / /          \
        /   /    /           ( _)       丶     \
      /    /    /       |    i,      丶     \

 
2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07

--/--(--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07/13(月) この世界には、なにかが足りないようです 第2話

92 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 20:59:44 ID:Izb5gL/a

さて、そろそろ始めたいと思います。

本日は60個ほど投下します



93 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:01:05 ID:Izb5gL/a



  ──やる夫の幕舎──


                     _.. - .._
                   _.. - ,ニ-冖 ⌒ 冖-ニ - _
               / ノ´,. .‐.: : : ̄: :、:‐. 、`ヽ \
            /   //: :./: : : : : : :l: : : :.\ヽ \
             <  ヽ/: : : :/: : : : : : /: :.l: : :、: : :ヽ/   >
              丶、/: : : ::/: : : : ::::〃:/:.|:: : :.l: : : :.', /
              l:l: :-:、l.: :::::::://://:∧:::._;l:-!: l:.|!
             ,l:l: : : ::|><__/ ' / '_,. へ:.|: l: :|::!l
             l:.|:|: : : ::lz=ュ   ′ z=ュ.リ:://: l
            l: :Nヽ: : :ヽ     '       /:://: : :.l     どこほっつき歩いていやがったですか、
             l: : /il ヽ、ヽヽ   /二ヽ  / '// ̄`ヽ!     このお馬鹿!
             l: /   il  li、``  |   |  /' li:.   ヽ
              l:/    il   li `丶、ヽ-- ,' ィ .il  li::.    ヽ
            ,/     il.※.li    ,.ィ`不ヽ、 il.※.li::::::..   ヽ
.        //     .:il  li   // //'{l:l ヾ、il  li\::::::...   l、
      / l/    ..::::il  li  ヽヽ//l>ィll:l__,ノイ   li:::::::丶、:::::::...l \
       |:  l:::.  ..:::::::::il.※.li   `イl:l. {.l:「´ il.※.li:\:::::::. `` ┘ \
      l::  l::::::_:::-:':´il  li    {l:l,><{ l:l   il  li\_l\::::.     .::/
    /,l:::.  ̄   ::::::il  li、,.、,、,、{.l:ト、イ.l:l、,、,il  li::::::::l:::::ヽ::.   .::::/` 丶、
  ,. '"´,.-l::::::::::::::::::::::/il.※.li、,、,、,、,、l:l::::::::{_l:l,、,、il.※.li、:::::::l:::::::..........:::::/ニ、ヽ、



               _____ _イヘ) __
          _ - フ ̄  、 ヽ   、_{_<_  _>
         /  /  {   !    ∨∧ \ ̄丶、
       イ,′  {   |   }    | |   \ ヽー、→
     ∠__/ /|  | ヘ、!   |   ||    \{ \
       ノ| | |__ |{  }}  /|_|__|_| }      ',  ヾ 、
     /メ{ | |V卞ト、又_/レ==}_/从/|      ',   } /
     //  {从仆≧、{乂乂ー(薇ソ/ | |        ',  //
     //   ヽ∧《{ ! j   \__У  | |        ∨/     マスターを助けに行っていた。
    ( (     ハ,ヘ ¨´ 〈    ノ   | |  {     / .'
     ヾ、   } ∧     _ _       | {  |     ( ヽ
      })  ,′ /ヽ.        ∠大、__ヽ     `ー \
      /'  ,′ ,    }>、 __r―' /⌒{_∠ヘ丶     ヽ\
    /   /  /   |  << _/}   ノ \>――-、ヽ \
    〃   /  /    | <⌒Y  /  ≦== ”  ___/⌒、_>  )
.  //   /  /     j  _ケい           /      }>、´




94 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:02:02 ID:Izb5gL/a



       __{〆..:::::::::〆        `  、
    /_{f7.::::::::::〆                 \
   / __{f7.:::::::〆   /           \  \
  厶イ7:r-、く  | |    |        ヽ   \
 〈〈__/:ハ::.Vヽ\ | |   |、          |    ヽ
. /ヾィ/ イヘヽノノ | |ヽ  | \   ',    |    | '.
/ /://ll |:「´   |{ 丁ヾト、|  ヽ  |!   |    |l |
  |::|  l| |:|    |ヽ弋f==,ミメ、 ' ∥  /ハ     || |
/|::|  || |:|ヽ   |   、_{._!ンヾ  }ノ|l /厶| , / ハ|
  |::|  || |:| \  ヽ   ̄¨`    l/rテミ|/ / / }ノ
  |::|  l| |:|  l \ \         、ヾ' / イl/
     l|     |   ` -\ J     ′/  ノ     助けにって……
      |l    |\        r‐ァ   / /      大尉になにかあったの?
     ハ    ト、  、 U    ̄  イ
    / ハ     l::.\ >_,、   /  |
     / ∧   l:::::/.::7爪  丁   |
―-  _∠::::ヽ  ∨:::/ 小ヽ |l   |
―‐ 、 ` マ}__ ト、  ∨/:||:lL)〉ハ   |
::::::::::..\「` マ}___\  ∨:||:「く/  |  |
::::::::::::::::::::::::::::..マ}___\ ∨| ヘ`ー|  ∧
::::::::::::::::::::::::::::::::::..マ}__ \l|  ヽ:::::l /:::ヘ



  /  / `ゞ、;;;;`ヽ、// /// /  / /|ヽ ̄ 、''' ー- 、
 .!  〈  | ヽ`ヾ、;;;;::ニ=‐/ i  l l  l 、 \`ヽ\ \
 |   、 ヽ ノ// / / /  l  /i i |! l、 lヽ \ \\
 ヽ   \ \ / / / /! . | |`||゙||. |'i │、 | !、 ゙、 、ヽ\
  /\    \ \/ l | l i | |,,,||,,||、| | |. ! l! |ヽ |、ヽ\ゝ`
. / / /\    \ \{ / | | |、 |:゙ ..:;〉゙ゞ;、 |`| !l | | 、  ヽ
/ /l/   /\   ヽ\\ |l |、|V ̄`゙''-、゙ ヽ! |!ヽゞ''i  l  ゙、    
/ ! / / / \  \\\ ヽ        〈 |(仆j、 |、| !     殴られていた。一方的に。
//| / .// / ! lヽ ヽ \\、 \          j、/ソ〉 | !|、|
/ ノ//// / l | }   !ヽヽ ヽ  ̄       ´ ̄、ノ゙、ヽ| j      退けという命令さえ無ければ、
 / / / / / l | l   } ヽ\ ヽ     -─-ニ  / 、\       あのトカゲを八つ裂きにしていた。
/ | / /.// ! l |  l | l ヽ !          /ヽ  l\\_
 イ ///  / /'j  l | l .ノ/       /ヽ    ヽ `ー-、ヽ  ――絶対に許さない。
/ |// /  //l | /  l ! |  /  __ /   \   \   | |
/ / /  //l /   l l/ /''‐-‐┴-、ノ⌒''ー'´ヽ、ヽ    \  | |
 / /  // /  / / / /;;;::-、_;;;::-‐、_::::::;、::::::::::>、  ヽ \| |
/ /  /'/   // /  /:::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::ヾ<,_ヽ  \ | |、
/ //   / / // /、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_;;;/_>、 、   | |、\
 / /   /  / // /::::: ̄`ヽ、_::::::::::::::::::/ ̄:::::::::::::::::::\\ | | ヽ




95 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:03:02 ID:Izb5gL/a



        ,    _.. -‐…‐-   _
.       (  , '´ , -―     、`ヽ、
         × _∠ニ -―‐  、 \  \
        く /. : : : : :; : : : ; : : : :\   ヽ、 \
       /: : : :// : : :;イ: : : : : : :丶  \ \
.     ,: : /: ::, '::;イ /: / /:::/ハ : : : : : ヽ  {   \
    /: :/: ::////  /: /  !|: : : : : : :.  ヽ   \
     {: /: : ,'´//  / , ′ !| i: : : : : :} ┼ } j _,ノ
     j/{: : :l://  ̄  /  ヽ、|l ト、 : : : ハ   | 厂    一方的に……
      八: : {/ x‐‐ 、     」≧ーi: ::,′{  レ{ 
        〉. :ヽ/{:::::リ      ´{::::::jヽj::/:} {十{ : !    白饅頭は大丈夫なんですか?
      ハヽ: {xx~´   .     ー' ノイ:/( }  } : l
.         从八             Xx //: : ){Ⅹノl : l
        / /{ヽ \   っ     //: : /f′ j l :∥
.       / /ハ Xヽ > .. __   イ: メ、: {{ j×ノ l : l !
     / // ハ /   ,ィ个x、      \}j {: l : l :!
.    / //ノ /   〃 ∧  \     ヽ+} l : l :l



   |亅 |―‐l‐| |-、_|_   ! !   {   |  l !   | .|   |
ヽ  ! | !ヽ l__! |    ! `l | ト、  `  l  | l   l  !   !
 ヽ l l/  ∨ `7ーr‐-、ヽ l V.∧     /__,//  /  l   l
   ト!   l  /  |仆 l \`  ヽ、  .{ / 7  / / |  l
.       ! |   lノ | ./     ヽ、/トr‐t-、/ /  l /
       ゝ,ヽ  _,ノ /        |>、 ( ラ> '  ! /
           ´´ ̄ ̄            ト、r、ノノイ┐ l/   偵察ユニットからの情報を元に
                        ヽr‐'ー-′     判断する限り、命に別状は無い。
                          /
                     '´ l          ただ、打ち身、擦り傷が多数ある模様。
                         /
、                    ̄`¨  /
:.ヽ、_                   ´ /            ──あのトカゲ、今すぐ抹殺すべきか。
:.:.:.:ヽ ̄`ー‐- 、          /
:.:.:.:.:.:.     :.:(          ′




96 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:03:49 ID:Izb5gL/a



              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / 
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      | ∥ ;    ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ / | | |: l::.::.::.:/
  /   |:| |  |:|',   |ヽー=≧x、ヽ ゙, //_」./l  | ||:リ::.:/ /    私も許せないわぁ。
/     |:| |  |:| ヽ  |   弋_リノヾ'ー |/ィ,T7/ /j / /::.::.::.∠ -‐
       |:| |  |:|  ト  ヽ   ̄      ゝ' /´ |::::/::イ::.:/.::.::.:: -   大尉に暴行なんて、
    /   |    | \ \         / /::.::.::.::.:/__  ー 
 \/    ∧    |\   ̄   ___,. ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄   ジャンクにすべきよねぇ?
___ \   / ∧    ト  \      ̄` イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.:
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄``
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \



 \/: /: : : /: /: : : : : : /: /: : |: : : : l: : : ヽ}   \
  /: /: : : /: / : : : : :://://: :∧ : : : :|: : : : |     〉
 l: |: : :  |: /: : : : :/ /" /: :/  \: : :.|: : : : |   /
 |: :ハ: : : |: |二ニ==ェニフ´   /, へ、____>':「: |: : : レ'
 ヽ:|∧: : |: |く/フこ^ヽ\ /   / _ェ‐‐、=、`|: : |: : l: :|
  ∧ヘ: : |/ |r^{:::}゚ |  "      |^{;:::}r^} 〉 |: :/: : l: :|  このバカ銀燈!
  /: : |\: |ヽ >ー‐'        ヾ_こ_ソ  /:/: : :/ /|
 / : : {. \ヽ :::::::     ヽ     `ー―' /イ: :/ /: |  今朝のことをもう忘れちまったですか!?
./: : : ∧  ト >   , へ、___   :::::/ /: ///: l: |
 : : : i^ヽ *\    / /´    :::::ヽ    // ノ/: : l: |
 : : /レ⌒ヽ、.  ヽ、 ヽ、_     :::ノ  , イァー‐く`¬ : l::|
 : / / / ,へ. l| ` 、    ̄ ̄ ̄, ' rーく \.  |` ト、:.l::l
 ::/ .| '  / /ヽ|    >= ァ  ̄  /^ヽ  ` ヽ. | 〈 ヽ::|
: /  |       / |  /⌒/L「\.   |       ./ /  | |




97 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:04:21 ID:Izb5gL/a



               _____ _イヘ) __
          _ - フ ̄  、 ヽ   、_{_<_  _>
         /  /  {   !    ∨∧ \ ̄丶、
       イ,′  {   |   }    | |   \ ヽー、→
     ∠__/ /|  | ヘ、!   |   ||    \{ \
       ノ| | |__ |{  }}  /|_|__|_| }      ',  ヾ 、
     /メ{ | |V卞ト、又_/レ==}_/从/|      ',   } /
     //  {从仆≧、{乂乂ー(薇ソ/ | |        ',  //
     //   ヽ∧《{ ! j   \__У  | |        ∨/
    ( (     ハ,ヘ ¨´ 〈    ノ   | |  {     / .'    …………
     ヾ、   } ∧     _ _       | {  |     ( ヽ
      })  ,′ /ヽ.        ∠大、__ヽ     `ー \
      /'  ,′ ,    }>、 __r―' /⌒{_∠ヘ丶     ヽ\
    /   /  /   |  << _/}   ノ \>――-、ヽ \
    〃   /  /    | <⌒Y  /  ≦== ”  ___/⌒、_>  )
.  //   /  /     j  _ケい           /      }>、´
.  //   /  // ̄`>‐'《薔)'〈    ___ _,/      // ヽ



        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l    白饅頭にとって、翠星石たちは
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l    ただのドールです。
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l   勝手に動いたら、そりゃ悲鳴の一つだって
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l   あげちまうですよ。
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |
:L | .{    } ./ | ( | (| ヽ、/ノ ハ  ] l く  .|: i l
..r レ  i  .} /  | ..)| r|   |ハ  i〈  l ノ   |: i |




98 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:05:02 ID:Izb5gL/a



              _  -‐    ̄ ̄ ̄ `丶
             / ̄* ̄⌒ … 、       \
         / ∠_ __ __   * ` ー 、_    ヽ
           | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、    ヽ    ヽ
            ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
         /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \   \
.        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ    \
        ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }    ヽ
       l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {      〉
       |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }    /
       |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {   /
        .、:.:|:.:l|1::::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬‐'
           ヽ{ヽl!  ̄´      |i:::::::dハ/:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
             }.ハ."" '      ` ーイフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|   気味悪がられるなら、まだいいですぅ。
         {  ヽ⌒ヽっ    """∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|
          ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   .ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|   もしかしたら
          .ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|   捨てられちまうかもしれないですよ。
         イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
       |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l
       |{ * } `ヽ、 __r‐┘  /l      丿   {:.:.:.:.:l
       l::}   { /,ニく  __ .ィ´ _〉    {  *  }:.:.:.:.:.l
       {   }〈〈  ∧ ̄ __r‐┘ ヘ     {     }、:.:.:.:l
         |}*{ ヽV/ハー'     ヘ   /::}     ハ:.:.:.:.:l



               ∠こ二フヽ二フr<::.::.::.::.::.::.::.:く)`ヽ
              /ー'′       `¬ヘヽ、::.::.::.::.::く)_\
            , ´                 `ーヘ、::.::.:::\} ヽ
          /      , ′            L入::.::.:::__YZ `、
           , ′,  ,  ,  /     ;   |  l  i l    >'´ィ介、`ヽハ
.         // ′/ / ,′    /   ,イ ,′ l ,′/::::/ 川ト、 ヽ::\
        /,' ,′.′.′/,'     /   / l ′ //  \:く  //!h::ヽ ノ:::ノ
          l ′i  l  i  l |   /  ,イ / /  /,′ ,′ヽ∨/ !| lヽ::r‐' !
       八 l  |  | ハ{   / / ノ/_/__/_  /    7′l:||!::| |
          ヽト、 、 ト二ヽ /レ'   ̄二ニ∠」_ノ /   ,′ / ! ハ:::、 |
          ` `7ヽ弋なY      '^ぃf{ノ} 彳 /  / /  /:/ ! l ::Ⅵ
            ,' ノ ハ ゞ ' ,        ̄´ /   イ ,′ /:::l ハ |::::∨
          /{ { ′ゝ 〈          _彡 / //  └く!| | |::.::」|   …………
     、     /ハ ヽ、 \   _ __    ー― '´7 //   i   | l `了
     ヾミ≧x \/ /ンーヘ、` ニ`       '′//   l   ハ  /// /
         `ヾミニ∨ '    `> 、 _  -‐ _ _ イ/:l     !  ,′∨厶∠
       ー==≠二7,′   /\ レ'了」斤く:::ノ/::::l    ,′/ ノ三彡'′
       _ 二..:.::::.:..;′   /ミ///7| l:ヽ\::.::.:j   / /彡仁三三
    ` ̄  _.:::   .::.     /ヽ{ く/ / //! |::::l |::.:/  ,' 厶-―v'⌒ ̄




99 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:06:03 ID:Izb5gL/a



                       \≧_
                         'トー 、
     /'/‐/-./ i                    ヽ:::: \
レ人 /|_|:/_ l! |`V \ ,ィ  r、             |\:::: \
/  V i「 !フ:`ヾ.ヽ! ヾV|ト ,/ !   , ,       |  `ー―
:::      ' `レハ!ヾ ∨ |l i\!__ / /    /  !
::::     `   '       Vメ/!ゝ∠_イ  / / /! ト,,
:::::                  |! Vγャ-> / /!/ 'V\\         ……わたしは、
::::::               , |! |!V≦ハ/ノ       \\       マスターにご恩を返したい。
::::::               ′ヾ ゝ<..イ            \\
:::::::       ‐ 、     `´lハ:: !              \\    マスターにも、わたしの感じた幸せを
ヽ:::::..                ゞ_ノ |:: |                \\   知ってもらいたい。
lー- 、         _,. ィ::´  |:: |   _ ___________ __ ゝ \
ー 、  ヽ     _ イ'´::::::|::::::  |:: | r ´イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄
: : |   Yフ´〈 ::::::! ::::::: |::::::  |:: | ヽ \
:..:.:.|ー--.レ__∠ ::::::: :::::::: |::::::  |:: |  \ \
:.:..:| : : : :.|: : : : .>:::::::::::::|::::::  |:: |    \ \
:.:.:..|: : : : :=-<´  ::::::::::: |:::    !:: !      \ \




<    /  /,ィ‐ "`T ⌒`ヽ- 、_:::::::::::    \
  /  .//: : : : ̄r " : : : : : : : ヽ、::::::     \
  \ / ト: : : :_ ,,=-ェ 、 : : : : : : : ィヽ:::  、   \
    〉 ^", ‐⌒ ̄   `T" ヽ、_ ソ - ヽ   ヽ::::::..  >
   {{ /  /     i i | \  "ヽ: : : ヽ.   i:::::/
.   レ'´  /     ,イ .l l   ヽ   ヽ: : :ヽ  レ´
  /   /     / | l i    }    ヽ  }レ∧
  / .i  i    / / i ハ_   i    ', ソイ  l
  |  i.  i __/_  / /__ヽ__ i.     ト-|  l    それは翠星石もおんなじですぅ。
  |  i  i" /、_/ /  __  \ヽ    i }.  l
  ヽ i  KT7ハヽ     T7ハ;フト    / :}.   l    でも、今のままでもじゅうぶん幸せですよ?
   \.、い. ヒ;ゾ       ヒニソ./.i   イ  .:}   l
    |ヽ\ヽ .::::.  ;     .:::::./ノイ/ .} L .}    l    理由はわからねーですけど、
    li  `i\   ー‐'    /イ i .} 「 .{    l    自分で動けるようになったです。
    ∧i レ_ | i. `: .、 _ _,  '´ ト、. i i {i  } i.    l
   / .{i v` { i  i__/ }  ./  \ {i  } i.    l    自分の意思で
.  /  {   レ '´ , - 、.v"r‐- 、   .{{  L i.    l   白饅頭に想いを伝えることができる……
  /  }i   } r '´   >く   ` ヽ.{   イ⊥.i     l   いつかそんな日が来ると
. /   }i   .} |   , イL|| \   .{ト じvK  ヽ    l  信じているです。
/   }i i _ |. レ'´ .>|( .|| ) ` ‐v'}  " }r'::::::  i.    l
.    }トヘ` .|    〈 | |>|K    .}i   }ハ::::::::  i    l




100 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:07:02 ID:Izb5gL/a



              ___r=y=ー=冖-ィrt=、
          /___f〆::::::::::::::::::::::::::::::Yごソ\
         /__f〆:::::::::::::::::_y=ー¬冖¬―-\       /
         / .{f7::::::::: イ厂  ;′         `\    / /
        /__{f|:::::/  l l  |      ヽ  ',  ヽ  / /
.       /〈匚/イト\   | |  |       ',  i  ヽ∨ /   / //
      /   ̄7 |l|___}〉 ∥|   | {      |   |     ∨ /  ..::/
.     /   //  |:| ̄  | || l   | | ト      |ヽ  ノ   ', Y /.::∠
    /   , / l  |:|    l┼ヽ\ ||| \  |ハ  /| | |: l::.::.::.:/      でも、それじゃ
  /   |:| |  |:|',   |ヽ  ヽ  、ヽ ゙, // l./  | ||:リ::.:/ /
/     |:| |  |:| ヽ  |U┯━┯    |/┯┯/ /j / /:::::∠ -‐::.::.    大尉が受け入れてくれる日まで
       |:| |  |:|  ト  ヽ. |  |      .| /´ |::::/::イ::/.::.::.:: -―
    /   |    | \ \  |.       | / /::.::.::.::./__  ー―    ずっとこれまで通り
 \/    ∧    |\   ̄   ┌┐ ' /´::.::.::.::.::.::.<二 _  ̄ ̄
___ \   / ∧    ト  \       ̄ イ   |::.::.::.< ̄ ̄ ̄  r―一    黙ってないといけないの?
::.::.::.::\\/ /.::.ヘ   ∨>=>  _ ∠::.::.:|  |::.::.::.::.::.>  __ ̄ ̄ ̄
::.::.::.::.::.::.` <´\ヘ.  ∨::/∧:ト\く___|  | ̄ ̄ー―::.::.::.::.:ー- ::.::.::.::.
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\ ゙ヘ  ∨/ |:|:::://::.::.::.::.:|  ∧__ー<  ̄ ̄ ̄`` ̄
::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ヽ ヽ  V  |:|::〈〈::.::.::.::.::.| / \::.::.::\ \



                   ,  -‐―‐ 、
                  /,  -―‐-、\
                  // ,.  -――‐\\
.              // /::::::::::::::}、ヽ :::: ヽ._>
          / _」 /:::::::::::_:/ ヽ}___」_,
.           ∠__`ト辻:::::::'´_/   ノ◯' !    その点は我慢するです。
            / ::| |l{ ̄ ̄‐◯      }i
              / ::: | |lト、         ̄Z /l|    あ、脱落してくれてもいいですよ。
          /:::::::::| |l|__ヽ、       ´ /| l|
            / :::::::::,i |l| <l ` ー―一 '^!、| l|    ライバルはすくねーほうが助かるです。
        / ::::::/ ! ll| <|  | ̄ >ロ<_}|>| l|
          / :::/   | |l| <|   ̄ ,イト、 |>| l|\




101 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:08:02 ID:Izb5gL/a



  | | | l   ト    ヽ   ||  |l         '
 | ゙、| ',    | \   ゛   | |  ハ   l       |
ト l、 \ \   l  ヽ |l   l | /| /|       |      脱落なんて冗談じゃないわぁ。
 ,,>≧ミx.、ヽ |   } ||   / レ' _」斗 1      ,
'" /::::::(_j卞ミ\|  V | /,,斗=<|/ |  //   人      私が大尉の……あれ?
 ':::::{iiiiiii}::::|         |/〝/::riゝヘヾ, |// / ^ヾ、
|:::::゙艸'::::;         |:::{iii}:::::! 》 イ //| |    \、   大尉は私の?
ーヾニ二シ,.           弋辷_ソ _″/   .'|     }:}
     ̄´          `     i/   / !     //   と、とにかく、大尉は渡さないわぁ!
             ′     U /   イ |  ∠/    
\ U                /ィ /|  l
 ̄                  ´ /    |   | _ノ∠イ
                    イ     |    l:::::::::::≦二
\      (二ニ==ニ)     . イ |    |    |:::::::::::<


       , --― ,===== 、                  ……しかし、本当ですか?>
     /    / , -―‐-、`ヽ、                 間違いねーお>
    く    / /    ,ィ l`ヽ 〉                              ガヤガヤ
      `7ヽ/ / /  // } |l   `ヽ
     / / ∠-‐,..二`X // l  l  |
     ! l | {〈::.:::.::.:ハ   -‐ヘ l|  }
      | | ト、ヘヽ::_::/   /::下Y /
      ! |  |\_〉  , --、 ヽ::/_/ /      ――帰ってきた!?
    /  「|斗-ヘヽ 〈  /  フ ∧ 
     レ‐┘し┐ :|| > ニ-<彡1 \     とにかく、いつもどおりでいるですよ!
    ∧_}ノ´V |l r个〈:\   ト、_/
    / \:.:「\l〉:ー-YT‐|: : }   |       眉毛一本動かしちゃ駄目です!
.   /  / ヽ}/:.`ヽ、乂:人: :ヽ、 ヽ
  /  /   / :\: : : : : : :.:/ヽ: :}\ \
. 〈ー≠ニ二/: : : : \: : : : /: : :∨/_}//
  ヾー-ニ_/ヽ: : : : : :`丶/: : : : :`Y_二ニ〉
  〈二ニ7: : :`丶、:_:_:_:_:_:_:_; : -‐ヘ=={
  `¬く:_:_:_: : : : : : : : : : : : : : :_:_:_:〉<
        ̄`========'´ ̄




102 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:09:02 ID:Izb5gL/a



        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \
     /   (●)  (●)  \    心当たりがまったく無いわけではありませんが、
     |      __´ _     |    にわかに信じがたい話ですね。
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /



     ____
   /      \
  /  ─    ─\       まー信じられないのは事実だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |     つーか、やる夫だって半信半疑だお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |       ただいまー、っと……
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




103 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:10:04 ID:Izb5gL/a



                       _ __ _ _
                    ,  '´ __ __ _``ヽ、
                   /ィ.:7´.::に旡コ:::::::.:.`ヽヽ
                    ,イ.:::/::/, -─ ー─- 、.:.::::.\\
                  /.:::::rィ'´         、   `ヾ、::ヾ !
               /.:, ィ 7    ,イ     ト、  ヽ 、`ー{
                 /fイ i 1  i .|:i     | i   | | | i!
               j」1i :| | l | N     :! |  l| j | ||
       ト、       ,ルl |.:::| ト、ト、N ト、    ,イ/l , イノ,イ/  i!   (う、動いちゃ駄目よ……
 ̄ ̄`ヽ.  | ヽ    / /トト、:ト、仁ニー-、\,ィイ ィ≦二,,.′ /1   
‐- 、、   \!  |     / / iト、\ ヾ じソ>    <じソス/ .::/ |    がんばれ、私……!)
  .:.:::.`ヽ、:.\ト、  ,/ / .::::|:.:\ゝ   ̄`  ,      ̄ ィ .::/   ト、
    .: .:.:.:::::::::.\:V イ.:.:::::/:.:.  1ト、    _ _     /|.:/1  | \
 ̄``ヾ二二ミミヽ、.:.::.:\:/::::::.:.  l | >、        , イ.::l/ ,! , イ    > ── ─‐‐-、
     .:.:.::::::::::::::.>ミ,r'"´ ̄`ヽ、 ヽ!  7r-- ‐<__」.:.:! / /.::::|, ィ´   -── - 、
.: .:.: .:.:.:::::::::ィイ彡イ .:.:.::::::::::.:. \|_/.:.:.:::::::::::::::::.:.L_/ /.::/ /  , ィ彡三二 ニニ \
.:.:.:..:::::::::,r一'´ニ仁二二ニヽ::::.:.:. `Y7:.::::::::/^ヽ::::::::::./, ィ^ー─ - 、.:.::::::::.:.:. . ̄`` ヽ、
.: .:. :.:.:::〈  .:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::.\:::::.:.:.:|{ト、::,イ|  i:::::::.ノ〈i::::::::::::::.:.:. . \.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.
. :. :.:.:::::::ト、 .:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.\.:::.j1  |:|  |:「    !::::::::::::::::::::::.:.:. \:::::::::::::::::::::::.:
 ..:::::::::::|.::.\ .:.::::::::,r'´ ̄ `ヽ.:.:::::ヽ|{!   |:|  |:L_  」!:::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::::::::.
.:.::.:/:.::ノ!.:.::::::::.`y'´  . .:.:.:.:.:.:.. .:.::::::j1 /⌒Y´ ̄`Y⌒ヽ1::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.  \:::::::::::::
:/ィ´:.::l.:.::::::::.:ノ .:.:.:.:.:.:::::::::::.:.::::::::ル7   i rkkュ !  〈i|:::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:. /.:.::::::::::


           「特に変わったところはないようですが……?」

           「うーん、おかしいお……」




104 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:11:02 ID:Izb5gL/a



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\     そういえば、こちらの水銀燈は
   /   ( ●)  (●)\   ぼくのドール、金糸雀の前身だとか。
   |       ___´___   |
   ヽ、    `ー '´  /



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   その通りだお。水銀燈は金糸雀タイプの実験試作機だお。
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     造兵廠の隅っこでホコリを被っていたのをもらってきたんだお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




105 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:12:02 ID:Izb5gL/a



           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \     ……実験機とはいえ、よく譲ってもらえましたね。
.     /   (一)  (ー)   \
.      |        ´    ij  |   知ってます?
     \     ⊂つ     /   造兵廠で生産された兵器は、国家の所有物なんですよ。
     /           \   個人で勝手に取引したら、横領で打ち首ですからね? OK?



       ____
      /      \        「廃棄されていた」のを「拾った」だけだから問題ねーお。
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ     そうでなくても、
  |   (__人__)( /   〉|        「撃つとフレームが歪むから一日一発が限界」(昨日分かった)
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ      「砲撃には専用の台座が必要で、移動不可」
―――――――― \ _ _ _ )  とか転用不能な欠陥兵器なんだお。 廃棄もやむなしだお。




106 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:13:03 ID:Izb5gL/a



         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ    (……廃棄当然の欠陥兵器)
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧                    (……ドンマイ)>
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧                      (まぁ、事実ですぅ)>
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ



     ____
   /      \      それでも使い道はあるお。
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   威力だけはバッチリだから、城壁や障害物の破壊にはもってこいだお。
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    専用台座の件も、土木用ドールの翠星石がいればカバー可能だお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |     なにより音声入力式だから、ドールマスターとしての能力が低いやる夫でも
  \ /___ /     比較的簡単に扱えるんだお。




107 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:14:03 ID:Izb5gL/a



        ___
      /      \       たとえ砲撃戦ができなくても、
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \    やる夫には欠かすことのできないドールなんだお。
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ



:: :: {:: :|}}   /            ヽ ヽ    ヽ\
:: ::l :)::|}}  ./ ,     |        |  | l     l ハ
:: ::|{:: :|}} / | | | | |  l    |  | |  |  |||
:: ::| :}::|}} イ  | | | | |  ゙、     |  | |  |  |||
:: |:l〔:: :|}} | l | | | | ト、 、\  |  | |  |  |||       
:: |:| ::}:|}} | l |_ L⊥.」_ l、\ヽ \ |  | |  |  |||      /     (大尉……)
:: |:|::〔 :|}} | l | | | | ヽ\ \\斗、十 |  |  |∥|     /.:::
{^ヾ::l}:| ィ ニニヽ >=ミXヘ \ \\|\ |  | ノハ|   /.::::::
  >ヘ〈〈     |:|ヘ | しク ヽ       ィjT7ト 〃イ l__||_/.::::::/ 
/⌒7:小\_ノ八┴‐'           ゞノ //  ∧:||::::::::::::∠-―:
-―く∧ヾ` ーヘ、             / ∧ /  V::::::::::::::::::::::::::
:: :: :: .\\ \ー-\         >   / / |∧   \:::::::::::::/ ̄
:: :: :: ::. ..\\ \     、  __ ,   ' イ l| ヽ  \\::::┴―
:: :: :: :: :: :: ..\\ \      ̄  ̄  へ :: :| ||-、 \   \\::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: .\二二丶    < 、  |:: ト. || ::ヘ  \   \ヽ  ̄
:: :: :: :: :: :: :: :: :: .. \:: :: :>>く:: Lノ 〉 |:: ハ|! :: .ヘ \ \\ \―
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::〉冖^ヽ>ー冖-冖>┐: リ :: :: .ヽ ヽ  ト ヽ ヽ
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : /    lヽ \ 、  冫 :: :: :: :: .\| ハ } ノ
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: /   ー--|:: 〉_ヽ<  く:: ::/ :: :: :: :: : 〉|/  } /
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :〈     ノ'´        〈:: ヽ :: :: :: :: ∧|
:: :: :: .\: :: :: :: :: ∧         r-=、ヘ:: ::l :: :: :: / }|
:: :: :: :: :..\:: :: ::/ /\         く〈与}〉 | :: | :: ::/〉
:: :: :: :: :: :: .\:: ::〈 :: :. \      `''^´ | :: | :: :: :∧
:: :: :: :: :: :: :: . \::.ヽ:: :: :. \         /. :: | :: :: :: ::|




108 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:15:04 ID:Izb5gL/a



     < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
       /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.  /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
     \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
       )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'     (………………)
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
  !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /
  l        :l. `ー ー-    `iヽ/)l∠ィ'"     :ヽ、         /  / /
  !        `ー--、    / ,‐、`ヽlン   ヽ      ノー'   ー '   / /
  ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 `l ー' `ーr`'ー---<´:::        / / ::::


     「次は薔薇水晶ですか。君の事を知らせてくれたのは彼女ですよ」

     「やる夫も見たお。勝手に動いて、やる夫を守ろうとしたんだお」




109 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:16:03 ID:Izb5gL/a



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)    薔薇水晶は最新鋭機、雪華綺晶の土台となった実験機だお。
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |  けっこう無理言って造兵廠から貰ってきたし、
.  \           /   今までにないバグが発生したかもしれねーお。
.   ノ         \
 /´            ヽ



       ___
      /     \     ……貰ってきたって、さっきも言いましたが、
    /   ⌒  ⌒\    せめて婉曲した表現をしましょうね、やる夫くん。
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |                   運用テストで借りてきた、と訂正するお>
   ヽ、    `ー '´  /



      ___
    /     \  サワサワ
   /  _ノ '' 'ー \    んー、やっぱりちょっと調べただけじゃ、
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |  不調の原因を特定できそうにねーお。
 \      ` ⌒´   /

                              (どこまさぐっているですか、この白饅頭!)>




110 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:17:05 ID:Izb5gL/a



     < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
       /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
      /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
.   / /     | l | ! -l┼'ト ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
.  /   /     ,!',! l | |ヾl‐!lニ、ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
 ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! ` いソ`     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'  ./
 ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l   ̄       `ヾ='<´\||    !   / /
     \ヽ /    |  !〈| /////   ′  /////  l |    レ' /       (ああ、マスター……
       )ヽ   l  l'ー、     ─-       /,r||  /.,ィ'         マスター……!)
      / 〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
    _/  /   |  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
._, -' ,, -'" /    l  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
‐''´    /     l  !.|  く :::`:´:::::::L 'y-, -': : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
     ,' ___.l  .! !   l``,ー、 ::::::::ヽ_:::::: .<ー|   l.l     ____L
. ┌―'匸__    ̄``ヽ、_,-'´  :::::::::._-、_!、:::::::::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
  !     ヽ_ __      `   /`<y`t!\            `ー--、:_  /
  l        :l. `ー ー-    `iヽ/)l∠ィ'"     :ヽ、         /  / /
  !        `ー--、    / ,‐、`ヽlン   ヽ      ノー'   ー '   / /
  ヽ:::::         :::ン--‐-、__、 `l ー' `ーr`'ー---<´:::        / / ::::


          「なんか、ドールが熱を帯びてませんか?」

          「気のせいじゃねーのかお?」
                                           (死ねですぅ!)>
                                           (妬ましいわぁ……)>




111 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 21:17:19 ID:3nl2wTkG

わっふるわっふる



112 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:18:02 ID:Izb5gL/a



           ____
         /     \
       / \   / \
      /  (●)  (●)  \    最後は翠星石ですね。
     |        ´      |
     \      ⌒     /



            __,.--_-_- .__
          _∠/ _v__`¨´ _vv_ヽ.__ ¨' -._
         ,ィ´r_  イハ`_,、__ ハハ   _`ヽ.  ¨ ‐--ォ
       ,ィ´ ´ハ ,ノ ̄ ̄´    ̄ ̄ヽ、フヘ' ヽ.__    |
.      /ヘア´ ̄|.:.:.:.:.:.!.:.:.|.:.:.:.:.\.:.:.:.:.`ー、 _、\  |
     ノi,ィ´:/.:.:.:.:.| .:.:/!:|ヽ.:',.:.:\.:.:ヽ..:.:.:.:.:.: ヽ.ハ¨ `ー'‐- 、   ___
.    |_/:!.:.:!.:.:.:.:.:ハ.:/ノ.:| .:',∧:ヽ.:ヽ.:.:ヽ.:.:.:.:.:ヽ:`¨Tヽ._=Y= _二_Yィ ン
.    / !:!|.:.:|.:.:.:.:.:|::|'/.:.;ハ.:.:ハ:|\:\:_:.ヽ.:.:.:. i.:.',:.:',.:.:\ ̄¨ ‐._ ̄     (つ、ついに翠星石の番です……)
   イV|:|:!',.:l.:.:.|.:.:|::,'.:./ !.:.l |:!-‐<_`ヽ`.:',.:.:. |.: |、.:i、_.:ヽ、.:.:.:.:.: ̄¨
.   |'ヘ |:|:!:ヽ',.:.|ヽ|ノ-,''¨|ノ l:!  _ ヽ|、.:.|.:.:/.:.:|::',:|、.:.: ̄ ̄.:.:.:.:.:.:.:.:    (薔薇水晶以上に
.  /  ,!:l:ヽ.:.ヽ.i/:|/  _」'  リ  _, -z' Y.:∧.:.:!ヽ!| \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      「念入り」に調べられても
.  ,'v_ 代:',、:ヽ.:.ヽ.:.:i!  _,ノ      ̄´   ,':,イ/ハ.:|:::::i|\.:.:.¨ヽ.__        ちゃんと我慢するですぅ……)
  {,ホ | ',ヘヽ \:ヽト=''´      zxx /'´,'ノ:::|/ ̄¨ ‐-.__.:.:.:.ヽ. ̄
  ヽ ノ  ヽ', {\`ヽ\_zxx  `__ ,.    人\__:::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄
  トvヽ   \ヽ.\:`ヾ. ̄        /| :::\_`¨:::::‐-._____
  ヾ` |     `ュ、`.:、`マ'ェァ、‐-‐''´  jヽ___`>、‐-._____
   `¨!`ー- 、/.::.::`ーY`ァ-}`'‐‐x― '´ ト、,、,、:::::::::\_
     ヽ、___ヽ-=、_,、f'/_ファ=ァソト=,ゝ、__} /イー--、:::::::::::`¨ ‐-.__




113 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:19:02 ID:Izb5gL/a



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \    この二体に異常が無いなら、廃棄品とはいえ、
        |      (__人__)     |   量産機を素体とした翠星石に異常があるわけねーお。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ    リンカーON、OFF。
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ   はいオッケー。
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |



            , -―― - 、 _
       _l   ∠,-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、`ヽ
      \   /.::/::./:.::.ハ::.\ ヽ \
      <  /:.:./::.::./::.〃  y::..ヽ ヽー`
      / 〃.:ノ ノ  ツ `ヽ l::/::.| |:.|
        |:l::.!ィ●    ●ノリ::.:.| |:.|
        ヽヽ⊃ 、_,、_, ⊂⊃リ:} *{:|
.            |ヘ   ゝ._) //::i ! i::|
          i */⌒l,、 __, イァト{ * }:|
             }/  /{><} {l:: :: :|  |:|
            |  li i介i ilヾ:: ::i * i:|




114 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:20:03 ID:Izb5gL/a



 ──幕舎の外──


      / ̄ ̄ ̄\
     /        \     すまねーお、できる夫。
   /  _ ノ   ヽ、_  \
   .|   (ー)  (ー)   |    やる夫の早とちりみたいだったお……
   \    (__人__)   /
     /    `⌒´    ヽ   (とんだ恥さらしだお……)
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ



       ,___
     /     \
    /  ⌒  ⌒ \    気にすることはありませんよ。
  /    (●)  (●) ヽ
  |       、__',_,    |   ドールマスターとドールの間には、いろいろと不思議な縁があるものです。
  \            ,/



        ____
      /     \
    /  ノ    ─ \
  /   (一)  (一)  \    ところでやる夫くん。
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /    あなたはドールについて、どう考えていますか?
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /




115 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:21:03 ID:Izb5gL/a



       ___
     /   ヽ、_ \      どうって、兵器としては優秀だお。
    /(● ) (● ) \     ドール一体で兵士100人に匹敵するっていうのは正直チートだお。
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |   そういう意味で言えば、
  \ヽ   L        /   貴族のための強力な支配装置という側面があるとも言えるお。
     ゝ  ノ
   /   /



       ____
     /     \               では個人的には?
   / _,ノ  ⌒ \          けっこう大切に扱っているように見えましたけど?
  /   (●)  (●)   \       
 |     、 ´       |  (( ∩))  そういえば、
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒) 自分の幕舎に入るのに「ただいま」とか言っていませんでした?
  /          \



           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \   !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ




116 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:22:02 ID:Izb5gL/a



          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \        えーと、アレは……
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)  そうだお、殺伐とした戦場に
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/   アットホームなふいんき(ry を再現しようと──
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |    ドールって、いい匂いがしますよねー
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\   ですよねー。
     |   u.   `Y⌒y'´    |
      \       ゙ー ′  ,/   抱きしめて深呼吸すると、なぜかドキドキするんだお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ   …………お?
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |




117 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:23:03 ID:Izb5gL/a



       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\    (はめられたー!)
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \      別にいいんじゃないですか?
     /   (●)  (●)  \     ぼくは個人の趣味に口出しするほど、野暮じゃありませんよ。
     |      __´ _     |
     \        ̄    /     それに──
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /



       _________
      /     \     ドールが可愛いというのは、ぼくも同意見ですから。
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\   なんなんでしょうね、アレ?
   i   ::::::*  __´___ *  .i  添い寝すると、妙に安らいだりしませんか?
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \   ? ──やる夫くん?




118 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:24:03 ID:Izb5gL/a




         ____
       /     \ 三 ササッ
      /  ─    ─\
    /   ‐=・=‐ ‐=・= \     ドールと同衾とか、まじドン引きだお……
    |  U    (__人__)    |
    \     ` ⌒´   ,/     剣にチュッチュするようなもんだお。




120 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:25:04 ID:Izb5gL/a




              ,. -─────────‐- .、:::::::::::.::::..:::::::::.:..::::::::::::::::::::::::::ll! l!::._:: -=ァ:::.:::___:::::
             // ̄ ̄\      / ̄ ̄\\.::.::::::..::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::l! l!‐ _..=-‐ 二ィ /::::
           /                     \.:.::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::l! ‐ ´_..-  ̄/イ└ォ:::
          /        ::::::::::::::::::::::::::::::::       \::.::::::::::::::::::::::::__ノ7´ ,ィ L = 二イ:{_.イ /:::
        /   / / ̄\\::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::// ̄\\  \::::::::::::::r^'´_ィ l! ー'  r=‐ 二イ=、j∠ィ:::
       /    |  |. ┃ .| | ::::;;;;;;;;;;;;;::::| |. ┃ .| |    \::::::::: ヽ  V イ ,.-┐ イ⌒!/  /:7_,7:::
     /      \ \_// :::::::::::::::::: \\_//      \:::::::.: \ r:7' /r=l!`l!:.l! 〃 /__:.{(::::::
    /                                    \::.::::::::.`l! ハ! l! |:l! l!=‐  ̄_..ィ:::::::
   /                      く                   ヽ:::::: :: l! l!:.≧= ´ _ ァi::7´ }::.:::.::::::
  |                                         |..::::::::l! l‐´  _,.-::.´l! |/ /  , ‐┐
  |                   ______                |..:::::::l! _ ..イ }::__::.l! l! !_.::/  /:
  |                |          |                |: .:::::l! /::.::ノ ´ /_..! ´_.ィ::/  / -
  |                |r─‐┬──、|                |::..::::::l!/ _  l´/ _..=‐´ァ::./  //
  ヽ                |/   |    |              / ..::::::!_ /::| |::.7__ ..ィく_:/ // /:
    \              \      /             / : .::::::::::::;:::::::| |:::.:::.:::Ljァ' {__/::./ /::::
     \               ̄ ̄ ̄ ̄             / ..:..:.::.:.:::::;,;::.:::.::∨;;::.:::.:::.:::7⌒i:: :.〈__/:::::::




121 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:26:04 ID:Izb5gL/a



         ____
       /     \      ぼくのドール好き好きセンサーからは逃げられませんよ!
     / \   / \
    /   (○)  (○)   \   あんなに美しいドールを三人も従えて
   |      __´___     |   平常でいられるわけがありません!
   \      |il!|!il|    /
   /       ̄ ̄    \   あなたもドールと一緒に寝たことがあるはずです!



         ____
       /   u \      うっ……
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \   ううっ……
    | ∪    (__人__)  J |
     \  u   `⌒´   /←今朝の光景がフラッシュバック中。




122 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:27:03 ID:Izb5gL/a



 ミ(⌒)      ____         ____     (⌒)
    | ヽ   ) し \  /\      /\  / ) し   / |  ミ   お、おめーと一緒にするんじゃねぇお!
 ミ | ヽ/⌒( ○) ( ○)\    /(○ )::(○ )⌒\/  | ミ
   |   'i      ´     \ /:::::::、(__人_),::::::::    i
   |  |      /w/      ||     )ww)     |   |    昔からそうでしたが、素直じゃない人ですね!
   ゝ       ー     / \    `ー"       ノ
  /         (( (⌒) ))\_ / ,_(( (⌒) ))     \
             \ `ー--" ∠____ノ
              `ー---'''′



          │         }
           ヽ、      ソ
          イ斗┴r┐` .;
    / ̄`ーゞ、  / |__ 〈ー─r、      ――お前ら、
   /     \ ∨\  |,ベ._ / |
   {    . : : : . ヽ>ー\[ ̄{ 〉\|、_
   |        `丶}\  __\_]~∨'\`ヽ
   :|   ._    \_}/r‐-}\ ゙,`''く l ゙,
    ト、: :./ / ̄`` ぐ└f'二)::{  ',  | !,ゞ┐
    `、∨ ´ ,.、-''"~ ̄}_{‐''く:::{_  ', _|_|_,rー'、_
     }{ / _、-'''"~ ̄{_\;;;;;j;><;:::::\:::ヘ}\
      }∨: /  _、-''゙~ ̄ ̄     \::::},之_ ヽ
       〉∨   /           ,.、イ;;ノ_   `ヽ}
     {: \,/\  -‐ '"   /` ̄      :.:}




123 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:28:03 ID:Izb5gL/a



   / ̄ ̄\
 /       \
 |      ノ(   |
. |     ⌒   |           、  ____    ,
  |          |           `/、,:/,';;}: ;\ /
.  |         }        \ /、,:',. -‐‐-、 ; ,\ ,.   /┃・・
.  ヽ        }           /` ;ヽ|:::: ::   |ノ ,'\    ┣━  ━━┓・・
   ヽニニニニノ 、_    ‐ ― | ',`冫|::::: :: :   |イ'; 、| --┃        ┃
  /::::::::::::::::::::: ̄`ーニニ==i=┬r===| ,. -―- 、|`;、'(⌒).       ━━┛ ┃┃┃
  ヽ:::::::::::::::::::::::ーt-.._:::::::::_,. -┴一″   (      ) /i ヽ                 ━┛
   ヽ::::::::::::::::::::::::i   ̄     l___ノ // `ー,,-一' ノノ ヽ___i
                           (ヽ三/) ))
                             ( i)))
                                      士官が――


             ___
           /_ノ .,;;,.  \
          / .iil(○)illi(O) \
        / U     ´     \                  ――騒ぐなって言っただろっ!
        |    U |ii!!ii!!||     |
        \     |o0Oつ   /            ┛┗
        /  ヽ   |ェェェU  ‐'、          / ̄ ̄\┓┏
       /   ∩ _rヘ U ||    ズンッ!!   /       \
       |   /_ノ U|   |  |___ /           |
      |  / / /::、::´ ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄―゙―-、
      lヽ、__./   ヽ丶=―――__           \
      |        丶   ゙`゙ ̄ ̄   ̄ ̄ー         \
      \                     `\        |
                             (゙ ト、       |




125 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:29:03 ID:Izb5gL/a



        / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ●)(●)
      . |     (__人__)
       |     ` ⌒´ノ     ったく、周囲に兵がいないからって、あんまりハメを外すな。
      .  |         }
      .  ヽ        }      二人とも自分の立場ってモンをわきまえろよ。
        ヽ     ノ
       _ /    く        フキ
      /  ` ー─ '  ノ⌒⌒ヾ  フキ
     │        γ      )
     │   \   /ヽ      ((
     │  、  \/ /)      ヽ
       \    /



              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \    申し訳ありませんお……
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::)
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'



             / ̄ ̄ ̄\_
            /:::/:::::::::::\( ;:;:;)
           /( ;:;:;:;:;ノ:::::::<-> \
         (;:;:;:;;;:;    __´ _   .:::::)   弁解の余地もございません……
         ./ ||     `ー'´    ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
     ____,/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'




126 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:30:06 ID:Izb5gL/a



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     以後、気をつけるように。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      あと、できる夫はドール好き好きセンサー禁止。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ  mm  ウチの連隊が誤解される。
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄



          ____
        /     \
      / ─   ─::: \     (え? このぼくが変態扱い……?)
     /   (○)}ili{(○)::::::\
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/




127 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:31:03 ID:Izb5gL/a



         ____
       /      \
      / ─    ─ \     絶望真っ只中の、少佐殿は置いといて……
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/    連隊長殿がここにいるということは、会談は終わったのですかお?
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \     ああ。
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)   単刀直入に説明すると、第12連隊壊滅の件は、
.   |        ノ    
    |      ∩ ノ ⊃   「予想以上に反乱軍の抵抗が強かったから」ってことになった。
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │   真実とは言いがたいが、嘘でも無いだろ。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /




128 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:32:03 ID:Izb5gL/a




     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   まあ、合流地点で待ち伏せ→各個撃破のコンボを食らえば
|       (__人__)    |   どんな名将でも苦戦しますお。
./     ∩ノ ⊃  /   むしろ勝てただけでも、どんだけ~ですお。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |    王都のお歴々も納得するかと。
  \ /___ /




129 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:33:02 ID:Izb5gL/a



       ____
     /      \      第12連隊の件は本当に残念でした。
    /  ─    ─\
  /    (_)  (_) \   ダディ大佐も決して無能ではありませんが、
  |        '      |   いかんせんあの状況では……
  \      ⌒   /



       ___
     /   ヽ、_ \      (でも、ぶっちゃけ無能な上司ほど罪深い存在はねーお)
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \   (死人を悪く言うのは気が引けるけど、
  |  l^l^lnー'´       |   自分に能力が無いことを自覚しているなら、
  \ヽ   L        /   それを埋めることのできる人材を集めるのが筋だお)
     ゝ  ノ
   /   /            (ダディ大佐はそれを怠ったお。 はっきり言って、死んだ部下が憐れだお)




130 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:34:04 ID:Izb5gL/a




..      ____
     / ―  -\     (いく夫大佐にも問題はあるけど、将としては優秀だお)
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   (あの時、第12連隊と第08連隊が協力して戦っていれば、
  |       ` ⌒´   |   もっと楽に勝つことができたと思うお)
.  \           /
.   ノ         \    (でも、それをすれば背後から奇襲を受けていた第08連隊は
 /´            ヽ   態勢を立て直すことができずに大損害を出していたはずだお)




131 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:35:03 ID:Izb5gL/a



         ___
      /)/ノ ' ヽ、\      (なによりもまずは自分の部下)
     / .イ '(●)  .(●)\
  .  /,'才.ミ).  (__人__)   \   (親が子を守るのと同じで、
  .  | ≧シ'   ´ ⌒`     |    領主として、将として、これは最低限の倫理だお)
  . \ ヽ           /



     ____
   /      \      (敵前逃亡に近い形で撤退した第08連隊を
  /   _ノ ヽ、_.\     連隊長殿が責めないのは、そのことを理解しているからだお)
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |   (連隊同士の結束なんて、あってない様なものだお)
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |     (むしろ連隊長殿は、連隊同士に対する仲間意識が強すぎるんだお……)
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




132 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:37:04 ID:Izb5gL/a



       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)      まあ、撤退した第08連隊には、上からなんらかの沙汰があるだろ。
     |     (__人__)      功罪で相殺だと思うけどな。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \     で、俺たち自身に関しては、しばらく自主的に減俸だ。
     /ヽ       }  \   浮いた資金はダディ・クール大佐の香典代わりに、クール領へ送る。
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/   いきなり領主を亡くして大変だろうし、第12連隊が壊滅した責任の一端は、
 |         / ̄ ̄(_)    駆けつけるのが遅れた俺たちにもあるわけだしな。
  \   \ /| JJJ (    
   \  /   /⊂_)



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \     お気持ちは分かりますが、減俸ですかお?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |   勝って、給料が減ると部隊の士気が下がるのでは?
 \      ` ⌒´   /



          ____
        /     \      仕方ありませんよ。
      / ⌒   ⌒ \   
     / u (=)  (=)  \  たかが反乱軍に、王国軍12連隊のひとつが潰されたんですから、
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /  国としても、軍としても面目丸つぶれです。




133 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:38:03 ID:Izb5gL/a



          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \    では、減俸は将校のみ。
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /     兵卒と下士官の恩賞および給与は、これまでどおりでお願いしますお。
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ    兵站全般および主計を担う将校として、
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|   これ以上は譲れませんお、連隊長殿。
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|



       / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \    現状維持って、甘やかしすぎじゃないか?
    (●)(● )   |
    (__人__)     |
    (          |                      兵士の生活は、現状でもかなりキツイですお>
.    {          |
    ⊂ ヽ∩     く     わかった。それで頼むだろ。
     | '、_ \ /  )
     |  |_\  “ ./    あとそんなに下の人間が苦労しているなら、
     ヽ、 __\_/      俺たちトップ三人は、給料全額カットな。



          ____
        / .u   \
        ((○)) ((○))                     自称とはいえ貴族だろ、納得しろよ>
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //          言い出したのはあなたですよ、大尉>
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /




134 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 21:38:42 ID:hOoqlyKb

いい上司どもだ



135 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:39:07 ID:Izb5gL/a



     ____
   /      \
  /  ─    ─\    しかし、これで連隊の欠番が五個になったわけですか。
/    (●)  (●) \
|        ___'___    |   国境の守りを薄くするわけにも行きませんし、
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |    新しく領主を増やすか、凋落した貴族を復興させるかするべきですね。
.\ "  /__|  |
  \ /___ /



          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |   …………
.     \  (__人__)   /
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   …………。
.   |     (__人__)
    |     ` ⌒´ノ   そのあたりは、モナー陛下の御決断次第だ。
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }    俺たちが口を挟む問題じゃないし、
    ゝ  ノ   ノ     口出しできるものでも無いだろ。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ




137 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:40:04 ID:Izb5gL/a



               / ̄ ̄\
              _ノ  ヽ、  \
            ( ●)( ●)   |          っと、もうひとつの用件を忘れるところだったろ。
            (__人__)      | ../}
      _       ヽ`⌒ ´     | / /    __    やる夫大尉、第08連隊に一週間分の糧食及び
   (^ヽ{ ヽ      {        ./ /  . / .ノ   飼葉等の消耗品を分配してやってくれ。
 ( ̄ ヽ ヽ i      ヽ      / 厶- ´ /
.(二 ヽ i i |,r‐i    ノ.   ヽ /     /       いろいろ余っているだろうから
  ヽ   /  ノ  /    r一'´ ー 、   ̄ ̄ ̄)   矢とかの装備品も一緒にな。
   i   {   イ―イ /   .`ー―. 、__ .〈 ̄ ̄
   ヽ. `ー '/   /           /\ \      ケンガクカイ領は、ウチ以上に火の車らしいからな。
      `ー '  ̄ ̄!           |  ヽノ



          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    ⌒  ⌒  \   はっはっはっ、
     |       ,ノ(、_, )ヽ    |
      \      トェェェイ   /   なかなか面白い冗談ですお、連隊長殿。
       /   _ ヽニソ,  く




138 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 21:40:21 ID:RHHTSP85

へえ、このやる夫はずいぶん部下思いなんだな
輜重部隊にいるのも、補給の大切さをよくわかってるからかな?



139 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:41:03 ID:Izb5gL/a



      ___
    /     \
   /  _ノ '' 'ー \    連隊長殿は、彼我の兵数差を理解しておられますかお?
 /  (●)  (●)  \
 |      (__人__)    |  こちらが1000に対して、向こうは3000。3倍差ですお。
 \      ` ⌒´   /



       ____
     /      \     単純計算で、第02連隊3日分の戦闘糧食を
    /  ─    ─\    第08連隊は1日で消費してしまうことになりますね。
  /    (_)  (_) \
  |        '      |  念のために窺いますが、
  \      ⌒   /  「一週間分」というのは、どちらを基準にした話ですか?




140 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:42:03 ID:Izb5gL/a



       / ̄ ̄\
      /  \    \
    .(●)(● )  u. |
     (__人__)  u   |
     .(`⌒ ´     |    そりゃ、お前……向こうだろ。
     {         |
      {      u. /
      \     /
      ノ     \
     /´        ヽ



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \   第02連隊、約3週間分の糧食をいますぐ用意しろと?
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/   連隊長殿、補給物資は空から降ってくるものではありませんお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |    食料なくして兵は戦えません。
   /    / r─--⊃、  |    一軍の将として、兵站にも注意払っていただかなくては困りますお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




141 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:43:02 ID:Izb5gL/a



        , n / ̄ ̄\ .n
     . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
     /,イ / (○)(○) .l i i i
      〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉    ……すまん。軽率すぎただろ。
    ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
     .i   l.      ,'  ./
   .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
       ヽ     〈_ノ ノ
        |     ./
        |    .   |



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \  では、罰としてカットされたやる夫の給料を──
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /                    ──永遠に差し止めの方向で検討するだろ>
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /                            冗談だから、帰ってこいよー>
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




142 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:44:03 ID:Izb5gL/a



       ____
     /      \      (しかし第08連隊も輜重隊をバカにしておきながら、
    /  _,ノ   \ \     この有様ですか……)
  /    (●)  (●) \   
  |        '      |   (ここで大佐に、先ほどやる夫くんが暴行されたことを話してもいいのですが、
  \      ⌒   /    それをするとやる夫くんのメンツを潰してしまいますしね)



       ___
      /     \      (というか、話を聞いた瞬間、
    /   ⌒  ⌒\     大佐自らお礼参りに行くでしょうね……)
   /   ( ー)  (ー) ヽ
   |  u   ___`___    |   (これ以上、連隊の欠番が増えても困りますし、
   ヽ、    `ー '´  /    ここは黙っておきましょう)




143 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:45:03 ID:Izb5gL/a



 ──やらない夫大佐のお礼参り──


                            /| ∧
                       _____/ / ヽ\_
                       (_ __/ (^\ )
                         ヽ ヽ_ノ .ノ
                   ,rn   / ̄ ̄\
                  r「l l h. / ノ  ヽ  \
           ../(⌒^  .| 、. !j | ( ⑪) (⑪)..|   ^\)       ちっす。
          / ノ)     ゝ .. |  (__人__)  .|   ^⌒)\
         / ./ ノ     |  | |  ` ⌒ ´  .|    //ヽ\    お前ら、皆殺しな?
        /   ./( (.    ,」  L |      ...|   / /  ) \
      /    / ) \.   ヾー‐'|  ヽ      ./   ノ /\.. )   .\
    //   〈/; `ヽ^⌒\|   じ_,,ゝ    (,_/⌒ ノ  (⌒^ノ   \_>
    ⌒/     \__:/:^⌒>\   ´ `ー-一´`ヽ<⌒~ヽノ^  ..ノ     \
     /       \ ) ノ /⌒\         , |\ヽ (   ノ   /⌒^
    /           \)/   │        . |  l \(    ノ  ./
   / /~)          \   │        l_ |  ν  ノ /
   ν   ⌒^~)         \ │        |' }     ノ/
          ⌒^~)       \\ ー─‐一ヾ/    ν
            ⌒^^)     \ |    ij  ノ~→
                ⌒⌒ヽ ..).|   |.   |
                    ν |   |   l
                        i'  ,}  ,ノ
                       l   | /
                       |,_、|,/
                       (゙  ))



144 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:46:03 ID:Izb5gL/a




        ____ 
      /      \
     /         \     (連隊とか兵士とか無しで、
   / U    ノ   ヽ  \
   |     (─)|lil|(─)  |    やらない夫大佐とドールだけで戦ったほうが手っ取り早い――
   /    ∩ノ ⊃   /
   (  \ / _ノ |  |       というのは、駄目なんでしょうね。いろいろと)
   .\ “  /__|  |
     \ /___ /




145 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:47:04 ID:Izb5gL/a



  ──ちょっと寄り道──

        ──王国軍の序列・腕力編──



              /  ̄ ̄ \   _j|_
              _ノ、 \_    \  ̄|! ̄
             ( ●)( ●)    l  
             (__人__)      |
             (`⌒ ´      |        ドールを二体同時に扱えるのは、
              {         |        王国史上でも、俺だけだろ。
              {       .:.:.ト、
              ヘ      ノ" }  ` 、─────────┐ 、
              ,. '′ 、ヽ、 _ /.: .′    `  .///////////////}||ll\
        ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、///////:}||ll|ll|}
      /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ///// }||ll|ll|}
       /  _,. イ      ヽ / -‐              '/////}||ll|ll|}
     /    /  ,                  、         '////:}||ll|ll|}
     /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.///}||ll|ll|}
   /     / /       ,′              ,::..         V//}||ll|ll|{
   /      ′:′        ′           /;ハ:.:.        ∨/||ll|ll|{


━━━━━━━━━━━越えることのできないチートの壁━━━━━━━━━━━━


      _____
    /.::::::::::::::::::::::::::.ヽ
     |.:::::::::γ⌒Y⌒ヽ::.|
     |::::::::/ ⌒  ⌒ |
    |:::::::〉 ( ●) (●)|    貴族の中でも圧倒的な力を誇るのが領主!
    (@ ::::⌒(__人__)⌒)
     |     |r┬-|  |    連隊そのものが貴族の私兵なので、
     \    `ー'´ /     領主=連隊長なんですけどね。
 ,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
 :   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
     |  \/゙(__)\,|  i |
     >   ヽ. ハ  |   ||



                  ,..----r____
           _.ヘrヘ_/. :: :/1::: ::_人
         {_ :: :/ / .::: ::: ::: .: .: : , :: :: ::}
        ,r´.:::::/ /:::ノ ̄ ̄` ー-、;;:: ::: :::ノ
      (⌒:{ .:::{. !::( ,  / ヽ  \ ;;: :}
        7_|∧ :::| 「::ノ| jl |!   i! / ! |ト;::ノ   ドールは、この位置なのだわ。
       |  Y.:! lイl li \lト、/lレ/|从〈
       |  :i {薔}川 ●    ●l小iv   ドールにはいろんな種類があって、
       |  :| ゞ! ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ    どれが強いとは一概に言えないのだわ。
.         !  :! .  ゝ、       ノi|
.         !  :!. ヽ:~::ヽx>、 __, イl |
       |  :|  .( ⌒ )| ̄(*) ̄|( ⌒ )



       ___
      /     \
    /   ⌒  ⌒\    ぼくは、ドールとほぼ互角。
   /   ( ●)  (●)\
   |       ___´___   |   中央士官学校、首席卒業は伊達ではありませんよ。
   ヽ、    `ー '´  /




146 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 21:47:50 ID:hOoqlyKb

やらない夫、まさに一騎当千



147 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:48:03 ID:Izb5gL/a



━━━━━━━━━━━━━━ドールと人間の壁━━━━━━━━━━━━━━


          ⊂二二二⊃
         /\___/ヽ
        / ''''''    '''''' \      いく夫殿はああ言ってますが、
       │::U::(ー),  、(ー) l      領主だって人間なんですから……
       │/')   ,,ノ(、_, )ヽ、,,, │
        /‐:::U `-=ニ=- ' /       「ドールにはわずかに劣るが、人間としては最上位」
      _,,,l ;! |:::______/        それが一般的な領主(連隊長)の位置です。
   , -‐'゙゛ i::..  | .ヽ/;ヽj! `‐-、
   l     ノ::. .:|、 .ヽ,:ヽ|   <゛~ヽ、    いく夫殿の例は
  ,:''`` ''"゙.|;;:‐''゙|.ヽ、 ヽ;::|   /  .|゙l     ごく一部の名将と呼ばれる方々の話ですので、
  ,:     ヽ::il;;!  ヽ、ヽ|  /   | :|    誤解されませんように……



..      ____
     / ―  -\      やる夫は、貴族の中でもそこそこ強いレベルだお
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \    どう転んでもドールには勝てないけど、
  |       ` ⌒´   |    平民に負けないだけの技量は持っているんだお。
.  \           /
.   ノ         \     できる夫の強さは、はっきり言って異常だお。
 /´            ヽ    チートなら、やる夫にも教えて欲しいお。



━━━━━━━━━━━━━━貴族と平民の壁━━━━━━━━━━━━━━



        /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ         平民代表のでっていう様っていうwwww
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\
 /∠_| ,-)___(-,|___   平民でも、士官は貴族に近い強さを持つっていうwwww
( ___、  |-┬-|    ,_  )
    |    `ー'´   /´ //   ちなみにリンカーはドールを操るだけでなく、
    |            /   ( i)))    身体能力を向上させる働きもあるっていうwwww
                ヽ)     貴族の連中、テラ反則っていうwwwww



━━━━━━━━━━━━━━士官と兵卒の壁━━━━━━━━━━━━━━



   ∧_∧
   ( ・ω・)=つ≡つ     一般的な兵士なんよ。
   (っ ≡つ=つ
   /   ) ババババ      貴族やドールにはかなわないけど、数は力なんよ。
.   ( / ̄∪




148 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:49:03 ID:Izb5gL/a



         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  ──じゃ、やる夫は向こうの兵站将校と
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/  細かい話を詰めて来ますお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \   おう、頼むだろ
    (●)(● )   |
    (__人__)    
     (`⌒ ´     ||   さて、俺も書類仕事があるから幕舎に戻るか。
.     {           |
     {        ノ    ──できる夫はどうする?
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |




149 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:50:07 ID:Izb5gL/a



       ____
     /      \    すみませんが、少し確認したいことがあるので……
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \  所用が終わり次第、手伝いに伺わせていただきます。
  |        '      |
  \      ⌒   /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)     気を使う必要は無いだろ。
  |      |r┬|}
  |      | | |}     俺より、やる夫のほうを手伝ってやってくれ。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く        (できる限り、俺の幕舎には近付いて欲しくないだろ。
   |     \       状況的に考えて……)
    |    |ヽ、二⌒)、




150 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:51:03 ID:Izb5gL/a



 ──できる夫少佐・幕舎──


         ____
        / \  /  \    さて、と……
       ./( _) ( ●)  \   これで二人きりですよ。
       /   、_',__,     |
       |           .|   じっくりと話を聞かせてもらいましょうか?
       \         /



         ___
       /     \
      /   \ , , /\      あなたに自我があることは、すっかりお見通しですよ!
    /   (●)  (●) \
    |       、__',_,    |    我がドール、金糸雀!
     \         , /
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |




151 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:52:03 ID:Izb5gL/a



                   ,/ ̄ヽ\
                  //     V }
                     { {rヘ,. -ー‐}/‐- ._
                 /ヽ  `ヽノ    ヽ`ヽ、
                  / / ヽ \ \    i |、ヽ
                 / ///\、 \ \  l | ヽ ヽ                     _
                 ,' ///   \、 \ n」^Y7ァ、ハ                   / }
              l.///      \\ 」 f⌒<_心rトヘT7┐       _     ,. '´ /
              !_彡 u  ヽ、    \辷{  _,>ェ<´_ ̄}_〈      / }‐-、,. '´  /
              ,∟イ >;==、、      く.〈_ {仁ト廻ノ}コ} {_」   _ノY ノ<⌒ヽ  <
               {./!. {〈 ;::::::}.!     ,.二幺L ̄l7< ̄r<ノ  ,.イノ レ \ 、  V  ノ、
           _,./イ |  ゝ-'′      /::::ヽVL>《、__,》┘´  /, 〉  |   } }.ゝ┘ノ ,ノ
          rく |/、 ゝ! ///     '    廴':ノ } /!| 》 《r<}//-‐L_ 「  く   {二 ‐ ノ
         <ヽ\>''´ 、    「 ̄ 7  /// .イ._||_rへハ〈     =辷.    ト、_,.しイ 〉
         匸`ヽ∨_,.へ、\  ヽ ノ    /ヲ|! リ // 〉〉       〉   K 人   〈 | )
       (( >'´ ̄   r===、ー-  _,. ィ.三ニ{_   ∨ //      V/  ヽ  ) __ ノノ {
        / /      ||__/__,>ェェ====、-∠(   /| |二     ー∨  ヘ ∨ Y V
     rへ、{_  /     ̄{ / 8 ||\  | ||二Z    /| |_>、__  ヽ、└く_/_    ノ_ノ
二ヽ、__>-; 、二}  /!   /‐- 、__||_\!_」|ニて_ノ-‐⌒ヽ!     ̄ ̄ \__ァ‐'⌒ ̄
/ ̄ ̄`´  | |l   / |   / r‐--‐、||      }
          | |  /  〉 / く/ハ\>! ト、   〈
   ヽ 、  | |  /  / /  <><>||  .   ヽ
    ヽ.\ リ ,/  /   _r┘ノ L└リ、  \  ヽ
〉        /  / __r┘r‐┘  └┐└n_    ヽ


    「な、何を言っているのか、よく理解できないのかしら?」




152 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:53:03 ID:Izb5gL/a



           ____
         /     \
       / _,ノ  ⌒ \    ……演技も何もあったものではありませんね。
.     /   (一)  (ー)   \
.      |        ´    ij  |   というか、リンク無しで動いちゃダメでしょ?
     \     ⊂つ     /   バレバレですよ。
     /           \



            ノ  ヽー- 、
           , '´ ヾ  ヽ  , '-
       /     入...   |  ` ´ ヽ
       '::.    /  \:::::. ヒィ秘)、./
      /:::   l/ - ─ '  `'ヽ\ __ン
      i::::   /   ○     \ヽヾ|
      Y⌒V          ○  | /
       { ノ          '     j/     ……どうしてわかっちゃったのかしら?
     r ーノ     ,. - 、 _      ノ
    /   _ノゝ 、      ⌒_, ヘ
    !∠´    ト`_二_ 二.イ:::::::: |
     iヽ::::\   ノ{::::,ィ:::j::ヽ `>-<
    ゝ_ ` ´   | |` |:::! !::|`| {:::::::.ノ
       ∧    | |. `´ `´│ フ´
      / |"  | \   イ │
     /  |:   |   ` '´ │ "|
    '   |:   |      |  |




153 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:54:03 ID:Izb5gL/a



         ___
      /)/\  /\      ひどく簡単な話ですよ。
     / .イ ' (●)  (●)\
    /,'才.ミ).   、_',__,    \   やる夫くんのドールを見たときに直感したんです。
    | ≧シ'           |
    \ ヽ           /



          ____
        /     \
      /  ⌒   ⌒\     ドールに感情はありません。
     /   (● )  (<) \
     |       __´___    |   しかし、今朝のあなたはどうでしたか?
    \       `ー'´   /
       〉         ⌒ヽ
.     |          、  \_
      !          ヽ   _⌒)



 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/
   y-、     y-、\   ,\/
  弋__丿   弋__丿  Y 〈      で、でも、そこは普通、バグを疑うものではないかしら?
             lー┘
`l       A     /
_」            /、
ー 、        , '´  /
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\




154 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:55:03 ID:Izb5gL/a



         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \   ええ、もちろん最初に考えましたよ。
    /    (●)  (●) ヽ  というか、今も疑っています。
    |       、__',_,    |  「バグのせいで、演算回路が暴走しているのでは?」とね……
    \            ,/



      /}
     _ !l ,.- 、
    //|| ̄ `ヽ⌒',
  / /  ヘ入ヽ  ∨
  !|  //ー, \, }
  l  .// ○  ○{
   \(⌒リ"  △"ノ   なら、なぜ断定口調だったのかしら?
    {こ.フ>、ー,.イ
   〈二}/  ∞Y_〉
    └ 〉  ハ〈┘
       /     ヘ



       _________
      /     \
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ●)  (●)\   だって、バグより奇跡のほうがロマンチックでしょう?
   i   ::::::*  __´___ *  .i
   ヽ、    `ー'´  /
   /         \




155 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:56:03 ID:Izb5gL/a



        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \     参謀本部の士官らしくない発想と思いますか?
     /   (●)  (●)  \
     |      __´ _     |    ですが、徹底したリアリズムの隙間にロマンを
     \        ̄    /
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ ぎゅうぎゅうに詰め込むのが、貴族というものでしてね。
   \ ヽ  /       \ ヽ /



                ,ー、--―--、-、 _
             rーく__  `ー-、 _r-、,-、_\_
            / ,j\ \  ノ`r' ̄ ヽrク=rヽ_
            i ,イ   \ `ーr┤___,-riー、 `イi
           ///     \  ))::::::::::f { fハ!} j`}
           ソ/       `ーLヽ ̄ヽ二トク:\!
           V ー '     ` ―ヽメト、  _ィノヽ:|
              | ,=、      , ==、 ゝrクィ"l  |   あ、あの……
            f!イ:::::r     イ:::::::iヽ _ゝ, -、 ノ
         γ゜ i| ゞっ'      r-ク   リ r /ク-、
           ,ィ/// 、     ///   _ノ/ ´  _>
          / ,∧   A       _r ー'ヽ/,/_i-─、<
          ヽ、イ> 、       _ イ     ` く , ―r_
           /´f rー/`7ーr....√_:./       `f´ ̄ _)
           /  ヽ´三匕メ-イL./            |ヽ-ニ-、
             /    f rj lil::|o |::|入          ) `-ノ
          ゝヽ   ffノi |L! oL:i  \|      ノ rー、_'
           `7    /ノノ  o   ノノ |    rイV   ノ
            l   く > == =‐'  ,|    L_-L--<二`─--




156 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:57:03 ID:Izb5gL/a



         ____   ,
       /     \  -
     /  ⌒   ⌒\`
    /   ( ●)  (●) \   どうしました?
    |      ___´___    |
    ヽ、    `ー '´   /



                  _, --  _
           rー- 、  , '´__   r 、 _`丶
          l「 ̄`ヽ/_     「 r-、_└t.-'´ ̄L..
         l|   /\ _ ̄  く 」_ , ィz< ̄ヽ 」
           il   ,' //\  丶  { |に」Yラソ三ュ〕.」
             \ 〔.//   `  -- l ̄込ニく\T゙_「
            \V_ ,,.      二L.| l┘l \
             八  _      _  |__〉 7V´
             ┌i Yf⌒t    'f⌒tY Y∨
             〃', tっ'  .   ゝ=ぅ , |lム    カナはやっぱり捨てられちゃうのかしら?
             {{ーヘli   cっ  r く! _〕
            「 ̄/ /1.::'´ ,_`':.「ト  | __ 」    自我を持った兵器なんて欠陥品かしら。
            匸. | ,' / 〉: {j7 .:| l   | _」
            {L.リ八へイL::..,, .:厶へ七にリ
           ┌i l    _ 乙「´    _亅
              L. -'´ ̄  「  Yf´ ̄  /
            \     |   l|    |
                l    l ノ { |    }
               |   レ' 大 `l    〉┐
             __人.__ノ-┘:.∟入._ イ l├‐tスヽ
        r 冖'´二>‐孑'´: .  ̄ ー_:'ーt L    /ノヘ __
    __く r_,二 -‐ '´___::.:. .    ::.:.:  L. 二「‐┴Y_   ヽ`ヽ
   //  rノ        - _  r ー:::.:.:_.       ト、 /ヽ l |
    | l //           : : :.:.-  ̄  __      l:. :}ヘ  }:| l
   l | {/ヘ      /.::.:::..   ̄ : : ..:ヽ .: : ::.:::::L -.: ::{_∨_//
   ゝ∟∠l::. :. :. . ' ´.:.: :::::::::.::_ :::.:>、::.: .: :: .: .:.:.:.:.::.:.:/  ̄ ̄
        \:.: .::::::.:.:.:._, -'´     ̄   ` ー -- 一 ' ¨




157 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:58:04 ID:Izb5gL/a



       ____
     /      \
    /  ─    ─\    自我を持った兵器が欠陥品……その点は否定しません。
  /    (_)  (_) \
  |        '      |  躊躇いを持った剣士では、豆腐すら斬れないでしょう。
  \      ⌒   /



         ,___
       /     \
      /  ⌒  ⌒ \    ですが、ぼくはそれでいいと思いますよ。
    /    (⌒)  (⌒) \
    |       、__',_,    |   むしろ葛藤と躊躇いは闘争に不可欠です。
    \       `‐'´  ,/   ロマンチスト的に考えてね。



      , - 、
       /  .ノ   r、_
       ゝ r'´ ̄」 _└-、- 冖、_
      /ヘ:.:、:.:.{ 」 ¨rZヌ 亠i }
      ,:.〃`ヽ:.:.L {二弋ツ二} /
      !/ _    ̄L.ゝ| lヘ ∨┘
     }   ,      ,L|_|ィヘ.〉
    (ハ. 0     0 ノ⌒i
     乂ハ{j  _  {j _'ソ      でも、それだとできる夫様に御迷惑が……
     {こ} >-- --<{こ了
      Z'´ └个┘ └テ'
     ┘、 __ /| ,- 、ノ丿
     〈 r, r, 〉c { r, r, 〉
      l7/!」 l ∧ 〈/l_rイ
     /`   l: : /    ',
     _/____|: /___ __',
    ,└r-―ァ‐'└r―-ァ―┘、
    | {: :'ー:': : : : : 'ー: ': : : : } |




158 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 21:59:04 ID:Izb5gL/a



       _.. ‐'''''''''''' ‐ 、
      ,r'        \      おやおや、とてもリンカーでぼくと繋がっているとは
     / ⌒         ヽ,    思えないセリフですね。
      ( ●)   `―    ..i
     i.      ( ●)    |   ぼくの剣技では、不安が残りますか?
      \ _´___       /   正直、それなりには使えるつもりなのですが……
        \`ー'´   __/



 、 /   l    l    _    ヽ
 /、   ヽ 、 l , イ /ヽヘ   |
'   ―´   \ ,く_/ゝ二ノ \/
   y-、     y-、\   ,\/
  弋__丿   弋__丿  Y 〈    それなりどころか
             lー┘    真正面からドールと打ち合いができるレベルかしら。
`l       A     /
_」            /、      はっきり言ってチートかしら。
ー 、        , '´  /
 / >‐t_j‐<l {―=ニ´\




159 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 22:00:09 ID:Izb5gL/a



         ____
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /   (⌒)  (⌒)  \   あなたにそう言ってもらえるとは、光栄ですね。
   |      __´___     |
   \      `ー'´    /
    ノ           \



~' ┘ }/\\:.:..',:..V九 ┐
┐_ 「¨/    \\:.:├t. └┐
ー 彡'{{      \:.:.:.} L  厶
シイ  ゞ= _, _ァ    ヽ:i:Y く  /
〃    __ ,     〕リ_,r┘,┘
   , イ:. ̄Y     7¨ r‐┘
    弋rzソ     f/}「 ̄
_  xx ̄      {ヽ|ト、       ほ、本当にいいのかしら?
二〕          ,.:/ / |ヽ\
_ 」 -- 、    rァ / ∨ } |     カナにはできる夫様以外いないのかしら。
:.:.:.:.}>'´    ‐/    { /
∨¨マニト、 _./ ̄{_   レ'
 ∨.:.:.:.}  V.:'´.:.:∠
  V´.:.:.Y⌒Y.:./.:.:.〉
  ノ.:二フ  ̄_」 -i'彳
 V.:彡'     ,. -┴i




160 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 22:01:11 ID:Izb5gL/a



         ,___
       /     \     それは、ぼくも同じです。
      /  ⌒  ⌒ \
    /    (●)  (●) ヽ   これからも、よろしくお願いしますよ。
    |       、__',_,    |   金糸雀さん。
    \            ,/



.   , イ   /         /   ヽ、 \┌ヘ _,.. -ヘ. Y r句ミ} l}
  / !  /   ,    ,. '´       \  `Y´::.::.::.::.:;:〉 ヽニく ) | }
  ,′ |  /   /  ,.. '´          ヽ  \_:,.ィ´ `ー-<`ヾ、
  l  ', /   / /  ____,. -     `丶、 [__ヽ、     〉::.:::〉
  |   ll   /´   ̄                、`ーく l   ,.イノ‐'´
  !    !   l       >=-、 、         \ 〈 レ' 彳7
  |   ノ¬、!   ,ィ升冖 、ヽ`          ヽ ヽヘ l/
.  l  / ,ハ >   V辷夕 ハ         -‐_二、 ` / ノ
.  `、l ! 〃     ヾー-<         ィ升┐}Y^/ ´    こちらこそよろしくなのかしら。
   \ヽ |l     /WWハ           Vヾ夕ノl/ヽ     できる夫様!
    />|l              /    `¬'´ /く/
   /   ヾ、      ノ    、 __      WW/ ヽ、
  〃       ` ̄ 丁´         `´      人     l
 ,′    , -=≠=Vヽ、    ___    ,.. '′ `ヽ   }
-ヘ    〃 /`  , ィ^l>'´ __ノr<´        }/
  `ヽ、_/厶ヘ   / l /   ` く_∧ ヽ_r<ニヽ、 ノ




161 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 22:02:03 ID:Izb5gL/a



       ___
      /     \
    /   ノ  ヽ \   え、ええ、こちらこそ……
   /   ( ●)  (●)\
   |     ///___´__///_ |
   ヽ、    `ー '´  /



       ___
      /     \     (さて、少しまずい状況になってしまいましたね)
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ー)  (ー) ヽ   (今後は、金糸雀さんを守りながら……いや、
   |  u   ___`___    |
   ヽ、    `ー '´  /   ドール無しで戦わなくてはならない)



       ____
     /      \     (自律型ドールの存在を知れば、王国軍が黙っていないでしょうからね)
    /  _,ノ   \ \
  /    (●)  (●) \   (いかにドールマスターが一騎当千の強さを持つとはいえ、
  |        '      |
  \      ⌒   /   貴族である以上、その数は微々たる物です)




162 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 22:03:03 ID:Izb5gL/a



          ____
        /     \     (貴族を増やすことなく、ドールマスターを増やしたい。
      /        \
     /  \    /  \   ならばマスター不要の自律型ドールを量産すればいい――
    |    (●)   (●)   |
    \      ´   u /   効率優先なら、ぼくはそう考えます。軍上層部も同じでしょう)
    /     ⌒     \



           ____
         /     \     (祖国に対する重大な裏切りですが、金糸雀さんは渡せません。
       / \   / \
      /  (●)  (●)  \   このパーソク・デ・できる夫。いまだ貴族として半人前なれど、
     |        ´      |
     \      ⌒     /   信頼には命を賭する価値があることを知っているつもりです)



          ____
        /     \      (……というか、大佐殿にも釘を刺されましたしね。
      / ⌒   ⌒ \
     / u (=)  (=)  \    他人にバレないよう、気をつけて行動しましょうか)
    |      __´___      |
    \     `ー'´     /




163 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 22:04:04 ID:Izb5gL/a

本日はこれにて終了。
見てくださった方々に最大級の感謝を。



164 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 22:04:34 ID:Qg6sBORi

乙!
続きがすごく気になるw



165 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 22:04:45 ID:hOoqlyKb

乙でした!
次回が楽しみです。



169 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 22:07:27 ID:bPW/GZwJ

金糸雀マジプリティ



172 名前: ◆xeV9DJJ6sM [] 投稿日:09/07/06(月) 22:12:11 ID:Izb5gL/a

ちょっと補足(?)

給料を全額カットされたやる夫たちですが、普段が多忙なのでかなり貯め込んでいます。
というか、衣食住に関しては完全に保障されているので、生活に困ることはありません。



176 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/07/06(月) 22:36:57 ID:cFllcNPf


軍の設定が結構現実的で面白い
今後の展開に多いに期待するッス




備考: やる夫板(RC) 

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
URL: http://yaruomoe.blog45.fc2.com/
RSS: http://yaruomoe.blog45.fc2.com/?xml

詳しくはこちらをご覧下さい。


カテゴリ
 リンク
やる夫.jp@2chやる夫まとめ
やる夫見聞録
やる夫AA録

[色々なやる夫系スレ投下板]
やる夫板II
やる夫スレヒロイン板
やる夫板・2nd
やらない夫板II
やる夫系雑談・避難・投下板
やる夫801板 仮設避難所
翠星夫板
やる実+板
やらない子板プラス
やる夫板(RC)
やらない夫板
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板

[あんてな系]
アップルアンテナφ(゚∀゚c⌒っ彡
あんてな@かんてな
いーあんてな
オワタあんてな\(^o^)/ニュー速
ショボンあんてな(´・ω・`)
ちくアンテナ やる夫
ブーンあんてな⊂二二二( ^ω^)二⊃
やる夫アンテナ(べーた)
やるやらアンテナ部
ライブアンテナ
秒ぁんてな(゚∀゚)

 [2chいろいろ]

 (´A`)<咳をしてもゆとり
 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
 2chスポーツニュースナビ
 2ちゃんニュース!ワロタ速報
 2ちゃん的韓国ニュース
 2のまとめR
 VIPPERな俺
 WWW.ニュース
 オレ的ゲーム速報@刃
 カナ速
 キリンちゃんねる
 こゆくておいしい('A`)
 ちょっとアレなニュース
 テラニュース
 ニコニコVIP2ch
 ニュース超速報!
 にゅーるぽ(・∀・)
 ニュー投
 ヌコニュース
 ぷん太のにゅーす
 まとめたニュース
 ワラ速
 引いた瞬間、冷めた瞬間
 音楽業界を目指す学生
 何でもありんす
 暇人\(^o^)/速報
 芸スポまとめblog
 悟った瞬間、冷めた瞬間
 山師ニュース\(^o^)/
 世界って広くね(;゚Д゚)
 中の人
 痛いニュース(ノ∀`)
 痛ニュー速報!
 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww
 日本ってすごくね(;゚Д゚)
 萌えっ娘。通信本部
 冷めてないけど引いた瞬間  
月間記事一覧
最新コメント
ランキング


管理人にメール

名前:

メール:

件名:

本文:

いいのよ
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。