アクセスランキング ブログパーツ
 最新記事(20件)

[02/20] やる夫は人妖として生きるようです 次回予告 薔薇水晶編

[02/20] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 後日譚

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 最終話 『 不撓不屈の鬼リーダー 』 後編

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 最終話 『 不撓不屈の鬼リーダー 』 中編

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 最終話 『 不撓不屈の鬼リーダー 』 前編

[02/19] やる夫は人妖として生きるようです 最終話 予告

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第二十一話 『 鬼は還る 』 後編

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第二十一話 『 鬼は還る 』 前編

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第二十話 『“LiberaMe”From Hell 』

[02/14] やる夫は人妖として生きるようです 第二十話 予告

[01/22] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第十九話 『 夢の終わり 』

[12/08] やる夫は人妖として生きるようです 第十九話 予告

[12/08] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第十八話 『 地獄への選択 』

[12/07] やる夫は人妖として生きるようです 第十八話 予告

[11/27] やる夫は人妖として生きるようです 外伝 『 自動人形 』

[11/27] やる夫は人妖として生きるようです 言葉編 第十七話 『 蠢くもの 』

[11/26] やる夫は人妖として生きるようです 第十七話 予告

[11/25] 【沙耶の唄】やる夫が沙耶に出会うようです【ニトロプラス】 最終幕 後編

[11/25] 【沙耶の唄】やる夫が沙耶に出会うようです【ニトロプラス】 最終幕 前編

[04/13] やる夫の中学生日記 最終話 「卒業」

 やる夫RSSリンク





      \                    /
        \  丶       i.   |      /     ./       /
         \  ヽ     i.   .|     /    /      /
           \  ヽ    i  |     /   /     /
        \
                    / ̄ ̄ ̄\               -‐
       ー               / \,   ./ \
      __              /  (●)  (●)  \            --
          二     |    (__人__)    |        = 二
        ̄        \    ` ⌒´    /                ̄
         -‐      /            |                 ‐-
                (_ )   ・    ・  ||
         /       l⌒ヽ        _ノ |
                  |  r ` (;;;U;;)   )__)     ヽ      \
         /      (_ノ  ̄  / /          \
        /   /    /           ( _)       丶     \
      /    /    /       |    i,      丶     \

 
2017/05← 123456789101112131415161718192021222324252627282930→2017/07

--/--(--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08/19(水) やる夫が水銀燈に踏まれながら死んだそうです

1 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:10:53 ID:yELB8hYI

元ネタ:谷崎潤一郎『富美子の足』
中公文庫 潤一郎ラビリンス4に収録
総レス91を予定

僭越ながら、谷崎潤一郎作品の紹介が目的です。
このスレで興味を持ってくれた方はぜひ買って読んでみてください。




2 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:11:45 ID:yELB8hYI

今から二月ばかり前、塚越やる夫という老人が死にました。年は六十三でした。

           ______
          (⊂二二二⊃)
             ̄ ̄ ̄ ̄
            ____
           /_ノ ' ヽ_\
         /(≡)   (≡)\
        / /// (__人__) /// ヽ
        .|     |r┬-|     |
     __\    `ー'´   /__
    /YYYY /  _ノ(ξ)、_ \YYYYY\
   .|YYYYYY(__/  \__)YYYYYY|
    ∨      {      }      ∨
           {       }
           {      }
           ヽ   |  /
            ヽ  |  /
             ∪ ∪




3 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:12:22 ID:yELB8hYI

何でも四十前前後から糖尿病に罹ってでぶでぶに太っていたのに、

           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \  去年買った服がキツイお!


五、六年前から肺結核を併発して、
肺の方がだんだん悪くなって来てとうとう死んでしまったのです。

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚←血(甘い)
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。




4 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:12:55 ID:yELB8hYI

塚越の家は先祖代々、日本橋で質屋を営んでいたのですが、

        / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      よくぞ質草を持ってきた
    |    (__人__)     |      オプーナを貸してやる
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / オプーナ  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄オプーナ/|  ̄|__」/_オプーナ  /| ̄|__,」___    /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/オプーナ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ オプーナ /|  / .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
(※若かりし日のやる夫)




5 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:13:32 ID:yELB8hYI

自分は隠居をして一人娘の夫に店を譲ってしまって、


                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |       リ タ イ ヤ        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ




6 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:14:22 ID:yELB8hYI

死ぬ前は鎌倉の七里ヶ浜の別荘で妾と一緒に暮らしていました。

           .         , .个 、
                   ./  .`i.i\
               .  /   .|.| .\
               . /      |.|   .\
               /       |.|    .\
               /       ..|.|  .    \今日からここで暮らすお!
              ,イ         .|.|       .\
    .         /          |.|  ..      \
            /          .|.|          \
           / ,ィ'´  ̄ 'ヽ.  . .|.|  .         \
          / ./.____ ',  . |.|  .           \
         /   レ'⌒  ⌒.\| .  |.|              \
        /  /( ●) (●)..|  . |.|         ..     /
      / ./::::::⌒(__人__)⌒|   .|.|        . .  . /
     /   .|      |r┬-|   |  . |.|       .  .  ./
     /    \      `ー'´  |    |.|      .  . /
    ./  ⊂ヽ γ         |  .  |.|   . .   ./
    `'ー. i !l ノ ノ\       |     |.|   . . /
        .⊂cノ´   \___|   .. |.|   .  ./
                `ー--ト、  . |.|  .../
                     `ヽ., _|.|_/

    /// /   イ l  | |  | |   ヽ ヽ ヽ、
ィニニ〔ゝノ_ノ   / ヽ\ヽヽ  | l    |l  |l  ヽ
'´/ /| |7   r/'´ ̄ヽゝニヽ-ヽヽ  │ | | ヽ ヽ
イ/ / ! | |   ||-ャ─-,ニ、ミ‐`ヽ、ヽヽ / / /  | ヽヽ
/ / / j |   l| `ー='-ニゝヽ`   |ノメ、/l  │ l | l
./  / / ヽ   l|           ィ_ミヽ`リ ハ || |
'  / /   ヽ  l          l、'rヽj`ァ' メ | / リ
  `,´l    lヽ ヽ         /ノ `'’,イ  /イ
  /| |   |  `丶ゝ    ー、ー- 、    lノ  ,イノ しょぼい別荘だわぁ……東京から遠いし……
. /│|   |          ニ ´   ノ イ |  (やる夫の妾:水銀燈)
/  ! |   !  、           ィニィ | |lハ
  | !   |   _`ト_、 _     , イ    ! |ル'   ,イ
  ハ ヘ  |‐'  ̄,.ィ´ヘ` ー- イ  |    |l |    /│
ノ  ヘ ヘ   | <´ィ´ /介「`ヽヽ│   ハ l   / ノ      _,
ゞ、_ゝヽ  !  \ー´/ハ トニノノ !   / ハ ト、//,ィ _ ,.-ィ´
  ヾゝヽ.ヽ lー-、  ̄ 1 |│|ヽハ 」  / _ハ _/ イィニィ'´    <
    ヾゝヽ. l^ーィ- 、|│ ! ト、>-リ  イニィー '^ヽ、
     ヾヽヽゝ   ̄! | | lヽヾ/  /        ヽ




7 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:14:53 ID:yELB8hYI

このご隠居と東京の家族は非常に仲が悪く、病中も滅多に見舞いに来た様子もありませんでした。

          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (●)  \       | |
         /  (__人__)     ヽ       | | 今日も見舞いに来てくれなかったお…
         |___ ` ⌒´      / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ     /  | |
  /    ヽ        `ヽ、}    ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/

          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (ー) (ー)  \       .| |
         /  (__人__)     ヽ      .| | でも、明日は来てくれるかもしんねーお
       _rーー‐‐- 、_       / ̄ヽ___| |  死ぬ前にもう一度くらい、皆の顔を見ておきてーお……
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |
/                      ) |/  |_|
                      / |  |
                    /   |/




8 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:15:26 ID:yELB8hYI

この不仲は、芸者をしていた水銀燈を引かせて、
東京の家に引きずり込んで以来のことなのです。

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\
     |   u.   `Y⌒y'´    | うっひょお、可愛いお!
      \       ゙ー ′  ,/   なんとしてもやる夫のものにしたいお!金ならあるお!
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   (その当時六十歳。バツ3)
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

          /:::;:zュzュzュzュzx:::\
          /::zタ´        ´ヌャ:l
          l_] l  |  ト、  | l  r‐|ー、   ふぅん、お金はもってそうねぇ……お金は大好きよ
        く小| |', !'、 | \!, ! └丈オ      (その当時十六歳)
        厶! 乂f;iヽ l  f;i ヽ| l.../ |ヤl       _, ---- イ
       八 | |:l|   l:j l|/.....  | |    /:::::::::::::::fイ
_, -― 、 父,| l ´ 、      イ|....l.... ヘ   /::::::::::::_::ゝ
ァ:::::::::::::::::丶 ! ...ト 、  n‐'  イ|....l.l..|.. \/::::::::::::::::、:::>
´イ:::, -ャ::::::::/ ....ハ..l...j |::X::::::::!....| ̄'、......\:l::::::ヽ::j
  レ  /ノ::::/ ..|..l:::|../ へ:トJV|...l.l:::::::::ヽ....、..\ー-ゝ
     ´し/ ......l|..|:::!.|_,、_丿   l...l.|:::::::::::ス.......... l
     _/.. イ...l:|..l/'/_,、_〉zュz外.|丶::/l...|....l... |
     ̄´  !..|ハ.!/、_  ヲ::::::::::::::!::::::l..| レ´l...|∨
          V:/   Y:::::::::::::l::::::::::|ノ  レ
        〈:::!   /::::::::::::::;|:::::::::{




9 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:16:42 ID:yELB8hYI

       ┏┓   ┏┓                             ┏┓┏┓
     ┏┛┃ ┏┛┗━━┓          ,.、/レトヘトト、      ┃┃┃┃
   ┏┛┏┛ ┗┓┏━┓┃┏━━━━━ /  V-‐'ヽ、 }━┓ ┃┃┃┃
 ┏┛┓┃     ┃┃┏┛┃┗━━━━ r'/   } fニ、i V⌒'i  ┃┃┃┃
 ┗┛┃┃     ┃┃┗━┛      , -┴!   /j_ `ー'  j,  |   ┗┛┗┛ 
     ┃┃     ┃┃          _,L,  | //ハ ヽ_, イ }}.\|   ┏┓┏┓
     ┗┛     ┗┛ _,,.. --一'ニr‐┘ -=く/.{  {㈹_,ノiヽ..ノ   ┗┛┗┛
       ,.. -‐_ニ- ̄ _,二二二二三人_  < 〈ーノ_フl  |  {   お父様の馬鹿馬鹿!白饅頭!
     /,. ‐'',. -‐  ̄            } ´ / ヽ! >レ'  ノヽ   そんなジャンクを家に入れるなんて!
    // /                   __  `ー/      }ー'´ \ `丶、  年も離れすぎなのだわ!
  / ./ //   _r'´ ̄ ̄ ̄``丶、   |  ``ー'}        {    `丶、 ` ー-
  ヽ{ l/  <__          `ヽ 」 -‐イ´ ヽ    /勹      `丶、
    ヽレ‐''二,Z{ ,. -────‐ァ'´     \ \ /  \
   /,. イ //        /     / /       {   \(やる夫の一人娘:真紅)
  く/ //  |     ,. ‐'"´    /  /  /     ヽ    \(その当時不人気。今も不人気)


   歳 |
      |              グラフで比較するとそれほど年齢差はない
    20├              むしろ水銀燈の方が年上に感じられる(byやる夫)
      |  ┌┐16                      ┌┐60
      |  ││                        ││
    10├  ││   ┌────────────┘│
      |  ││   │┌────────────┘
      |  ││   ││
      └─────────
       水銀燈   やる夫




10 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:17:44 ID:yELB8hYI

私、野田やらない夫が初めて水銀燈に会ったのは去年の正月、
ご隠居のご機嫌伺いに行った折でした。

                 / ̄ ̄\
               / ─  ─\
               |  (●)(●) |
 .             . |.  (__人__) .|  ご隠居、明けましておめでとうございますだろ
               |   ` ⌒´   }    年賀的に考えて……
              _rl.ヽ`     ////
..              /\\    ////゙l゙l
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、


      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\ウィーック
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// | おっ、やらない夫じゃないかお!よくきたお!
    \__ `ー ' ___/    まあ、入るお。さあ、まあ、ずっとこっちに……
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ




11 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:18:22 ID:yELB8hYI

          / ̄ ̄\
        .ノ  \,_.  .\    ご隠居ご隠居、苦しいだろ
       (ー)(ー )    |    そんなに強く抱きつかなくても
     / ̄(__人__) //// |    俺は逃げたりしないだろ
   /  _ノ .ヾ⌒ ´     |  クスッ
  /   ゚⌒  {    .  /
  | ///  (__人\    .カ
  \     ` ⌒´ン     .ノノ ギューッ 離さないお!やらない夫が来てくれなくて寂しかったお!
   /  ̄   ./  . .. し}
     .(⌒二_⊿ニ⌒)  .i



                / ̄ ̄\
これは良い黒豆だろ /‐' ヽ_   \
              ( ー)( ー)  |     ____   御節を食べるといいお
              (__人__)///   |     /      \  やる夫の黒豆をあげるお……
        γ⌒ヽノ l` ⌒´      |  / ─''  `ー  \ 
        (  ⌒ )  {        |/  (ー)  ( ー)   \   γY⌒ヽ
        ゝ_ イ   {        / |   ///(__人__)///   | ー (   ノ )
               ヽ     ノ、 \    ` ⌒´      ,/   ゝ、_ノ
            / ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ '   ―-、
           /        ̄    /              ヽ
            |    、.   r‐x‐、,'    ,.‐x‐、   . /   /
           \.   \  ! (__) ヽ、. / (__) 〉_,./   /
                \    ミ、_,.   ̄ ̄ ̄      /
               `ー-------‐`ー―------―一'




12 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:18:44 ID:yELB8hYI

               / ̄ ̄\
             / ‐  ―  \
       ___ .|( ≡) ( ≡)  |
      /ノ' ヽ_ \| (__人__)    |  お返しに伊達巻をご馳走するだろ、松の内的に考えて……
    /(>) (<) \ `⌒´    ノ
   /  (__人__)::::::  ヽ       }
.   |   `i  i´      |      }
   \   `⌒     /     ノ
.   /⌒ヽ    /⌒ヽ/      \
  / z     / / ヽ     /   |
  / ( ヨ   / /   |__/  / |
 / /  ヽ  / /  E⌒___/  |
./ /   | ./ /     |       |
    すごいお!こいつは春から縁起がいいお!


         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ




13 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:19:17 ID:yELB8hYI

               / ̄ ̄\
           Σ / ‐  ―  \
       ___ .|( ●) ( ●)  |
アッアッアッ /ノ' ヽ_ \| (__人__)    |  ん?
    /(>) (<) \ `⌒´    ノ
   /  (__人__)::::::  ヽ       }
.   |   `i  i´      |      }
   \   `⌒     /     ノ
.   /⌒ヽ    /⌒ヽ/      \
  / z     / / ヽ     /   |
  / ( ヨ   / /   |__/  / |
 / /  ヽ  / /  E⌒___/  |
./ /   | ./ /     |       |




14 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:19:53 ID:yELB8hYI

その時私が気がついたのは、ご隠居の向こうに座っている一人の見馴れない意気な女でした。

                        r_‐、_
                    _, -ー::L._.」‐-、` 、
                /‐ '´ ̄ ̄ ̄`¨ヽ:::丶ヽ
              /  ,        ,  \:::ヽヽ
            r./  /|/',   /l/ |    i::::||
       へ    L| /   ',/     l/|   !:厶l   男同士のは初めて見るわぁ……
           /∨ ○       ○  /  l下、_〕 
       |      ////        /// /  i !__ト、
       |      !     ┌┐    'イ  /   l
              丶、._  ̄ ___/ /     l
                  l/!  ̄r::t水ァ::j/     ',
                   /r――――i::::K   ト、 ヽ
                  ムf」       「ヽ::i、 |\! \ |
                  __j」 続けて ヽ、|」_ヽ_    ヽ
            r┐≧:|_____!::::::::::::::::/
            l___!L.-i_i⌒!-」、|\::::::::ヽ _
                     └‐ '´     ̄ ̄ 

     / ̄ ̄\
    /   _ノ  \
    |    ( ○)(○) だっ、誰だアンタ!?
 .   | U   (__人__)
    |  U  |r┬-|  彡
 .   |     ` ⌒}   彡
 .   ヽ        }
     ヽ     ノ
     /     \
    / /\   / ̄\____l⌒l
     | |  \ /  ヽ \_____|
 Σ(⌒ノ   ゝ    \__)




15 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:20:19 ID:yELB8hYI

               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |
   /( ●)  (●)\  !   ! そういや紹介がまだだったお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l こっちはやらない夫といって、うちの遠い親戚だお!
  |     |r┬-|       |  / 美術学校の学生さんだお!
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      / 

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\ 頼まれて及ばずながら
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ やる夫が色々と面倒をみてるんだお!
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /


ご隠居はそう言ってにやにやと笑いました。
これで私を女に紹介したつもりなのでしょうが、
女が何者であるかは一言も私に紹介してはくれませんでした。




16 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:20:53 ID:yELB8hYI

             ,. -ー' 二二二 ー- 、
            //: ̄__:::::::::::::::: ̄`:::ヽ
.         /〃'::::::/´ノ〉):_ノ_ノ::::::::::::::::::\
         //´::::::__,ィ:ゝ-':__,:::-──- 、::::::::::ヽ
         /゙::::::::::/ ̄ ̄\ ヽ\  ヽ \::::::::ハ__
         !:::::::/ヽ      ヽ ', ヽ  \ ヽ>,仁》
      _ |::::ハ  ',       l }   ! !  ',<ノ||\
      《ニハ_ゞ、 \ \    ! ||  | |__ || l | \>  私は水銀燈よぉ……よろしくねぇ
       ソ|| \\ \ \   | .从,ィ匕Lィ|| | | 〈´
.        | ', \\,.>一ゝ, |/ /,ィチzノノ | | l  |ヾ
        ハ \ \ィチ乏ラミヾ'   ` ̄ / //   l ',)    , --─'::´
 ̄:::`ヽ、  〈/|:} ヽ,\ \ ̄   、     / // /  l ヽ  /::::/::: ̄
/:::;:ィ:::::\ //|  |\\ `ゝ    -= '  /!// /   !   ∨:::::::::':──-:::、
:::/:::::ハ::::∨ム'〉 「`::ゝ,\_个 ーtヽ_ /─ヘ,ィ' l   |l  /::::__::::\::: ̄`ヽ
::::::://__;/:::::|  |::::::::::ヘ   !:::::| |::::ハ;:::::_::_:::ヽl   l| 〈::::::::::\:::::\::::ヽ
:/;::///::::::::::: ! / :::::::::::::} |:::::::l! !/  ∨ } /::::/ / ハ`ゞ 、::::\\:::::ヾ
  ∨/!:::::::::::::::| /:::::::::::::::::| |::::ノ| ト-ーく 〈_」:::/ / /::::ヽ:::ヽ\:::ヽ \
  //|:::::::::::::::レ ::::::::::::::::::| |::_〉 }  ─ー、ヾ才/} /:::::::::::\:\\〉\
///ヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::! /:::〉ヘ!   ̄\ヽ)=::、/ /::::::::::::::::::::::::::\
/// 人::::::::::::::::::::::::::::::::|/::{ `入_  ゝ}_ソ/`´}/::::::::::::::::::::::::::::::::::}
// / |::::::::::::::::::::::::::::::::::::(\__  ̄Z_r、_「| ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト
/ /   /ヽ;__::::::::::/:::::::::::::::〔 ゝ,>、  _,ィ'7´}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::! ゝ
///   /  | |  ̄`斗、:::::::::::::::\r 、  Y  厶ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   )

         / ̄ ̄\
       /   _ノ  \
       |    ( ●)(●)
          |     (__人__)  はあ、どうも、はじめまして
        |      ` ⌒´ノ  (察するに妾だろう、図抜けたエロ爺だからな、この人)
          ,|         }
       / ヽ       }
     く  く ヽ     ノ
       \ `'     く
        ヽ、      |
            |       |




17 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:21:14 ID:yELB8hYI

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__) (しかしまあ、こりゃまたなんとも綺麗な女だろ……羨ましいぜ)
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

         ___
      ∠ニ-‐O‐- 、`ヽ、
    ∠ - ┬ ¬- 、::.:\ `、
   _//, / / ,'  ,  `ヽ、:∨ハ
  〈// l l | ,′/l  / , \} !
  /∧ lTト| / |__/_厶イ/lト、|  (見るからに貧乏臭そうな長アゴだわぁ……)
 {ハ ヽrメ::ミ、/ 厶=≠} /〈/|lV|
    }\_〉-′  ヘ:_::/ / 〃 l|| __ノ
 ー=ハ { >‐、ー-  ∠ィ/ l l| ∨::.:< __
.  / / l^7く>r<`< || l|  ト、::\::.r'⌒
 / /  l|/::./l\/{:.::.::_:}|l  |  |\} ̄⌒ヽ
 | l|  , トy┼┴‐'::.:/  /| l  |
 |/| /|(」/:rxーrr'>〈 ,′∧|
  Lレ'::.::ヽ/Xヘ::∨::`ヽ>∠ }ノ
.  /::./:/::/_ _ _ _〉:\::.::∨::.::`ヽ
 //|X:∧ハハハハ::.::.×::レ'⌒ヽ:〉
   |::./ |::.::|  |::.:ト、::.::/
   ∨  |::./   !::.| ∨
       レ′  L/




18 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:21:35 ID:yELB8hYI

いつもなら年始の挨拶もそこそこに引き下がる筈なのですが、
私は何だか拾いものをしたような気がして、馳走になりながらご隠居の相手を勤めました。

       / ̄ ̄\
      /     ノ ヽ            ――食べたり
      |    ( ⌒)(⌒)                   ____
      |     (__人__)                 /      \
     |      `。⌒ソミヾ ゚            /  ⌒   ⌒\
       |       イリ ),丿 ;    ∫    /   (⌒)   (⌒) \
       )      。} )ノ。             i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i
    /⌒ヽ、    ノ'゜(    ∫       \、    ` ー゚´  ,/
___|   | \_Y´  丶  ゚      __/" \、 ; ー゚ "。  \ ∫ 
| |   |    |   Y`⌒ヽ、 ; ゜  ∬   | | /  ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と)\
| |   |    | /゙\,ィ゙i=ョ=ョ=ョ=ョ  | | / _/ ⌒ノ\ ____ ,⊂ノ゙、ヽ
| |    |   〆   /"  \ ____ /  .| | |   ゙/~  └‐─‐‐とソ   ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  └─‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.   / ̄ ̄\
. /   ⌒  \                              ___
 |    ( ⌒)(⌒) \            ___   \  /
. |     (__人__) ■             /⌒  ⌒\  ( ̄)
  |     ` ⌒´ノ / ヽ\       /( >)  (<) \/ /
.  |         | |六- ■\    /::::::⌒(__人__)⌒:::::/ /
.  ヽ        }___|== /  .冊\  |    /| | | | |   / / 乾杯だお!
   ヽ     ノ |_P_|ー|六(.サ).冊 \  (、`ー―'´, / ./
   /    く  ( )   |== } ソ (.サ)\/    ̄ ̄ ̄   ,/
   |     \/ /   ゝ-(.ポ } ソ {  \
    |    |ヽ、/ \   ゝ-.(.ポ.)   \    ――飲んだり




19 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:22:27 ID:yELB8hYI

その女のお酌でご隠居も酔いましたが、私も大分酔ったように覚えています。

                     _r ''~丁ニ=┐__
                rイヾ l   |   /~ヽヘ
                ベ    - ┴‐- </  `l    おかわり持ってきたわぁ
.              〈/ /         \ ヽ;k    どんどん飲みなさぁい 
              く 〃           .:.:ヽン{:'.   
             f≫/:/:./ :!:;   ヽ:ヽ .:lヽ :.:.:.:.V=ハ     
            《 ∨/:.:.l.:l .:!:l   .:.:}:.:! :.l:.:!:.:ハ:.:.lヾ、ゞ
             ||/リ:.|.:.|:.l :.l.:k:. .:.:ハ:.j _;ムバ|:/:.;}|K/|          ハ二二 l
             ≫イハ:.:l.:.l`ト儿 \ノ オ少t;ァ j:.:.;イl|||:.:|         厶ヽ__ヽ
           〃 ルヘ:.ヽヾ 卞云    ´┴‐'ノ/::|:l|:!!:.:!         .|  ピルクル|
.             /;.:":. .ゞ、ヽ.:_:>  '_, "" フ:.:.: .|:l|ヾ.:.ヽ         | /,|1000 :!
         //.:.:.:r┘ 〉:.:.:/个ト、.`´  イ.厶.:.:.:.|ィ―‐‐‐┐   l´ ̄`l~゙'| ノマ々|
        //.:.:.:./┴‐'7.:.:∧ ヽr‐イ二´t≦__」:.:.:.|     ハ    |'  ̄`|㍑::| ・ω・ !
       //.:.:.:f厂   /.:.:/セ \} Z  /ハ\ ! .:.|  ̄r‐ ヘ ヽ___.L.--┴ー┴-  ,,」
     /〃 .:.:.:./j:    /:/ 己\{ Z/ l|キ|! ヽ!.:./ r/┘ ==   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  == 、
    /:.// .:.:.:r-V::   //  { ̄ >' |_ ||=;||  |/ ゞ ̄〈( ////ン- ―ーク-っ// )〉
   ./;/ / .:.:.{{≫′  〃   }/ 」/  `'||‐'||-〃  ハ 〈` ー== /‐ 、____三彡'==一″
   レ /==ラ  W     フ广T        /    l /   /Y_  /
    /.:..:/   イ^フーr‐ァヘ /j            レ′ ∠_〉 /∧厶
    !/  彡≦{_l リl.:.:l.:.:ト-K             / 彡"k;ヌ 〃/ ∧
   /   / ニ__)  !:ハ:.:.!.:.:>\             ∧≧<レ ヽ__   >!
.  /   イl / \ .{:! l:.ハ:.}ミ≧         /:./〃/\/ ス 丁:l:.:!
  /  /ヘl/ Y´ ∧、 ヾ >ハミ三≡= 、 ∠ =孑':.:./  /; / /_,イ十":./!.:|
. l  / /ヽヽノ ,ム<レク ! \ヾミ三 ≡≡三ヨ//  /   /  才.:.:./ l:.:!
 | //   ,Vイフ rヘ 、 V  l   \   ̄ ̄ ̄ス /  ' l     /.:.:.:.:/ l:/
 | /     /  `ム;f 、 l入〉  l     \    / ∧′  ∧_/!.:.:.:.: / 〃
 | !.   /  / ヽlJヽク    l         //  ∨  /     |:.:.:/ /'
 |ハ__/  /     >|         /     ∨/"     l/
     /         >l                   V     l
 <´ ̄         >l                 ∨    /
  ヽ          ヽト、              _∠N    /
   l           /ヘ>、  _ ______ムY  ヾ、/
   ヽ __   /    `^マヽフ、/Vヽ/ヽ/Y     l
       l ~ーえ~―- 、     │     l      !
.       l        `ーァ'  ̄ト'ー ⌒ヽ_ 人___/
        l`ー―--- 一'´ !   マ、 _____, イ
        l:::::::::::::::::::::::::::::::::|    l :::::::::::::::::::::::::::: |
        l:::::::::::::::::::::::::::::::|   l:::::::::::::::::::::::::::::::|




20 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:23:21 ID:yELB8hYI

ご隠居がふいとこんなことを言い出したのは、余程酒が回った時分でした。

      / ̄ ̄\
     /   ⌒  \                              ところでやらない夫
     |    ( ●)(●)
.      |  /// (__人__)                         / ̄ ̄ ̄\    
      |     ` ⌒´ノ なんだ、ご隠居          /⌒    ⌒  \
      |         }                     /(●)  (●)    \
.     ヽ       |                     |   (__人__)///    |
   _/⌒ヽ     ィ                       \          /
  i'⌒゙l |   l       \                    / ̄         ̄ ̄)___
  |  |. |   |       ト \                    / //        /'./ / 〃 ⌒l.
  |  | ( " ̄⌒ヽ、 |_" ̄ ̄⌒ヽ、 _____/⌒\./         /   し'_|;;;;;;;;;;;;|
  |.   ̄ ̄ ̄ ̄|ソ,),) ̄`ヽ ̄⌒ヽ|,),)ソ .l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /   |⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
  |        l  .| y  |_ィ   |  .| |  |──=`──‐/  /────|   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |  .|.|   |  |  |   | |  |         ノ_  /       |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |        |   |___|  |__|  | |  |        iヘ__ソ         |   |;;;;;;;;;;;;;|
  |_______.|___(__゙)__{___゙)_|__|__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|



        ___
      /      \
     /  ヽ、   _ノ\ 失礼ながら、やる夫はまだお前さんの描いた絵を見たことがないんだお
   /   (● )  (●) \  西洋画を習っているんだから、油絵の肖像画なんかは巧いのかお?
   |       (__人__)    |
   \      ` ⌒´   /ヽ
    /   {;;;;;;;}        \
    (  ヽγ⌒)         ゝ   i
 ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄(⌒)__ノ ̄ ̄ ̄ ̄ 




21 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:24:27 ID:yELB8hYI

              _ ... _
          -_,.ニ -――-   ::.::.::..\
        //          \:.::.::.:.ヽ
        //              ヽ::.::.::.::.l\  「巧いのか」なんて随分ねぇ……
        /         ヽ   ヽ '.  ヘ::.::.::.::| ヽ  ちょっとアゴ、あなた怒ってあげなさぁい
     /     |   |   |l  | |  ヽ::.::.:」__ ',
.    /    | i |  |l |  |,lイ丁 |    7::/::.::ヽ ,
     ' !    | | |'.  | ! |/| ,,ィ二寸  | |_」::.::.::.::|  、  
   | l   | | | | ヽ | l |ヽ〃( 勺刈  | |_」::.::.::.::|  \
    | |   | l 仁≧\l l   >'´|,/| |_」::.::.::.::| 丶  \
   | | l∥ | ト"(で)ヽ        ノ´/| |::.:l:.::.::.∧  \   \
     、l lハ |ヽ|ハ `'´'    ィ   //|  `ーァ‐く ヽ    \  \
      \  |∥ ヽ|∧   <__/    イ   厶…-、 \  、 \
         l |!  | ト .,      / /   /.:.::.::.::.::..\ \ \   \
           |!ヘ | |   i`   ー _>イ/   /.:.::.::.::.::.::.::.:..\ \ \
          ∧| |   l   ,.「:::Y{:::/   /|::.::.::.::.::.::.::.::.::.l::ヽ  \
           / 〉 |   l /´厶イ「V  /.::|::.::.::.::.::.::.::.::.::..\l  ヽ
        / _厶ィ:|  ィ′   /   /.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:` ー- 、
        ' /.::.::.::.::jイ`~i⌒Y^7   /.::.::.|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
      / /.::.::.::/r~'⌒7⌒V   ;'::.::.::.:|::.::.::.::.::.::.::.::./::.:__::.::.::.::.::.ノ
     / イ::.::.::./.::.:|⌒Y^ー'⌒,|   i::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::./:/..::.::..ヽ::.:/
.  / /人::.::〈::.::.::`ー'⌒ー '.::.|∥ |::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::l/.:.::.::.::.::.::.'く
. / //.::.::\ハ::.::.::.::.::..ヽ:.::.::.::.|∧.|::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::|::.::.::.::.::.::.::.::..\
 _  ‐ ´.::.::.::.::.::.:ヾ::.::.::.::.::.:..\::.::.::.::.::l::.::.::.::.\::.::.::.::.:人::.::.::.::.::.::.::.::.::.::
´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/〉::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.>―ァ-ヘ::.::.::.::.::.::.::.::.:
::.::.::.::.::.::.::-イ ̄ /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/{  /   ∧::.::.::.::.::.::.::.:
::.::.::.::.::.:/     }::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/::.ヽ〃   / ヽ::.::.::.::.::.




22 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:24:56 ID:yELB8hYI

         ___    べべべ別にやらない夫を馬鹿にしたわけじゃないんだお
        / .u   \  ただ、やる夫には油絵の巧いも拙いもわからないから……  
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒. ::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /


       //.:::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ__ヽ
      ___//.::ィ^⌒^⌒^⌒^' トく<_}{^)}  ほんとにおばかさんねぇ
     {に}{_>>l  l |l  | |l| | l ト仆イ l  わからないなら尚更、そんな言い方をする理由がないわぁ
     フ小1|| l |l  | lハl|| 〈ハ〉l |
      〈{_ハ〉_」⊥L!l  | 厶斗+ | |l | |l |
      | l l | lヽハ ヽj/  j 亅|l | |l!
       | | | いx==ミ    ==ミ| l| ! ,小|l
     川 | ヽ{ :.:.:.   .   .:.:.:.: 川//l|l ! 〃
 二≧x' '//⌒ヽ、   ー‐   彡イ/l ! lk≦三
z≦三/ / l     _ヽ\_, イ/ //_」_|l|l三≧x
 _≧/ / /| _ {@}l:::〉―‐1' //.:::::.\l l弋≦⌒
 ラ/ / /.::|l{@}  ̄ レ::/ ^Yl /.::::::::::::::::.Ⅵヽ\
  { {/.::::ハ ̄ q_ l /  / | {:::::::::::::::::::::::〉|ハ ヽ
  ヽ个ー'::::::ト、 ペ) へ. /-人ヽ:::::::::::::::::/ ノ ノ




23 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:25:16 ID:yELB8hYI

水銀燈はこんな風にませた口ぶりで、ご隠居の言葉を冷やかしたりたしなめたりします。

      /   |          \      ┼ヽ
     / /    ⊥ -──  ─ 、  ヽ      <ノ⌒)
    /  /  /         __ `ヽ \    | 十``
   /   / /     _ , -ー '    \  \/    ヽ<ノ`'
   l   /   , イ      l   |    ヽ/       ┼、ヽ
   l / ,. イ ´ |  !    |l,|、-十ー  、 \       / ノ
   |/ /   | | | -'l、   ! l| | || |  ',   ┼‐
   | /l | | |,.イ´ト、| \  | 仟テ卞,|  | | |   _/ こ
  // l | | | |ィテ卞  ヾ' ヽ::ヽ:::}l || !      あ /
  ゝー| | | | ハ、:ヽ:::}     つ::ノ| / / /     r、,、 /^'v
    l l l ヽ ヾつ:ノ r ーv、 :::::!./ / /      ヽノ
    ヽ !ヽ!  \ |:::   ヽ  ノ _,ノ/_/___| /ヽ、_
      /__|\  ヽ>一ァ、 <ー-く |  |/::::::::::::::::/
     >::::`::\  ∨ ̄{  }_ <_.∨/.:ヽ}  ヽ、:::::::::::::>
  -ー:::':´::::::::::::::::::>-ゝ: : `´: : : ブ/: :く ー、  lヽ:::::/
  `ーァ:::::::::::::::/: : : : /: : : : : //,、_{:`'ー'、_ノ: :}::<
    フゞ- /: : : : : /: : : : //lぎん}: : : : : : 厶ヾ
    / / ノ: : : : : : / : : //: : :.ゝ一:  ̄ヾ ̄| |
    | ∧{ ヽ、: : _l_:.//: : : : : : : : : : : : : \| |
    |l  ヾ一' ̄ //ヽ「´: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/
      {ヽ、 /厶゚ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ノ




24 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:25:31 ID:yELB8hYI

たしなめられる度毎に、ご隠居は一々弁解しながら、
目元口元に何とも言えない嬉しそうな微笑を浮かべます。

           ____
         /_,r'  ' !、\
       /(≡)   (≡)\   あっあっ、いいお~
     n/ ::::⌒(__人__)⌒::::::\  やる夫はお馬鹿さんなんだお~
    y |     |r┬-|     |⌒) もっと言って欲しいんだお~
    l \_   `ー'ォ     //
     \      ・    ・  ̄ /
       \         /
        >      <
       〃   (::)っ   ヽ
       ヽ  <  `‐' >  )
        と__)   (__)




25 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:26:02 ID:yELB8hYI

ご隠居が突然油絵の話を持ち出したのは変だと思っていると、
結局私に水銀燈の肖像画を描いて貰いたいのでした。

             ____
            /⌒  ⌒\   まっ、ぶっちゃけそういうことなんだお!
          。o(゜>)  (<゜)o 。  面倒みてやってんだからとっとと描けお!
         /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
          |     |r┬-|     |   て
         \      `ー'´     /( `´) そ
        /           \ノ ノミ
        |\ \・      ・ \____ノ



             (ヽ三/) ))
         __  ( i)))
        /⌒  ⌒\ \
      /( ●)  (●)\ )  出来るだけ本物そっくり瓜二つに描いてもらいたいお!
    ./:::::: ⌒(__人__)⌒::::\ 「ワンピース」と「フェアリーテイル」くらいに!
    |    (⌒)|r┬-|     |
    ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
    | | | |  __ヽ、    /
    レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
    `ー---‐一' ̄




26 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:26:26 ID:yELB8hYI

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \  ( ;;;;(
   |    ( ─)(─  ) ;;;;)
   |      (__人__) /;;/ うーん、注文通り満足な絵が出来るかどうか
.   |        ノ l;;,´   甚だ覚束ないだろ、修行中の身としては……
    |     ∩ ノ)━・'
  /    / _ノ´
  (.  \ / ./   │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


       / ̄ ̄\
     /   ⌒  \
     |  ミィ赱、i .i_r赱  でも他でもないご隠居の頼みだから引き受けるだろ!
.     | ::::::⌒ (__人__)  (これを機会に水銀燈と仲良くなりたいだろ、若人的に!)
.     |     トエエエイ
.     ヽ     `""´}
      ヽ     ノ
       /    く

こうして、これから当分、一週間に二回ぐらいずつご隠居の家を訪れて
水銀燈をモデルに製作をすることになったのです。




27 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:26:47 ID:yELB8hYI

さて、モデルのポーズを定めるについて、厄介な問題が持ち上がりました。

        / ̄ ̄\
       / ヽ、_   \
     . ( (● )    |
     . (人__)      |  肖像画の注文なんだから……
     r-ヽ         |  半身像でも描けばいいだろ常識的に考えて
     (三) |        |
     > ノ       /
    /  / ヽ     /
   /  / へ>    <
   |___ヽ  \/  )
       |\   /|
       |  \_/ |

                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /  やらない夫、やらない夫
 /   ///(__人__)///\ / `   /  ただ普通に座ったポーズを描いたって面白くないお!
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |




28 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:27:17 ID:yELB8hYI

      __     ━┓
    / ~\   ┏┛
  / ノ  (●)\ ・
. | (./)   ⌒)\
. |   (__ノ ̄   \ はあ、と言いますと?
  \          |  (なに言い出す気だ、この爺さんは)
    \       /
.      \  ⊂ヽ∩
      /´    (,_ \.
       /       \. \
      ./   /       |. \ソ
    (  y'      .|

         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\
    /   ///(__人__)///\    これに出てくるようなポーズをさせて、
     |   u.   `Y⌒y'´    |  こういう風にしたところを描いてもらいたいお!
      \       ゙ー ′  ,/
     /       __|___
    |   l..   /l ロリロリ   `l
    ヽ  丶-.,/  |__ 痴女モノ_|
    /`ー、_ノ / ̄ ̄ ̄ ̄/




29 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:27:32 ID:yELB8hYI

   / ̄ ̄\   いい年こいてエロゲかよ
 /   _ノ  \ 
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \  フヒヒwwサーセンwwww
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \_   ` ⌒´    /
                /          \




30 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:28:01 ID:yELB8hYI

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__) どれどれ――ってなんだこりゃ!神絵師の桃種国貞じゃないか!
  |     |r┬-|   こんなの真似して描けるわけないだろ、俺の技量的に考えて!
.  | ι   `ー'´}  ポーズも厳しい! 動作の一瞬を見事に切り取ったものだ、
.  ヽ     u  }  この姿勢を続けさせるなんて無茶すぎるだろ、肉体的に考えて!
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

      _____     ━┓
    / ―   \    ┏┛
  /ノ  ( ●)   \  ・ なんでだお?
. | ( ●)   ⌒)   |   エロゲのCGくらい、西洋画なら簡単に真似できるんじゃないかお?
. |   (__ノ ̄    /
. |             /
  \_    ⊂ヽ∩\
    /´     (,_ \.\
.    |  /     \_ノ




31 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:28:24 ID:yELB8hYI

油絵でこれと同じような効果を出すには、余程の才能と天分と熟練がなければなない。
私はその理由を懇々と説明して、飽くまでも辞退しました。


        / ̄ ̄\        // // ////  だから無理だっつってんだろクソジジイ!
       /ノ(  ゝ 、_,ノヽ      ___,--、
      | ⌒(( ○)(○)      ( ) ) ) ) )
.      |     (__人__) /⌒l  |      ⌒`i
       |     ` ⌒´ノ |`'''|  |     '、  |
      /⌒ヽ     }  |  |  |  /    /
     /  へ  \    }__/ /  /         |
   / / |            ノ_ /       |
   ( _ ノ    |   .   ⌒ヽ_/          }
         |        _____\    ノ
         i     / ̄       `ー-''
         \_/ /     _/⌒  ⌒\_
          _ノ   /    /:●))(__人__)((● \ ぐぇあ
         (   /    |     |r┬-|      |
          |_ノ''      \      `ー'┃     /

                      (※説明のイメージです。実際には殴ってません)




32 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:28:56 ID:yELB8hYI

が、いくらそう言ってもご隠居は容易に聞き入れません。

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                  >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


                , - ─ - 、
            .,、-'´     L;;;ヾヽ、
           /;;;;;r'     rー _,ヾ;!. \
          ./L;;;;i    ;i ;!i ヾー、゙! ____ ヽ
         /   i;;i  _} ノ;ノく;;. {;l; ,j. { *.} `! ヽ
         .!   i;;i,、=_‐''ヽヾ;ヽ \ヽ;==く;:〈 ゙、
         |    7/ {.*.} _/ノi;;(   ヽ \ ヾ;;、 ゙i,
         |   | L、-゙=シ  ,|;;;:.   ヽ \ヾ;、 l
         |    `゙'i;;;:i    、     _,'、_, );!じ' |   話を聞けえええええええええい!
         .! ,: ;;,   i;;;:i    弋_,._ノ_,ノ゙\;;;:.. !
          ゙i;;:;;;;;:;,.,.,..i;;:i,.,.,,;;/ r─‐''''"_,.ィヾー》;:.|
          ゙、;;;; ;;;;;;;;;゙i;i;;;;;;/ / ,r'i'''T´゙L、-ク:| |;;;;;|
            ヽ;i ヾ;;;::゙i;゙i;:| ,j /ヾー^"__,.-rj;ツ };;;j
            \;;;;;;;;;ヾ'ヽ<ヽj´|´゙! _j=' ./;;/
             \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\`゙''"´_,、-'゙;;;;;/
                ゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;`゙"_,,、-'´/
                    /⌒      ヽ | || |  |
              :: / ̄ ̄ヽ ::       \ ||     |i
             :: (「    `rノ ::      \   ||i  \
              :: ヽ   ノ ::          \       \
         ガタッ!  |   | r         「\   \       \
                |   | |       ノ  \   \__   \
                ヽ_ノ       /||| l   \_,       `ヽ   \
              || i  /         | ||| |    (_つ ̄と_ノ)    \
              || ||  |         | ||| |                    \




33 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:29:14 ID:yELB8hYI

       ____
     /⌒三 ⌒\
   /( ○)三(○)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     |r┬-|     | ……いいから描いてくれお
  \      `ー'´     /


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|  ご、ご隠居? なんか目つきが……
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、




34 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:29:56 ID:yELB8hYI

::::::... ..丶描いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::.... ...\いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::.' ──-.. \てくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::... ⌒__丶 \くれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽお描いてくれお描いてくれお猫にゃんにゃん描いてくれお
:::::::::::.... __ ..丿   ヽ描いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::::::...    ヽ   .ヽいてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶てくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
::::::::::::::.... ..::ノ      .)くれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::::::..   ../       .ノてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::::.⌒ "       ..ノてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::::::::::::....    ....::::::../いてくれお描いてくれお描いてくれお描いてくれお
:::::::::::::::::::::.. ......::::./


         / ̄ ̄\
        / _ノ;jijii;丶_ !
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i
       | ヒlli(__人__).ソ /
       l \ .,キ呪カ'/ /   ご、ご隠居おおおおおおおおお!?
        .\ ヾ狂リ | {
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::|
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ
       |:::::;;:|;;:::::::::::::::r
       \;;/;;::::::::::::::::!
         |:::::::::::::::::::/
         |:::::::::.::::::/
         |:::::::::::::イ




35 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:30:19 ID:yELB8hYI

水銀燈はご隠居の眼の色が変わったのに気がつくと、
「又か」というような顔をして眉をひそめながら「ちょっ」と舌を鳴らしました。
そうして駄々っ子を叱り付けるような調子で、

              し 7/:::::::;>;::_-=ニノ:_:::ヽ:/_:::::ヽ:‐-:::::::ー┐    ヽ   -┼丶 -┼丶
   -┼丶. l コニ   (_////-'::__;:::lヽニフヽニ:ハヽァ-r、:::ヽ:::ア    l  f_フ ̄) f_フ ̄)
   f_フ ̄) l rナ    /-:;∠!:;! `ー'′         ̄´ ヽー:ァ、:::ヽ、 .i J
                iァ:l`ー ´                 ̄ ヽム〈  l   l ‐┼゙ l ‐┼゙
   l ‐┼゙  /       ├'                            ヾl  l   l rナ  l rナ
   l rナ  /7_,    l  /     /            l   l    ヽi J
              ! !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い.   -/┐l -/┐l
   -/┐l ヽ/     〉 l  !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l   / 」  / 」
   / 」  (_   _ l  ! l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
            l ヽ!  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l   ‐┼   ‐┼
   ‐┼   l -‐  rt、!    トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/   ヽ__   ヽ__
  ヽ__   l 、__  !ノ    l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ    あ    あ
    あ       ,、!ヽ l、   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l    /    ./
.   /      /! .! ヽlヽ. ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l   /7_,  /7_,   ,/
  /7_,      ! l l    \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ. [l  [l   .-v′
        _ ヽl l       l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l o  o.   /
  l] l]   // : : ̄ヽ! |     l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/ ̄`ヽ/
_ o o ./:;ノ: : : : : : : l  l   l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
::::::レ⌒ヽl/: : : : : : : : : l  l   l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
:::::::::::_/: : : : : : : : : : ヽ l   l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
::: ̄:::::/: : : : : : : : : : : : : ヽl   l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
:::::::::::::ヽ: : : : : : :: : : : : : : /:ヽ  ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄
::::::::::/:::ヽ: : : : : : : : : : :/: : : ヽ  ヽレ=-l/@l:l7=y´: : : : :l  !: ;イ ` ‐L_y     l::::::ヽ
::-‐´:::::::/lヽ: : : : : : :/!:{: : : : :\  ヽ:::::'::==-.:´: : : : : : :! /:´/-、   /      /  ̄`




36 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:30:39 ID:yELB8hYI

            _,z=====z、
            /'´ _, -――- 、\
         // / / l     l \ハ
         lj_/l | l l! /  / l ヽ|   やらない夫の方で駄目だといってるのに
       くノ! | | l \ ! l  / イ  l|   そんな無理をいっても仕様がないでしょう!
        /l:'┘NT ,ヘX  ノ _メl /イ|   ほんとにあなたみたいな分からず屋はいないわあ!
        // | ト ー┘   イ 'ノチ / |   この白饅頭!メタボ!ラードの塊!早漏!包茎!
       /   ! l、   _' ` / / l, ィ  私にこの絵のポーズをしろですって?
      //  :! l|\ ` ´  イ' / / /   ヤクルトで顔を洗ってから出直してきなさぁい!
     / /  __l V {><}__/「Y/ /    そんな面倒臭そうな真似は御免よぉ!
     / //   \|ー‐ 八 ー/r:| / ̄ヽ
   /! //     、 {j¬¬¬{j〈 ヽ  |ト、
   // l  : :/  : :}: {j┌{こ}┐{jト、└ソノ卜、
   /ハ  l: : / . : /  {jL/ ヽ」 (_Y´ ̄」: :.',
  ,/ | ヽ l: / . : :/   └'ー'ー'ー \_r'ノ| :.ヽ
    l  , ィ、. : : /   . : :: :::::::::::::::::::|ヽ┘ l : : l
    く/} |: : ∧      : : : : : : : :./ :/\/ : : |
    / / '┘:| ヽ     : : : : : :/ :l:::::/ . : :.j
     / : : : :.|  |   : : : : : : :.{  : ::/ . : : /

こう言ってご隠居を睨みつけました。




37 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:31:33 ID:yELB8hYI

するとご隠居は、今度は水銀燈に向かって三拝九拝せんばかりに哀願して、
煽てるやら賺すやらやらいろいろにご機嫌をとります。

         :::::::::::::/ ̄ ̄∨ ̄ ̄\ ::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::|  / ̄ ̄ ̄\ |:::::::::::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::__|/  _ノ  ヽ、_ \|__::::::::::::::::すまないお!すまないお!
   ::::::::::::::/  / ((>)) ((<)) \  \::::::::::::::::
  :::::::::::::::::|   | o゚  (__人__)  ゚o|   |::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::(⊥_⊥)\___`⌒´__/(⊥_⊥):::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。  でもどうしても、どうしても銀ちゃんのこの絵が欲しいんだお!
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜i⌒i.⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ.ノ ノ'"´(;゚ 。
   / ,_ \ l||l 从\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.
         ベシベシベシ

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \  だからどうかどうかお願いしたいお!ポーズとってくれお!
  |  /// (__人__) ///  |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ




38 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:31:51 ID:yELB8hYI

顔はにこにこと笑っていましたが、眼だけはまずまず血走っていました。



        彡彡彡             ミミミミ     `ヽ、
     彡彡彡彡                ミミミミ      `ヽ、
  彡彡彡彡                     ミミミミ       \
                                         \   
       ,,ヅ彡ニミ;;,,              ヅ彡ニミ;;,,          l
      ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、          ィ<"  , ‐ 、 ゙ミ、         ゙i
      ミミ、, ゝ_゚_,ノ,, イ           :ミミ、, ゝ_゚_,ノ,, イ           ゙i    おねがいだおーwww
       ゙'ヾ三≡彡'"            ゙'ヾ三≡彡'             i!
                /        ヽ                    i!
              /            \                  !
             /       ',/       ',                 l
             !          l        l                l  
              、        ,' 、        ,'                i!
              ヽ . _ .. '  ヽ . _ .. '                 i!




39 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:31:53 ID:i7WhYPWM
谷崎とは嬉しいな
今から出かけるが帰ってきたら読ませてもらう




40 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:32:09 ID:yELB8hYI

       ∠ ―-    \\
      /       \   ヽ \
      /         ヽ ヽ  \ |   ヽ
    ′      l l | ∧|、   ,
    | ||{  l |  | |l _ハ斗′ヾト   l
   ! l 、\ヽl /イレ厶イ    |トヽ |   ちっ!……ああもう、仕方ないわねぇ。やればいいんでしょ!
     \ 斗≧ ∨ 弋::::ノ| l|  |レノ  |    (これ以上拒むと何を仕出かすか分からないわぁ)
      | l ヽゞ' ,       | l| |l |「   |ノ} イ
      | | ハ         j从ハノk≦圭圭圭≦
     ノ人{  > ^⌒ /  | l |才⌒ヾ圭圭圭ミぃ
      x≦圭≧厶! l丁  /| | |    /^ヾ圭圭圭≧
   x≦圭圭ア´/〃|トヽ// ノ||   /    〉圭圭ミ
   彡抂圭〈 / /{{_儿_}}′ヘ人ゝ    /圭圭ミ
   ' /圭州 〈 / l`)兀(´    | /    仆圭ミメ、
  | イ彡州ソ ∨<^Y^Y7    ∨   厶ヘ!ヘ州{
  |l | l〃く⌒_〈<^Y^Y7    〈     ∠、〉 jリ
  ヽ| | {{II}} |<^Y^7      `ー‐{{_II_}}
    ヽ{ ヽ |||| |〈 { j/       /ハ |||| |
       〈ハ〉|ヽ/        |/ | |||| |
      /  |          ノ   | 〈ハ〉|
      /<ヽ{ ト、      / \ |    |




41 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:32:30 ID:yELB8hYI

          _
         -〈{}-
       /..:::  -―‐-  \  あなたには気の毒だけど、この人はこうなったら聞かないのよ
     //.:/          \  描けても描けなくても構わないから、当人の気の済むように
      |_|::|   、    ト | l  真似事だけでもやってくれないからしらぁ?
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |
      |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)  そうですか、じゃ兎も角もやってみましょう
     |     (__人__)  (とりあえずここは逆らわないでおくだろ、保身的に考えて……)
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)




42 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:33:06 ID:yELB8hYI

やがて水銀燈はご隠居が示すエロゲーの中の女を真似て、
原画と少しも違わぬような姿勢を取って見せました。

                          __
                        .   ´ - 、\     ,. ‐ァ
                   /// //\\   / /  こんな感じかしら  
                   //∠_/ /  /\ Y ,ィ´   ああもう、かったるいわぁ…
.                /,イ/   `ヽ厶_ /  ////   , -― 、 
            ∠/          `こゞ//  辷彡==ミ、,ハ
                           `ヲ=/厶=チ'´ ̄`ヽ.  }イi
                     __ノフ〈/  {/⌒ヽ i ノリ}
                ,. -‐=≦三彡い ヽ. -= /ー'´ル'
                ′ /     ハ } _」-‐!  /ヽ ̄厂厂}ー‐、
                i  !   _ノ|i|/  ーi    ,ハ/ / j 」 }lj
                 l   ト、     l il|    ヽ /ノ 
                  |   |ハ `ー‐' l il| 
                   |   | | j  ー'  | l| 
               i  |l rヘー- 、 | l| 
                 l    ! r≦ミ、`ヽ l,ハ 
                ノ   厶ィ'⌒>、ヽ. † l 
                  | † {ー }j ,.イ |! '. N 
                 l   ハー|l | |-|_ハ__i ! 
                | .' l } j !     ∨  
                j/   `T´ |       
                    l  !        
                  ! `ー‐-へ   
                      l_」`ー一 ′   




43 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:33:26 ID:yELB8hYI

               ./ ̄ ̄\
              ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
              |     ( ―)  λ   ヽ  (それにしても数あるエロゲCGの中から、
            ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',  ご隠居が特にこの絵を選んだ理由はなんだ?)
          __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬   
        /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)  (どうしてこの姿勢が其れほどご隠居の気に入ったのか、
.   |     (__人__)    なにか理由があるはずだろ、なにか、なにか、何かが……)
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ




44 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:33:46 ID:yELB8hYI

              / ̄ ̄\
         rヽ  / ノ  \ \
         i !  |  (●)(●) |
      r;r‐r/ |.  |  (__人__)  |   (……あ)
      〈_L (`ヽ .}  |   ` ⌒´  ノ
     l` ( ``/ .  |        }
     ヽ   l  .  ヽ       }
      |,.   l   /⌒   ー‐  ィ ヽ



                   |   | | j  ー'  | l| 
               i  |l rヘー- 、 | l| 
                 l    ! r≦ミ、`ヽ l,ハ 
                ノ   厶ィ'⌒>、ヽ. † l 
                  | † {ー }j ,.イ |! '. N 
                 l   ハー|l | |-|_ハ__i ! 
                | .' l } j !     ∨  
                j/   `T´ |       
                    l  !        (ひょっとして、足……か?)
                  ! `ー‐-へ   
                      l_」`ー一 ′   

其処に普通のポーズでは現れない女の肉体美があるとすれば、
それは両足の運動、――ちょうど脛から爪先に至る部分の曲線にあるのです。




45 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:34:28 ID:yELB8hYI

私は一体子供の時分から若い女の整った足の形を見ることに、
異様な快感を覚える性質の人間でしたから、実は疾うから水銀燈の素足の
曲線の見事さに恍惚となっていたのでした。

゚ | ・ +o            o。 |  *。 |
 *o ゚ |+ | ・゚   / ̄ ̄\+・  o  |*
 o○+ |  |i  / ._ノ  ヽ、\  ゚| o ○。
・+     ・ l  |  (≡)(≡) |・|*゚ + |
゚ |i    | +   |::::: (__人__) ::::| |! .   |
o。!   |! ゚o   |   |r┬-|  .} |. * ゚ |
  。*゚  l・    |   `ーlj´  } |o  ゚。・ ゚
 *o゚ |!     ヽ       / |*|○・ |o゚
。 | ・   o,. ‐- .._ヽ、.,__. /  !| ・ +゚ ||*|
* ゚  l| /    、  i  }  \   o.+ | ・
 |l + ゚o i     ` -、{! /_   \  ○・ |o゚
 o○ |  | ヽ.     ヾ´    ̄  `ヽ  *。
・| + ゚ o }  }                ヽ O。
 O。 |  | リ、  ..:::        ..   l 。
 o+ |!*。| / `ー::::       , ヘ:::::..  | *
 |・   | ゚・ |/   /  :::... ..   /:::/ | ::..... { |
    _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
    >                  <
  /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
  /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
      \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o




46 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:35:09 ID:yELB8hYI

(足フェチの主張)

真っ直ぐな白木を丹念に削り上げたようにすっきりとした脛が先へ行くほど段々と
細まって踝の所で一旦きゅっと引き締まってから今度は緩やかな傾斜を作って
柔らかな (ヽ三/) )) 足の甲となりその傾斜の尽きるところに五本の趾が小趾から
順々に少 ( i)))  前へ伸びて親趾の突端を目がけて並んでいる形は水銀燈の顔だち
よ  / ̄ ̄\ \ く私には感じられました。水銀燈のような「顔立ち」は世間に類が
 /   _ノ  \ )ないことがありませんけれどこんな形の整った立派な「足」は今迄
 |    ( >)(<) 嘗て見たことがありません。甲がいやに平べったかったり趾と趾と
. |  ///(__人__) の列が開いていて間が透いて見えたりする足は醜い器量と同じよう
  |     ` ⌒´ノ に不愉快な感じを与えるものです。然るに水銀燈の足の甲は十分
.  |         } に高く肉を盛り上げ五本の趾は英語のmという字のようにぴったり
.  ヽ        } 食い着き合って歯列の如く整然と並んでいます。しんこを足の方に
   ヽ     ノ 拵えてその先を鋏でチョキンチョキンと切ったらこんな趾が出来るだろ
⊂ヽ γ    く うかと思われるほどそれらは行儀よく揃っているのです。そうして若し
i !l ノ ノ    | その趾の一つ一つをしんこ細工に譬えるとしたならばその各々の端に
⊂cノ´|     | ついている可愛い爪は何に譬えたらいいでしょうか。布石を並べたよ




47 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:36:09 ID:yELB8hYI

(続・足フェチの主張)

……水銀燈は生れてから十七になるまでこの踵で畳と布団より他は堅い物を踏んだ事が
ないのでしょう。私は一人の男子として生きているよりもこんな美しい踵となって水銀燈の
足の裏に附く事が  ____  その方がどんなに幸福だか知れないとさえ思いました。
それでなければ /⌒  ⌒\  踵に踏まれる畳になりたいとも思いました。私の生命と
水銀燈さんの  /( ●)  (●)\ が貴いかと言えば私は言下に後者の方が貴いと答え
ます。水銀燈 |:::::⌒(__人__)⌒::| 私は喜んで死んで見せます。水銀燈の左の足と右の
足――こんな  |   「匸匸匚| '"|ィ' こんなにも器量の揃った姉と妹とが又と二人あるでしょ
    , ヘー‐- 、 l  | /^''⌒|  |  うか?そうして二人はお互いに思い思いの姿をして其
  -‐ノ .ヘー‐-ィ ヽ  !‐}__,..ノ  ||  の美を競い合っているではありませんか。――私は
 ''"//ヽー、  ノヽ∧ `ー一'´ / |  其の美を高調するのに余り多くの文字を費やしました
  //^\  ヾ-、 :| ハ   ̄ / ノ |  が最後に尚一と言付け加えさせて貰いたいのです。ど
,ノ   ヽ,_ ヽノヽ_)ノ:l 'ーー<.  /  |.  んなに形が整っていても皮膚の色つやが悪かったら
/    <^_,.イ `r‐'゙ :::ヽ  \ `丶、  |  とてもこうまで美しい筈はありません。思うに水銀燈
\___,/|  !  ::::::l、  \  \|  は自分でも足の綺麗な事をを誇りとしていてお湯へ


(※原作ではこんな感じで約六ページにも渡って「この女の足は最高だ」という意味の
描写がひたすら続けられます。谷崎大先生はホントどうかしてる、良い意味で)




48 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:36:33 ID:yELB8hYI

フット・フェティシズム。ご隠居も私と同じくこの病気ではないか。
ご隠居が水銀燈の足を見ている眼つきをいかにも怪しいと感じたので、
私はさりげなく気を引いてみました。

        / ̄ ̄\  ……ご隠居。
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \  なんだお?
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


         ↓(極めてさり気ない誘導尋問の好例)

        / ̄ ̄\  俺足フェチなんだ。ご隠居もだろ?
      /       \        ___
      |::::::        |     /     \
     . |:::::::::::     |  / ⌒  ⌒  .\
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \  …………!
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)     |
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)




49 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:36:47 ID:yELB8hYI

二人が無意識のうちにとっていたのは「握手」の姿であった―― 
言葉は交わさなかったが、無言の男の詩(うた)があった―― 
奇妙な友情があった――


  `¨ - 、     __      _,. -‐' ¨´
      | `Tーて_,_` `ー<^ヽ
      |  !      `ヽ   ヽ ヽ
      r /      ヽ  ヽ  _Lj
 、    /´ \     \ \_j/ヽ
  ` ー   ヽイ⌒r-、ヽ ヽ__j´   `¨´
           ̄ー┴'^´




50 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:37:32 ID:yELB8hYI

          女の肉体美では足の曲線が最重要だろ!
           美しい足を崇拝するのは人情ってもんだぜ
     / ̄ ̄\    
   /   ⌒ ⌒\.  
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /⌒  ⌒\   やらない夫もそう思うかお!
    |     |r┬-|           /(●) (●) \  実はやる夫もそう思ってたんだお!
.    |     `ー'´}  \      /:::⌒(__人__)⌒:::::: \
.    ヽ        }     \     |    |r┬ |      |
     ヽ     ノ       \   \   `ー ´    _/
     /    く. \         \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  ヽ   .____
 |   ( ⌒)(⌒)/⌒  ⌒\
. |     (__人__) .(●) ( ●)\  まさか同じ趣味の人間が身近にいるとは思わなかったお!
  |     ` ⌒ノ ⌒(__人__)⌒:::::\
.  ヽ       } .   |r┬-|    . |
   .ゝ_,.   ノ____`ー'´___./
 -(___.)-(__)___.)─(___)─

   それは俺もだろご隠居




51 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:38:08 ID:yELB8hYI

                         (ヽ三/) ))
                          ( i)))
                      / ̄ ̄\ \
                    /   _ノ  \ )
                    |    ( >)(<)
                    .|  ///(__人__) それに、ご隠居がこのポーズに拘るのも一理ある!
    ,.-‐─────────‐イ    ` ⌒´ノ こういう姿勢をとるとこの人の足の美しさが
   /                        }  遺憾なく現れるだろ、芸術的に考えて!
.  /                         }  ご隠居も満更絵の事が分からないとは言えないだろ!
.  |        ,人___________ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
⊂ヽ γ    く
i !l ノ ノ    |
⊂cノ´|     |

                  ,ヘ
      ____      / / いやーそう言ってもらえると嬉しいお!
     /\  /\   / /  西洋のことは知らないけど、日本の女も昔は
   /( ⌒)  (⌒)\/  /   足の綺麗なのを自慢にしたもんだお!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    足を見せたさに寒中だって足袋を穿かなかったお!
  |     |r┬-|       |     それがまー、今の芸者は座敷に出るのに足袋を
  \     ` ー'´     /     穿いてくるんだから困ったもんだお!あべこべだお!
  /          \      これだからゆとりは!
 /             \
/  /\           ヽ
 /   \          ノ
U      ヽ        ノ




52 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:38:46 ID:yELB8hYI

      ク    ク || プ  //
      ス  ク ス  | | │ //
       / ス    | | ッ //   ク   ク  ||. プ  //
       /         //   ス ク ス _ | | │ //
         / ̄ ̄\     /  ス   ─ | | ッ //
       /  _ノ  .\     /         //
       |  ( >)(<)       ____
.        |  ⌒(__人__)     ./ ⌒  ⌒\
        |    ` Y⌒l    /  (>) (<)\.   もういっそのことあれだお!
.         |    . 人__ ヽ /  ::::::⌒(__人__)⌒ \  足のとこだけ描いてくれたらそれでいいお!
        ヽ         }| | |        ` Y⌒ l__    |
         ヽ    ノ、| | \       人_ ヽ /
.         /^l       / /   ,─l       ヽ \

  ご隠居そりゃやり過ぎだろ常識的に考えて!
  足だけの肖像画なんて初耳だろ、絵画史的に考えて!


   |   |   |           ∥  |   | トヽ
__ |   |、  ト、 {         ||   |   | | |l
ヽ\|   | \ | ヽ\     |.| 厶   /l | ||
__/;ハ ヽ 斗―\l- \\.  /イ/ | //,イ|
ー'´ ヘ\\ヽ二 \    \/ >┬ ァ| 〃 |  変態が増えたわぁ……
    ヽ 弋F千 卞、       ^ー'彡/   ∧           /
ト     \ `ニ´ ̄"             /   /  '        /.:/
| l\\  \          〉    / イ   ',     /..:::/
| |  \>ー一    __ __,,.   イ  |、    ′ / /.:::/  /
| |     \        -   /| |\   У /.:::厶イ
二丶    ト>        /  |  |   \// ̄_,. -‐ ニ
::::::.ヽ\   |::7r―- `=二´    |  |   /     ̄
::::::::::.ヽ \ |:| |::::::/r‐::共::ト\   |   |一'二二二、、_,.. -―
:::::::::::::::..\ヽトl:::::|:|::::|:| |:|:.ヾV<|   '::::::::::::::::::::::::.ヽ\::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::l |:l \|:|::::|:| |:|:::::}:}\:l / .:::::::::::::::::::::::::::.\\ー<二
::::::::::::::::::::::| |:|   ゞニイ ゞニ仆、/ ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::::::::
::::::::::::::::::::::| |:|     |:l      |//\\:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\\::




53 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:39:38 ID:yELB8hYI

私はその後、殆ど毎日のようにご隠居の許へ通いました。

    ,rn    / ̄ ̄\
   r「l l h. / ノ  ヽ  \
   | 、. !j | ( ●) (●) |
   ゝ .f, |   (__人__)  |
   |  |  |  ` ⌒ ´  |
   ,」  L_ |       |    おいーっす
   ヾー‐'|  ヽ      /
   |   じ_,,ゝ    (,_
   \   ´ `ー-一´`ヽ
    \         , |
     │         |  l
     │        l_ |
     │        |' }
      \ ー─‐一ヾ/
       |    ij  ノ
        |   |.   |
       |    |   l
         i'  ,}  ,ノ
        l   | /
        |,_、|,/
         (゙  ))




54 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:40:56 ID:yELB8hYI

そうかといって、頼まれた仕事に精を出す訳ではなく、
絵の方はいい加減に誤魔化して


                    / ̄ ̄\
まだかおー早く足談義するお /  \,_.  \
         ____     (●)(● )   | ちょっと位描いとくだろ、建前的に考えて
        /─   ー \    (__人__)     |
       / ( ●) ( ●) \  ヾ⌒ ´     |
     /   ⌒(__人__)⌒  ヽ  {         |  サラサラ
      |     ` ⌒´    |   {        /  .,
.      \_         _,/    ヽ     / //
      /            \   /⌒ヽ    / (,)
      |            |  /  |. |((┃/  /
   _(,,)________(,,)_|  | レ" ./ ./
  /                 \ ヽ__,///


水銀燈の足を眺めてはご隠居と二人で讃美の言葉を交換しつつ、時を過ごすのです。

   / ̄ ̄\                               水銀燈の足は何度見ても素晴らしいお
  / /  \\                  ____
  |  ( ●)(●)|                //   \\
  |    、_!   )               / (●)  (●) \
  |    'ー=-'  ノ           /:::::⌒  、_!  ⌒::::: \
.  ヽ       }               |     'ー三-'     |
   ヽ     ノ            \            /
    /    く  \             /           \
    |     \   \        | i           .|  |
    |    |ヽ、二⌒)、         | |           .|  |
       
        同感だろ




55 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:41:28 ID:yELB8hYI

水銀燈は時々厭な顔をすることもありましたけれど、

:::.::.|::.::.::.: /.::.:/.:: | l::.::.::.::l | :::|l::.::.:j.::.::.::.::| ::.ヽ ::.::.::ヽ::.::
::.:: |::.::.:: / |::.:|:.:: |:l l::.::.::.:l | ::l:|::.::.ハ::ヽ::.:|:.. :|. ::.::.::.:l::.:
:: :|::.:. | |::.:|:.:: |::l l::.::.::l |::l::|::.:/::.:| |::l:.:|::... |:.  ::.::.::|::
::. |:  ||::|:::. |::ヽ ヽ:l | |::|::/ ::.:j |:: | |::.::.:|__  ::.::.:|::
: .. |  ̄ 丁 ¬ ト: | ::.\  | |::|/_,,.. ィ¬ 厂::.:リ|:l ::.::.:|::
: .. l气==|‐ァ=ミメドー   \ | | 彡イ斗‐<==戸|:l ::.::.:|::    なんで私がこんなことを……
::.. ∨ \| { li } ヾ゛         ゙´ { il } /  |:l ::.::.:l::.    ナ○ジャの声優として「笑っていいとも」に
ヽ. \  ̄`ー‐≦=-        -=≧=''´  //   /.::   出演する方がまだマシだわぁ……
: :.ヽ  \        i:l           //   イ::.::    絶対に許さない……絶対に……
  :::l\  \       ノ:|              // /.: |::.::
  ::.l::::`ヽ、\     _        ///..::::::::|::.::
   :.ヽ::::::::::\     ´ー`     ...:::::::::::::::::::::::::::::|::.::
::..  ::..\:::::::::::>        イ::::::::::::::::::::::::::::/|::.::
\:..  :::..\:::〈 ト、 `  __  ´ ノヽ::::::::::::::::::::/  |::.::


大概は黙って二人の言葉を聞き流していました。

          _
         -〈{}-
       /..:::  -―‐-  \
     //.:/          \
      |_|::|   、    ト | l  でも考えようによっては楽チンだわぁ
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |  だって素足を見せてやるだけでいいんですもの
      |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ  包茎ち○こを銜え込むよりはマシよねぇ……
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄




56 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:42:02 ID:yELB8hYI

其の年の三月の末、ご隠居は本当に「隠居」の手続きをして、質屋を娘夫婦に譲り渡し、
         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    / o゚((●)) ((●))゚o \  諸々の手続きが面倒臭いお!
    |     (__人__)    | やらない夫は今回学生役だから押し付けられないお!
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .___
__l  l_¶______/_/__/     ヽ
  \, ´-'ヽ  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|   l二二二二l
    ヾ_ノ   | '''' '   |   l二二二二l
   | 9=ε-8. | '''..--  |   l二二二二l:::..
   |   ..''  |  ''-.  ,|


七里ヶ浜の別荘の方へ引き移ったのでした。

               / ̄ ̄ ̄\
             /⌒    ⌒ \  んじゃ引っ越すおー
            / ( ●)  ( ●)  \  店のことは任せたお!
              |  ⌒(__人__)⌒     |
.       {__}    \   ` ⌒´      /
      l1 ,. -  、ノ            }
    rz=γ⌒ヽ  \rf} ィ ̄>、 1//
    Y⌒ Y1  ! z=、}z} `´/:.:.:}ミ、::! |
      '、__ノ::i  fイ__)==zュ、}__/_/:)、j
    _,.く:::::::::ヘ  `Y: : : : :\─-`Y´:/: :!
  /   }!::::{ 入/: : :r--1 }::::: , -─────--_, __,イ、
 /   /イ::,ノ :} _\: : :1ヘ::::Y<__________/__,.〉/ /=z、
. i   / / / イ::::::::::::i: : :!: : Y-======== z___/ _!/γY
. !  i / / ノ__,ノ : :.i : : |:.:.!:.:.:.:.:.:.!:.:.::.:.:.!:.:.:.::.:.:. ̄:.!ヽイ/ {!j
. i: :: :i { </ ` ─--─一 ┐:i:.:.:.:.:.: !:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:. jノ∧ /
 ! : :.i、 ソ           `ー──────‐ '´ ̄!__{__ノ




57 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:42:27 ID:yELB8hYI

表向きは糖尿と肺結核とがだんだん重くなってくるので、
転地をしなければならないという医者の勧告に依ったのですが、

              ____
            /      \_
           / /   \( ;:;:;)
         /( ;:;:;:;:;ノ   (=)  \  いやもうこの通り体が病気で弱っちゃって(笑)
        (;:;:;:;;;:;  (__人__)    .:::::) 医者がそうしろってうるさいんだお(笑)
        / ||    ` ⌒|||   ,/
        / / |\/ /  /l |  ̄
        / /__|  \/ / | |
       ヽ、//////) /  | |
        /  ̄ ̄ /   | |
      __/  )--- ヽ   ヽ つ
    ⊂---― 'ー----'

実は世間の人目を避けて、水銀燈と誰憚らずふざけ散らして暮らしたかったのでしょう。

       . … .
       :____:
     :/_ノ  ー、\:
   :/( ●) (●)。 \:  これで好きなだけイチャつけるお!たまんねーお!
  :/:::::: r(__人__) 、 :::::\:
  :|    { l/⌒ヽ    |:
  :\   /   /    /:




58 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:43:24 ID:yELB8hYI

(ふざけ合いの例その一)
                                             うひょー!
ヘ                - - ──                  ______
-ト──---、....._            - ─==   r─‐-、    /        \
 |             ̄ ̄`  ─--へ--、__        {     ヽ<             \
  i                /::::::::::::::::::::``ー-、...   ト、_    \             \
  i               i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`.┴'‐-‐'`ヽ、  メ、/              \
  .i    _,...-───-、 __ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V ´ ヽノ             |
   i─'´ ̄          7``ー─────----- 、..._  ロ{   ノヒ_            |
   |              {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‐〈〉─‐〈〈,               |
   |    ,..-‐'´ ̄ ̄` ‐-、.ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i    } {-           /
   j,. -‐'´  ‐ ‐ ──    ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`  ─'ロ{_,,...ノノヽ         /
  /       ‐‐ ─=            ,...----────'´ヽ},、           〈
 噴破ッ!



(ふざけ合いの例その二)
                      , =三冫==、- 、
                       /, -―― - 、 \ ヽ
                      / l  l i l ' , \ ゝハ
                       ノハ/__l l l l-、ゝl {に} |
                        ソ/lf_ョ  ;辷!゙从キ/ ト、|  あらこんなとこにブタ犬がいるわぁ
                        | l! 丶    / 〃 !| |、
                     ノli>‐、‐=- ∠ィ/ l l|   __
                       / /7<<}rrr<{ < | ! l|/:::::::::ヽ 
                       / //::./l\/:{:.::.::_:}:::|l i |::::::/:ト、:::',
                        ノl|, トy┼┴‐':::.:/:::::/ | l |:::::|:::トヽ::l
   わんわんお!       |/|(」,,rrxーーrr'::: :〈 ,′∧ |::/|::ト ソ
          ___       ___ノ:::ゝ/Xヘ::.∨:::::.`ヽ< }ノ  !ノ
         /_ノ ' ヽ_\_  ノ;;,/V:::::/____〉:\::.::::∨:.::`ヽ
      /(≡)   (≡)巛}ヾ゙":::::'''勹ハハ,ヘ::.::.×:.:.レ⌒ヽ〉
    / /// (__人__) ///\ ヾ:::.ハ::::/  `゙l`ヽ::::.::::ト、::.::/
    |     |r┬-|      |ィ/ V    ll::::ヾ:::†| ∨
    \     ` ー'´    /            ll:::::::ll∨
                スリスリスリ




59 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:43:58 ID:yELB8hYI

しかし、別荘の方へ移ると間もなく、隠居の病勢はいよいよ昂進してきたので、
表向きの理由はやがて実際の理由らしくなってしまいました。

          ___
       /::::::::::::::::\  ゲハッ !
      /::::::─三三─\           :∴: :;. ;. .: :`:: ∵:゛
    /:::::::: ( ○)三(○)\     :゛;∴゛` ;`: :゛;:`´..;.∴;.`:':
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  |  ゛;.゛;. ; :″:: :゛;. :∵゛ ;. :'-、
     \:::::::::   |r┬-|' ;`∵: ;`;.:`´..; ` ;.゛;.: ::゛;.゛;.
    ノ::::::::::::  `ー;:: :゛;.・:゛∴;.゛;.: ::゛;.″:: :゛;∵゛ ;
  /:::::::::::::::::::::     ∵∴゛;.゛;.:: `;  :; `,  ・

        ____
     ; /ノ|||| ヽ\;
   ; /( ○)  (○)\ ;
  , /::::::\(__人__)/::::: \;  こいつぁヤバイお、マジで辛くなってきやがったお
  ; |    | |r┬-| |    |,,  『嘘から出た誠』ってやつだお。ナイスなお舟が見えるお……
  ′\      `ー'ォ    /´
    ./  ⌒ ̄ ̄`r:´> ) :
    (_ニニ>-‐'´/' (/ ;
    ; |     | ;
    ' \ ヽ/ / :
    , / /\\ .
    ; し’ ' `| | ;




60 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:44:18 ID:yELB8hYI

糖尿病だというのに大酒を呷ったりするのですから、悪くなるのは当たり前でした。
        ____
      /      \
    /  _ノ  ヽ、_  \  やる夫は糖尿なんだお……
   /  /⌒)   ⌒゚o  \
   |  / /(__人__)      |
   \/ /   ` ⌒´     /

      _____
     / ノ' ^ヽ_\
.  ゚ / 。;'⌒)  (⌒ヽ\° だから食事にも気を使わなくちゃいけないんだお……
.  / o'゚~(___人___)~o°\゜
.  |     ゚ |/⌒ヽ|  ゚    |
  \     ` ⌒ ´    /

       ____
 +  + /⌒  ⌒\+ 。
 ・ 。/( ●)  (●)\ + +  でも飲むお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::: \
  |     |r┬-|     |
 +\     `ー‐′   /・ ゚. +          __
  /          |              / ・ /ヽ
 (_⌒) ・    ・ ||____________  |ま | ̄|
   l⌒ヽ     _ノ | |\  |___|   {}@{}@{}-| る|  |
    |  r `(;;U;)   )__)  \ >゚))))彡ー―'. |_.|_|
  (_ノ  ̄ / /     \`ー―’___
        (__^)       | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |_|




61 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:44:31 ID:yELB8hYI

それに糖尿病よりは肺病のほうが日増しに心配な状態になり、
夕方になると三十八九度の熱が毎日続くようになりました。

           i!i||!!
          i!i!:;:;!i!|
        !i!|i|!i   i|!i|!|i!
      i!i!i!!!||     !i!|i|!i|!,,,
     i!i!;;;   ___  :;:;:;:;!i!|
    !|i    /_ノ  ヽ\  ;;;::||i!  ファァイヤアアアアアアア!!!
   !i|   / (__ ) (__ ) \  ;;;;;i|
   i   / ::::::::::(__人__):::::: \ ;;i!i
  !!!!i  |      |i!i!i!i!|   u  |  !i!|
   !i!  \  u  |;;;;;;;;;|    /  !i
 i! !i   /    `⌒´    \  !i |!|i!
 !i!;;!!  (<<<)        (>>>) !i!| i|!
  i!ii!!   |、 i、       ,i  /  !i!i!
  i!!!;;;;  ヽ_/       ヽ__/  !i!|
   i!iii;;;;;  |          |  !i!




62 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:45:14 ID:yELB8hYI

以前から少しずつ痩せ始めていた体は、急にげっそり衰えて、
半月ばかりの間に見違えるように痩せてしまい、
水銀燈とふざけ散らすどころの騒ぎではなくなってきたのです。

      / ̄ ̄ ̄\
    / ─    ─ \    すげーお。半月で三十キロも痩せたお
   /  (●)  (●)  \  体形が変わり過ぎて着るものがねーお……
   |  \ (__人__) /  |
   \_ | ` ⌒´ | _/
    /        |
   (_)| ・    ・ ||
   l⌒ヽΞ   Ξ/| |
   | |\_(;;U;;;)_ ̄))
  (_)      //
         ( _)




63 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:45:53 ID:yELB8hYI

隠居は床に就いたきり、三度の食事より他には起き上がる気力もないという風でした。
          __  ______           __
          | |/─  ─ \ ======| |
          |/ (●) (●)  \       | |  オナニーする元気すらねーお……
         /  (__人__)     ヽ       | |  一回しごく度に寿命が縮む気がするお
         |___ ` ⌒´      / ̄ヽ____| |   大人しく寝てるとするかお……
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ   /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ     /  | |
  /    ヽ        `ヽ、}    ./  /| |
 ノ               ヽ__  `ヽ./  /  .|_|
/                   ノ |  /
                     /  |/

  ~三十分後~

             @@
 _,,..i'"':,       @@@@ @    @    @
|\`、: i'、     @@@a@*@         @  @@ @
.\\`_',..-i    |\@@@/|          @ @@  @
  .\|_,..-┘    |   ̄ ̄  |         @@ @@@ @@
           | ゴミ箱  |         @@@@
           | ..     |  @
            \__/ @
      / ̄>く\
    / ─    ─ \
   .|  (〇)  (〇) |.  くそッ!静まれッ!静まるんだお、やる夫の右手!
    |  > (__人__)< .|   ぐああああッ!ヤバイッやる夫の魂が奪い取られるッ!?
    \iiii  u` ⌒´/
    /          \




64 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:47:04 ID:yELB8hYI

鎌倉の○○病院のUという医学士が一日置きに診察に来てくれて、

            ,、-─-─r ‐r- 、
        ,r'ヾ ゙、!いィイ ,r'´,r=゙ヽ
          / ラ'" ̄``"""´``ヾ; =ミ、
        j彡!    i     トミミミ!
        !,;ヲ-ー-、  | ,,_, -ー- ゙ミミ!
       }j!'ニニ''ーミj   ,ゞ-ー-ミ_ゞュ!
       〈 !, -=・'ゞj;⌒j!ィ'・=- ,j! コl  どうも容態が面白くない
        ! L _ _ノ;!  ヽ __ノ iソ  おそらく一年とは持たないだろう、多分
        ヾ!   , :;;L__,、     ,リ
        l   /     ',     j′
           ',   ! ´二ニ''' !   /
           ト、        , ィ´!
           /!ヽ `ー---‐ '´ //!ヽ
       , ィ´ l!  ``ー─''"´   |  ト-、,,_
   -‐''/ /  |          _/|  \   ``ー

と、水銀燈にそっと注意を与えるような始末でした。

       , ==薔 ==、- 、
      / , -―― - 、  \ヽ
       /'´       \ _jlヘ',
     i'  l | l  l  l /{に{」|',
     ! |、:l l |l   l/l l Tj小〉!   .:┐
     l l ト _ヽ丶, ィ¬jイ〈j | l: |/ | ……そう。それは残念だわぁ、悲しいわぁ
     ヽトl'´| !   :!_丿 !  l |:/   / (やれやれ、漸く死んでくれるわけねぇ。清々するわぁ)
      ト、l└'  _ r-、 l l/  /
      l l\  ヽ ノ ハ |l / :/',
        ! l |>r=tォ=|  l_/_, -‐、',
       | ,!: |/└イ!ト┤  / , --'i|
       l/ Vー‐{」l」/{  V , --ヘZ
       /  /  薔  .]ハ  L| r= |〔




65 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:47:37 ID:yELB8hYI

水銀燈は、ご隠居が身動きのならない大病に罹ったのを幸いに、
もういい時分だと見切りをつけて、老人の死ぬのを待ちきれずに本性を露わして来たのでした。


 _/:/l:.|   /l |  l   l|    l ヽ \
'´ ̄イ:ニ:イ  l/_ヽト、l_  lヘ    | l |   ヽ
// j:| l   l    ヽ-ヽ`ヽ卜、 l j|  ト l
/:l /:l l   | 、_.二 _ 「 \l /イ/l  l| l
.:/ /:/ l   |   ̄ ̄ヾミ    レ_⌒ヽ}  l ||
,' l:::l   ヽ  l 77777     { =ミ //| | l
  「´   l\ ',    r -  ._ / ,,,, /イ /レ'
 / |   l  \    !     ` 7  l/ //   愛情なんて最初っからないわぁ、お金よお・か・ね!
ノ| l    !       '、    / / イ:|    搾り取れるだけ搾り取ったし、早く死んで欲しいわぁ
 l  !   !  \      ヽ. _/ 7¨´ | ハ::l
 ,l  !  |_,  - ≧ 、 _ _, イ   l | L!   /|
/ ! l  |  〃 ̄ フ水ヘ\  |   l l    / }
  ヽ l   |  ヽ\// l ヽ_〉:〉 l    /! |  / /  __ - '´
 ̄\ハ l  |、   ̄l:| l:ト-イl !  / l  l/ ///    ∠
   Vヘ  l \_ |:l l:|\_/  /_/ ̄\
    } \!    |:l l:|  ∨ /       \




66 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:48:44 ID:yELB8hYI

                _  - ―― 、
               イ.:::::::  -――-\
            / /.::::/      ヽ  \
           / __〈::::ノ  {   { ヽ.   } | :lハ
           /<_ 小、> | \ーヽ \ ノlノィノ |
           / </|_」   | f=ミヽ   ィ7| /    ちょっと私、買物がてら東京まで行って来るわぁ
            /      | ヽ  、  ||     || レ'ィカ
            /      人 \_>  r‐ ¬ィ''〔 ノノ
         /   ≧==≧\  \ |  /{ 7 く__つ
       /  ∠三三三三>ー一'´:.:.:.:..\>┤
      ./   / ≧三三了.:.:.:.:.:.:.:.:.:._,,、<\| |
      /   / /三三三∧:.:.:.:.:.:.:>ヘ {}:l:.:.:.〉ノ
     ;  / 厶ィ⌒ヾ三ニ>=イ:.:.:.:.ヽ |:|:.:.{
     | /  /    }彡ヘシ}:.:.:.:.:.:.:.:.∨.:ト、:.:.\
     | l |  / _,,.∠斗―/-―:.:.:.:.:.:.:.:〈 \:.:.:}ヽ、
     ヽ |/..:.:.:.:.:.:.:_ -‐'´.:.:/..:.:.:.:.:.:.:.∧ヘ ト-'_rく
     /..:.:.:.:.:.:.:./..:.:.:.:.:.:.:.〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/><l:.l ヽく_r勹
     ー――/..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:/>く|:.:l   ヽ
          /..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ヽ:.:.:.:./\/|:.:.l   | |

五日に一遍ぐらい、水銀燈は必ず消えていなくなりました。




67 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:49:08 ID:yELB8hYI

ご隠居がいいとも悪いとも言わないのに、構わずせっせと支度をして、
買物に行くにしてはお化粧や身なりに恐ろしく念を入れて、ぷいと出て行ってしまうのです。


          /          イf它メミー-   < _  く ̄\
         ィ⌒´/ ̄廴   / {い辷彡ク―- 、 \\  _〕 \ヽ
        f´l |  /  / ハ/ / >=≠=ー-   \ \ヽ __厂ヽ \
       | //   / ///   ′    ヽ ` 、\ヽ (_  ∠二ニ、
      /⌒7⌒ー┬ァ   / / /  l   |   l     \  l l / - ― r'
    /| //  /厶  l /  / l l|   l| |l  | |l   l ト、| 〃.::.::.::.:て |
     ヽ|′  ノ  /ヽィl   ′| l|   l| |l  | |ト、  | l | l〈″ ::.::.::. 〈|
      lノ     ´ ̄ 川  l| |||」|   l|`T 7 ハT | l | | | ::.::.::.::.::.::| | 
      ⊥∠ ̄`ー-<⌒ 川  |l kヘ 八   | |/,,斗=ミk j | ! | ::.::.::.::.::. | |
    \::.::.:-‐''´ ̄ ヽノ川  |l_|孑テミ\ | l〃 弋ヅ゙} ' 从 |::.::.::.::.::.::.| |\
      ヽ ::.::.::.::.::.::.::..\ノ|  lヘド _ゞソ       ̄ / /|_j::.::.::.::.::.::.| |\ ヽー- 、
       ヽ ::.::.::.::.::.::.::.: >ヘ l 八     、       / /l |´::.::.::.::ー―{  、  ̄ ヽヽ
          \::.::.::.:: /..:::..\{  ヽ     __,、   イ l| |\::.:..\::.「::.弋_ \ \ }ノ
           〉、::.:〃.::.::.::.::|〔_ト   ト   ` ̄  /┼ノ |::.::.ヽ::.::.ヽ|::.::.: ノヽ l\ ヽ
         / ハ ::.::.::.:: j  |  |├]>  <__/l/  ; ::.::.::.::.::.::.::.: /   '.| ヽ ゛、
.        / / l | | ::.::.: //..::|  |ノ└―イロト、  /  ∧::.::.::.::.::.::.::.: { | l |、  }|
       / / ハ」 ::.:://..::.::. ' 〃   〃 || || ヽV  ′ヽ ::.::.::.::.::.::. 〉 l || \ ノノ
      / / / 弋_::.::.::.::.::.::.::l  ||   {L ノ| |Lノノ  /  .:..\::.::.::.//j:i、   ノ人  ヽ
      ´ / /   / `7⌒ヽ/ | ノ|ー- _ ̄   ̄イ ;′.:´   \:.ヽ{i:i:i:i:ト--<ハ  }
.     /  イ \ー ‐=彡i:i:i:i:iノ .:|{ l    `ヽ   |l {          ヽ::..\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト、
    / / 乂  >i:i:i:i/i:i/:i:i/ .::.::い        :. 八 ゝ         l::.::.::.:. i:i:i:i:i:i:i:ハi:i:ハ
   { {   イ:i:i:i:i:i:i/:i:i':i:i:/ .::.::.::|\ \_ノ)  :.            |::.::.::.::l:i:i:i:i:i:i:{:i:}i:i:i:ト、
      /:i:i:i:/:i/:i:i:i:i:i/.::.::.::.::.|   ` ー '´   :           j ::.::.::.:|i:i:i:fヾi:i〉トi:i:i:i:i〉
        {i:i:i/i:i:i/:i:i:i|:i:i:| ::.::.::.::. l                    / .::.::.::.:|:i:i|i:}:i:l:i:i||:i:i:|/
        ヽ/i:i:i/:i:|i:i:|i:i:l{::.::.::.::.::.:..、            、      , .::.::.::.::.:∧i:||i:i:i|:i:ハi:i|
        'i:i:i:イ:i:i:|i:i:|i:i:八::.::.::.::.::.:..\           \   /..::.::.::.::.イ  }ハi:i|/  }iノ
      li:i:il |:i:i:|:i:i||i:{  \::.::.::.::.::.:..丶 __ノ       >ー - ―f´ し   }丿
       |i:i:iハi:i:{ ノl:i:iゝ   ゝ、::.::.::.::.::.::.::.:::..\     / .::.::.::.::.:: イ
       人{  ヽ′       〔 ̄::.::.::二 ィ::]{≫==≪}[::.r―‐::.::.:|




68 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:49:32 ID:yELB8hYI

ご隠居が死ぬと程なく彼女は少なからぬ遺産を手に入れて、
俳優のDと結婚しましたが、恐らくあの時分から人目を忍んで其の男に会っていたのでしょう。

              / _f.ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽj_、_
              .'r=f/:::::,. -r==Y= ir=r-、:::::::::\ノ_
             /rt/:::_/Y_ノゝ-' ` ¨´`ーゝァrヽ:::Vt_
            '__l/::/f_フ`-'           ゝノ、::Vl
           /L/:::イゝフ   ' '  /  /      (l:::::|7
          r.:rーイレ':/| L_j/ // /  ' /  ,' .  i  ト=イ7
       j::/ //イ:| =''/ / - /  ,/ イ   / .'!  i  l ト=ァ
       ./  ノ:jl ハ::v / / l//__ X///  / /!  ,  , ト、j_.   田舎で爺の相手なんてうんざり……
          レ/  ヽ|/  ' Y´トァi、.l メl イ/l/// /   イiト、_j  早くあの人に会って、ハメハメしたいわぁ
.           /,/  |  ||  l ハ ヽ'ン/ヾ i///イ/ / /// '|!:「l!
          /イ1  ハ. ノ|  | | ',         _/j/、//// 乂ヾ.
       / ハ!  | ヽ'  ハ.リ  ヽ      'i.ィiハlレ/ // ∧ll\、
.       / ' |   | V i | ヽ.  ___ -'   `′.イ.イ ∧ | |:|  \
 . ___   /_V ∧ li  | Vi ハ    ヽ._ン     .イ:/ / |:::|!| ヾ  ,ノ|
三三 ヽ' !V lヽl ヾ_.jハ. ヽ|`l!\. __l`ヽ _<.- くレハ lY1!    ∨ _
三三三| Y  | レ'´:.:.:.:.: ヽ. Vl.::ヽr---\ \ ヽi Vj_| | ヽ!____,..ィ"´z=
三三三ゝ! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.  Y:::rー‐- \ ヽ.   l:.:.ヽ ヽ. V三三三
三三三:: V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i  |!弋 ─--、.     |、.:.:.:\ \\三三三
三三./⌒l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |!  ハノr ── |     | \:.rー⌒ヽ.\= -..三
彡:/三三l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::. |l   |jゝ,r─'_ r-t___ノr ⌒7  ,イヽ:::\三\
/三三三:|:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |,   ノ!:.:.:.:. ̄ハ ゝ | ! /  /:.|  ! 三\三
三三三三:|:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:|  /フ:.:.:.:/\l./  |/r ⌒フ、:. | , ' 三三 \ミ
三三三 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:,.′/:.:.:.:.:.:.::.`ー 、!  /  ./\!:./:.:| 三三三 \


        ./ \Yノヽ    
       / (0)(―)ヽ    
     /  ⌒`´⌒ \   キリッ
     | , -)    (-、.|   
     l   ヽ__ ノ  l |
     \         /

        ↑あの人




69 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 19:49:52 ID:yELB8hYI

           /ニYニヽ  
     (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)       若くて巨乳で遺産つきとか最高だっていうwww
     (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))     オレの人生勝ち組決定wwwwキwwwタwwwコwwwレwww
    /∠_| ,-)    (-,|_ゝ \    ジジイが死ぬのが待ち遠しいっていうwwwwww
    ( __  l  ヽ__ノ   ,__ )
        \   |r-_,,..、;  /
          |  | | .二二二二二二二二二 ̄ ̄>
         |  | |`|   |          ̄>./
         |  `ー'    |        / /
                        /  <___/|  乳首ペローン
                        |______/

 〃///ヾ    i ll  i ! l   i   l |  l  ヽ  ヽ
. i:|//i::i  》  /| li  !メ l   l   ! i  |   ',   ',
 〆i !:L〃  i ', | !  | l ト,   !  /  l  ! i  }   !
// / |:|'" i  斗弋T、‐- ', | ヽ !  /i /! /! !  l.  } |
/ i |:l  ',  i弋ゝ‐-Y=、丶` ',.| /_.!ム、/_l /  /  ハ !
.  | !:l   ∧. !  ヒ_q )_ヽ   レ'  レ' 7 メ  .イ / l !
.  l |:|.   ,ヘヘ               ,r‐‐tァ/ /| ,/   レ やだもうっ、先にシャワー浴びてから……ね?
.  l l」   i  ヽゝ:::::::::::..      ゞ゚ノ//ノ |,イ
  !    ト、           ! .:::::..´ソ"   l:」   ,-'´
  i    |. 丶      、_ ,、_ ´    /',  ,    //
.  ',    ト、  ゝ .     ‐/ フ_,, ィ ´  !,〃 ,..-'´:∠_
.   ',   |::::`:‐-.、`> . _ / /l´ ゙!i   lイ/:::::::::::::-= 二、_
、___ヘ   !::::::;ィ;==,‐、 ;_/ / !  !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::ff《ヘ  i::≪::::::〃!,ィ´`‐-ヾ、l_/_il    l、::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::ゞ》 ヘ. ト、::::゙彳/ゞ/r‐---、i/´::::|  /:::\::::::::::::::::::::::::::




70 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:04:19 ID:7mdHJ1uo
スカっとして終わるかもんもんとして終わるかどっちだろ



71 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:04:26 ID:8TxQafAf
よりによってコイツかよww



72 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:07:49 ID:yELB8hYI

私はご隠居が鎌倉へ引き移って以来、
水銀燈が恋しいというよりは寧ろ水銀燈の足が恋しさに、
始終別荘の方へ遊びに来ていました。

              ./ ̄ ̄\
             _ノ  ヽ,_ . \
            (●)(● )   |
            (__人__) ///  |  今日も銀様の足を拝みに行くだろ
            ヽ`⌒ ´  .   |
             {       .  i
             ヽ      ノ
                 >ー,-- ':;\
               /:;:/レ'/;:;:;:;;:;:;:\
                 {:;:〈/:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;\
               ∧:;:;:;:;:;:;;:;:;:;\:;:;:;:;:;:;:;}
             /:;:;:;〉:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;〉:;:;::;:;/
            /:;:;:;:;:/:;:;:;:;;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;/
_______<:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;::;:;:;/:;:;:;:;:;:;:/___________
          {~ >/:;:;:;;:;:;:;:;:;:> 、:;:;:;/
'T''''T T''''T T'''''T/:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:{   厂┐  ┬─┐   ┬─┐   ┬‐
| | | | | /:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:: ̄~7|  |  |  |   |  |   |




73 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:08:31 ID:yELB8hYI

水銀燈もそう毎日は出歩く訳にも行きませんし、
話し相手がいないと退屈で困るものですから、私が訪ねていけばいつも大概歓迎してくれました。

          _
       -―〈{包}ー 、
    /::/ ̄ ̄ ̄ ̄  \
.    //::/           ヽ
   | |:::|  | 斗     ト、 l  |
   | 小 |八 人     ハノ  |
   〃|| || |   O ヽ / O 厶仆  いらっしゃぁい。ヤクルト飲むぅ?
  _{{_儿ll、\、、     、、 ノノ|ル__
  >:::::{  ト-   <__フ /} ノ:::::::〉
 く::::::::::::\_〉⌒ヽ ―<7⌒Y:::て
  / ̄〉イ|l |ト--イ「 ̄ 「 ト-仆ヘ「
  | / /、>ー┴―┴‐< ヽ|
  | | |  `  ー―――  ´ | |
  ヽ.| |                  |ノ
.     |                ノ
    〕_ー--   ---  _〔
   /ー- _      _ -‐ヘ
    |      ̄ ̄ ̄      |
    |                 |
   ヽ                丿
     ` ー――――  ´




74 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:09:30 ID:yELB8hYI

しかし、水銀燈以上に、私の来訪を歓迎したのはご隠居でした。

      γ⌒) ))
      / ⊃__
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)  やらない夫!よくきてくれたお!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /

        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ   待ちかねてたお!二三日泊まっていくといいお!
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、    え、学校がある?気にすることないお!
  \ \    )┬-|   / /> ) ))  留年すればいいんだお!
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │




75 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:11:41 ID:yELB8hYI

病床にある彼にとって、私の存在は水銀燈と同じ程度に必要でした。
何しろご隠居は便所へも行かれないような体になってしまって、
折角水銀燈の足を見ながら自分ではどうすることも出来ませんでした。
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \ 本当は犬の真似をして水銀燈の足にじゃれつきたいんだお
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /
 
       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \ でもそんな体力はやる夫にはもう残っていないんだお……
  |     (__人__)    | (ついさっき「しこたまスレイブ」でしこまた抜いちゃったし…)
  \     ` ⌒´     /

       ____
     /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ だからやらない夫にやらせて、それを横で眺めることにするお!
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /


(※『しこたまスレイブ』は足コキシーンがとても多いのです。足フェチなM男に超オススメ)




76 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:12:03 ID:yELB8hYI

私は喜んでご隠居の依頼に応じました。
どうかすると頼まれもしないのに自ら進んでいろいろの真似を演じて見せました

      _,,.. - 、
     ,.-'      `' 、.
   ,r'       ,rfn、 \
    ,'  ,rffn.   '"     ヽ
   .i  '"     ,riiニヽ.   ',.
   {  ,riiニヽ      _.    ',
   !   ,..  _,,.. -‐' _,..r'  i  お安い御用だろ、身代わり的に考えて!
   ',   '、., __ ,.. -‐''"゙  }  |  むしろこちらからお願いしたいくらいだろ、役得的に考えて!
    `、  ヽ        !   }
     '、  ヽ      ./   !
     \  `ヽ==='゙    ,'
       ' 、        / .
        `''‐   . r' \
         /    く    \        \
         |     \     \         \
          |    |ヽ、二⌒)  \          \




77 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:13:10 ID:yELB8hYI

水銀燈の方から言えば、二人の男が自分の足を玩具にした訳で、
酔狂な奴もある者だと考えたかもしれません。

             , '´    ̄ `ヽ、
           , '          ヽ
        /           、 ',
         /    ,  |  l |l    ヽヘ
       , l  | l | l|  l | l| _ __| _
       l | l | l | l|  l l |.!  _ 〔,.小丿
        K| l lム.二l」  二二|  - , /|!     何が楽しいのか全く理解できないわぁ
        ヘj | Y゙ー'    'ーイ イ // !\    私の巨乳より足のほうがいいなんて、どうかしてるわよ
          / ゙! |ヘ、 _ _  /! /| l | ヽ〉  本当にいいの? おっぱい触ってもいいのよぉ?
        〈{ ノ /´ f>- イ/´! l ヽ }〉
            /   !:::|`  /l -ノ:ー-、 ヽ
       /   ,ヽ|::::::ー{二二」::f´ ヽ!
  , ー- 、'   /┐ノ::::::f二二ソ::::j/   |
 /     ヽイ二テ l::::::::::{ニニソ:::/  /ハ
 !  ノ    V テ|! ヽ::i:::<:/  /L イ |
, '!    ',    ヽ lヽ |::l:::/  /.;:::::::/ l
 |    :|     \!_, -'´  /:::::i::::::/| ,
イ.l   ./',   _, - '´  _, - '´::::::::::;'::::::l/ /
 |   ,r―- '´  _, イ、::::::::::::::::::::::l:::::/l { _  -、
 ! .r'´    /    |::::\_:::::::::::::::';:::{ | '´ _-=゙- 、
 }.└t.__ /l    }:::::::::::::: ̄:>-'´ ̄   `ヽ┘ィ
ノ    |   \  ノ:::::::::::::::::/       ,    l´ 」
    ノ       ´'ー ヘ::::::::{      /    /.∠┐
 _, '´               ヽ、\  __/    /!__,. ィ
´                 ̄ /     /   /´




78 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:14:00 ID:yELB8hYI

隠居はやがて、私の仕業を見物するだけでは満足が出来なくなり、
自分も何とかして水銀燈の足に触りたいと願うようになりました。


         / ̄ ̄ ̄ \        水銀燈や、後生だからその足で、
      /   :::::\:::/\       やる夫の額の上を暫くの間踏んでいてくれお
     /    。<一>:::::<ー>。    そうしてくれればやる夫はもうこのまま死んでも恨みはないお……
     |    .:::。゚~(__人__)~゚j
     \、   ゜ ` ⌒´,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.

          , '´,             /⌒ヽ、
        / /  , '    ハ  /⌒ー┘ え )
     , '  / / /    l | (  え   : (
.    // / / ,' ,′l l|  l  } え   :  )
    /〃 // ' / /  l| l|  l l(  :  ト-~′
.   /// //、 /  '/ /!|l l! ハ l| { ? j
  // l |l| | 「トl| l !| l l|_厶⊥L!_|`ー一′
  〃 |l |ll ,ィ永 l l |l |jム=ミ/〃ノ|| l
  {  川lV| {リ|  ソ   f℃ `X リ| |  (この爺、本気でどうかしてるわぁ……マジキチじゃない)
       |l| ゙フ     {じ'   イ/ /l| |
      l||!ヽ     `iiT′/' ィ ′|
       ノハ  、__   _彡1/ ,′ l
         lヽ `     ̄ /,' /  l
         ! ∧       〈〈 ,′  ハ
          // /ンー┬=≦三N   ,′|
.         // ∧  /j三三三| /l  l
        // /  ∨/l三三三/ , / l| |
      // /  /∠三三三l // l| |




79 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:14:39 ID:yELB8hYI

すると水銀燈は美しい眉根をひそめて、
芋虫でも踏んづけたときのように苦り切った顔つきをして、
病人の青褪めた額の上へ、その柔らかな足の裏を黙って載せてやるのです。


           |      .|
           |     |
           |      |
          ,l     ヽ
          /      /
       /      |:::::::
      / ,   /   lノ::::
    /// ,  ,   i:::::
   (__(__(_`/- ,_, ノ:::::フミフミ
       ゝ(  丿:::::




80 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:15:13 ID:yELB8hYI

土気色をして、何等の表情もない病人の顔は、朝日の光に溶けて行く氷のように、
無上の恩寵を感謝しながらすやすやと眠るが如く死んでいくのではあるまいかと思われました。

      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\  あ……大きな星がついたり消えたりしているお
  /   (__人__)   \  大きい……彗星かお?いや違う、違うお、彗星はもっとばーっと動くもんだお
  |     |r┬-|     |
  \    `ー'J    /
  /              \




81 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:15:43 ID:yELB8hYI

今年の二月になってご隠居は遂に危篤の状態に陥りました。

         , -─‐──‐-、
          /        ゚    \  うおっ、三途の川の向こうで誠が手招きしてるお……
       / ;  ゜      °  \
      l  U      ; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; l⌒ '"⌒ ヽ、
       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;    u.    ;   |ー       \
.      ! u. _ノ′ヽ、__   ∪           ,;   \ ,rー、
        ゝ。((-‐)  ;;;;;;;;;;;)::。 i'′⌒ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ヾ`ヽ ヽ
       (  ヽ'"(__人___)"'__ ,ノ ヽ、____"___,、___ソノ__ノ
  ´ ´ `゚~゜´^" ´~`゚゜`⌒ ´"´´゚^゚^ ~゜゚`´^゙^ ^´'゜´^゚´ '゚^´




82 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:16:06 ID:yELB8hYI

しかし意識は割合にハッキリしていて、
時々思い出したように妾の足のことを言い続けるのでした。


        /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\
       /: : :             \
      /: : : :            \
    /: : : : : :               \
  / : : : : : : ´彡'゙,∠-‐一彡〃 ト.、,,,,,,,,,,,レ゙
 |:::: : : : : : : :二ニ-‐'''"´      /`二、゙゙7l
 |:: : : : : : : : ,,ァ''7;伝 `        {.7ぎ゙`7゙ |  ゴホゴホッ、水銀燈の足は人類の至宝だお……グフッ
 |:: : :: : : : : : : : :ゞ‐゙''  ,. ,. ,.  l`'''゙" ,'  l
 \ :.: : : : : : : : . . . . (    j    )  /
   \:::: : : : : : ::.:.:.:.:.:.`ー-‐'´`ー-‐'′/
  /´ ̄ ̄`゙'ー、:;:;:;:;:;:;:;_:_: : : : : : : :イ




83 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:16:55 ID:8TxQafAf
変態過ぎるけど、こんな死に方で死にたいわ



84 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:17:20 ID:yELB8hYI

食欲などはまるで無くなっていましたけれど、
それでも水銀燈が例えば牛乳だとかスープだとかいうようなものを、
綿の切れか何かに湿して、足の指の股に挟んで、口の端に持って行ってやると、

         ,.:::'´ ̄´¨丶
       /:/ ̄ ̄´丶:ヽ
    ~ 」/ l _|  |_ ! ヽ{〉
      オ| |ムト、/!厶! /小
      | l |l'( )  ( )イ,|| 牛乳よりもヤクルトにしましょう、糖尿だし
      ! ヽト      イj l  え、スープ? ジョワがいいわよねぇ、肺病だし
    |  ゝ 二´ イ/  |
     l </::} |父| {:::ヘ >
     |≦/:::/|  ̄ ト、:::ヽ≧
 !二Y1f'⌒Y'l/  __V」::::| |
 |  | | 'ーtj-ャ=´、  〈,_ヽ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ̄| |    ト、:ヾシ:::::ノ lイ  r―‐_、
 |_|_l    ヽ  ̄ ̄´ /   !ヽJ;┘
             ̄ ̄      ゝ┘


病人はそれを貪るが如くいつ迄もいつ迄も舐っていました。
       ____
     /⌒  ⌒\   ペロペロ゙
   / (●)  (●)\
  /::::::⌒(__人__)⌒:::: \  チュパチュパ
  |     (   \    |
  \_   ヽυ  ::\ /    水銀燈の足しゃぶるとマジでうめーお
         \  .:::\    もうこれ以外のやり方じゃ何も食う気がしないお




85 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:18:30 ID:yELB8hYI

臨終の日には、水銀燈も私も朝から枕元に付きっ切りでした。

          __  ______          __
          | |/─  ─ \======| |
          |/ (ー) (ー)  \      .| |
         /  (__人__) /   ヽ      | |   ウーン、ウーン……
       _rーー‐‐- 、_  |   / ̄ヽ___.| |
     __ノ ̄ ̄ ̄ ̄` ヽ__`-ー´⌒ヽ_ノ  /| |
  / ̄     ヽ_ _  ーー ヽ__ ヽ、. /  | |
 ノ                    `ヽ/|  /| |

   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \
. (●)(● )   |
. (人__)      | ううっ……ご隠居……ご隠居ぉ……
  |⌒´      |
.  |        /
.  ヽ      /
   ヽ     /
   .>    <
   |     |
    |     |
          _
         -〈{}-
       /..:::  -―‐-  \
     //.:/          \
      |_|::|   、    ト | l
     {ヒ{}コ}\  |\   | | | |   (まだかしらぁ……粘るわねぇ
      |兀ヽ l\!  \ ノ }ハノ       いいともがはじまっちゃうじゃないの)
   三≧ト \|   |    |,, {:lノ彡
     寸::f⌒ト '''    ノ.f⌒ヽ
   ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'




86 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:18:55 ID:yELB8hYI

午後の三時頃に医者が来て、カンフル注射をして帰りました。

             (※↓注射です)

     /⌒\     /\
    /'⌒'ヽ \  /\  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (●.●) )/   |: | < はーい、チクっとしますよー
     >冊/  ./     |: /   \_____
   /⌒   ミミ \   |/
   /   / |::|λ|
   |√7ミ   |::|  ト、
   |:/    V_.ハ
  /| i         |
   и .i      N
    λヘ、| i .NV
      V\W




87 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:19:48 ID:yELB8hYI

その後でご隠居は、

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         /               \
        /     __       __   \   ああ、もういけないお
.     /   ´ ̄    ヽ  /    ̄` \  もう直ぐやる夫は息を引き取るお
.    /     イ:::::::ヾ.、   i i  イ:::::::ヾ.、  \  何故って今チラッと死神が見えたんだお
   /    〃 ゝ- 'ノ  .! !〃 ゝ- 'ノ    ヽ  ……水銀燈、水銀燈
   |         /    ハ   ヽ         |  やる夫が死ぬまで足をのっけていてくれお
   |         ゝ __ ノ  ゝ.__ノ         |  やる夫はお前の足に踏まれながら死ぬお
   ヽ                           /
    \                       /
    /                       \
   /                         \

と、聞き取れないほど低い調子ではありましたけれど、しっかりした語呂で言いました。




88 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:20:21 ID:yELB8hYI

水銀燈は例の如く黙って、無愛想な面持ちで病人の顔の上へ足を乗せました。

                      , =三冫==、- 、
                       /, -―― - 、 \ ヽ
                      / l  l i l ' , \ ゝハ
                       ノハ/__l l l l-、ゝl {に} |
                        ソ/lf_ョ  ;辷!゙从キ/ ト、|  (最期まで呆れた爺だわぁ)
                        | l! 丶    / 〃 !| |、
                     ノli>‐、‐=- ∠ィ/ l l|   __
                       / /7<<}rrr<{ < | ! l|/:::::::::ヽ  
                       / //::./l\/:{:.::.::_:}:::|l i |::::::/:ト、:::',
                        ノl|, トy┼┴‐':::.:/:::::/ | l |:::::|:::トヽ::l
                   |/|(」,,rrxーーrr'::: :〈 ,′∧ |::/|::ト ソ
          ___       ___ノ:::ゝ/Xヘ::.∨:::::.`ヽ< }ノ  !ノ
         /_ノ ' ヽ_\_  ノ;;,/V:::::/____〉:\::.::::∨:.::`ヽ
      /(○)   (○)巛}ヾ゙":::::'''勹ハハ,ヘ::.::.×:.:.レ⌒ヽ〉
    / /// (__人__) ///\ ヾ:::.ハ::::/  `゙l`ヽ::::.::::ト、::.::/
    |     |r┬-|      |ィ/ V    ll::::ヾ:::†| ∨
    \     ` ー'´    /            ll:::::::ll∨

ウーンウーン、ウーン、ウッ……ドピュドピュ


それから夕方の五時半に隠居が亡くなるまで、
ちょうど二時間半の間、踏み続けに踏んでいました。




89 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:20:44 ID:yELB8hYI

ご隠居は其の間にたった一遍、

        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \  有難うだお……
  |  /// (__人__) ///  | 
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ

と、微かに言って頷きました。




90 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:21:17 ID:yELB8hYI

           /;;;;r' ̄´      ` ̄ゝ、;;;;;;;;;;ハヽ
          /ソ´              (ヘ;;;;;;;ハ)ハ
         //´      /             (ヘ;;;;;;;|) ハ
           レ'         /|   ヽヽ ヽ    (ヘ;;;;|) ハ  仕方ないわぁ
          /      /   /│    |_\|__|__ (ヘ;|)) ハ  もうこれでおしまいなんですもの
          l    /  l | |   r'|   | ハ  ` ((!!))   |  少しくらい辛抱してあげるわぁ
          |     | | 」-ト、ト、  |   _x===|   }((ト、ヽ |
          |    レ|´| | | ヽ |  rテ´   | / ハヽ__」〉|
        _| |    | | |_==ヾ、 ∨        |/ / {{ ̄ ̄||
      〈l ̄〉ハハ \\x゙     ,        /// / llヾ〉 |||
      ヾ_'-'∧. ヽ \\      _  ノ     jノ ,イ /| ll |ヾ_ |    /
       /||ゞ´∧ \_\ゝ          /// | {{|  | |    /;;;
        //´|| 〉〉、_ ヽ ̄ヽ、        /イ‐,,/  ゙|  | |∧/;;;;;;
     //   ゙ |_| /\\_|` - -、- < ̄;;;;;/l   } /`│_;;;;;;;;;;;
      /\ー─-、 /  / ̄/|   ||   |;;;;;;;|;;;;;;;;;;;//|   |_/;;;;;;;;| ;;;;;;;
 ____/___〉;;;;;;;;;;;;>'  /  /l l/ ||  |;;;;;∧;;;;;;;;;/_ |  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;;
__ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;// /| /-ト─--' ̄\/ |ヽ;;;/  | /レ';;;;;;;;';;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/イ /;;;|/;;;;;;;;;;;;;;;/》/    \  《 レ'/;;|;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;| ;;;;;;
>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;| |;;;;;;;;;十、/ヽ-へへへ/ ̄《/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;;<´| ;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |;;;;;;;/|´ 《ミY≡》)    《/;;;/;;;;;∠;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈 ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;レ/;;/;;;/   ゞ===゙´    《/;;;;;レ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;/|/   |;;;;∧__{;;;;|;;;;;/)          《/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
//    / ヽ/く;;;;;ヽ |;;;;|》     |/   /  《/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
  |   /   /  ヽ;;;;;;;;;;;;;|》ヽ  |   /   《/;;;;;;;;;;/ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;〈

私の気のせいかも知れませんが、彼女の口元にはそんな薄笑いが浮かんでいるように思われました。




91 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:22:39 ID:yELB8hYI

死ぬ三十分ほど前に、日本橋の本家から娘の真紅が駆け付けました。

、´ , l::::::::::|ヽ::::|||`゛|‐ 、::::|||`、::::::::::::::::::::::::::::::/::,::::::::|::::::::::::::i|
||`´/|:::::::::| ヽ::|,|==-、::゛┼、l_::::::::,::::::::::::::::::/:::l::::::::|:::::::::::::::||
||||/::|::::::::| -r" / 0 , 、l`,:|t、 lT、:::::::::::::::::::/|:::l::::::,::|::::::::::::::, l-
/::/|::::::::|  l l (::)、l |`′  ||`,:::::::/:::::/ |::/::::/:::::::::::,-´
:/:/ |::::::::|  ヽ.ヾ、___,/       ′l:::/l::×、l:/:::::/::::::::, ′
'::/ .|::::::::|   >‐- 、       |/_|/_  /|:::/::::::::/   ・
:/ |:::::::::|                '/,‐rT //l:::::::,/    ・
ヘ |:::::::::|             、 lU /,| /:::/:::/l    ・
|||l |:::::::::|             ノ 、`‐' ' /:::/〆:/:|    ・
ー/:::::::||-、      ,-==-,  ` ‐ ハ '':::::×||      ・
||l:::::::::::|||||||l     /-、  /    /::|ヽ::_,.-┘     ・
||l::::::::::::||||||ヘ   (   `/    /:::::| ヽ:::::`T‐、    ・
|||i::::::::::::||||||l    ヽ /    ./ |:::::| ヽ:::::::ヽ`、
||||l:::::::::::||||||||ヘ   ー`    , ‐l´l .|:::::| 丶::::::::ヽlヽ
||||||l::::::::::|||||||||l     , -‐'´ -‐、:`、|:::::|  ヽ::::::::ヽl \
|||||||l::::::::::l||||||||`ー-‐'´||||||||||||||ヽ:::`::::ヘ  ヽ::::::::ヽl  ゝ、_
|||||||||:::::::::|_,-‐',l||l、\||||||||||||||||||ヽ:::::::::::l   ヽ:::l::::::|    ̄
 ̄`、 |:::::::::|  /||||||\ヽ|||||||||||||||||ヽ::::::::::|   \l:::::|

     ふにんき は こんらんしている!




92 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:23:18 ID:8TxQafAf
銀様\(^o^)/オワタ



93 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:23:20 ID:yELB8hYI

彼女は当然この不思議な、
浅ましいとも滑稽とも物凄いとも言いようのない光景を、目撃しなければなりませんでした。

 l|   l  l_|_|_|! L.  |! | l|  l/ ̄ ヽ |
  l!  l ̄|´l  l  |! |´  |! l l| /       ∨
l  ',  !l _ , === 、:l l |! l l| 」  何    V
ヽ lヽ川ィ´, イ::::.ヽ ヽ! ',l|!.::l l|〈   故    }
l 丶 ハ. l! { 〕:::::..|       |   :    /
:|   ハハ  弋こtソ          \     」
| /.::::ハ  `¨¨ ´         /     /
| ,  .:: l ;;       ,     / そ あ {
::! _/ ̄ ̄\          {.  ん あ 〉
 / な ど こ ヽ    , -- 、 | な    |
 | の .う れ |     ヽ二ノ }   :   /
 }  : い. は ∟_      ノ'´`ヽ.__.//
l〈. ? う    |´\     r ―― ----
||    こ     |:.:.:.: >‐-- |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
!: \.  と    /:.:.: :.:.:.:/こヘY}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
-:― ヽ. ___/‐- 、:.:.:乂りソ」:.:.:.:.:.:.:.:.:: .:.:.イヤホントデスヨネ




94 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:24:04 ID:yELB8hYI

彼女は父親の最後を悲しむよりは、寧ろ怖気をふるったらしく、
面を伏せて座に耐えぬが如く固くなっていました。

::::\::/ / .:::::::/ .:/   :/  .:l:     ::l      l:.   l
\__/  l :::/.:::! .::!::  ::! .::/::l:.    :::l   ! :. !::   l
/´ /   l :/_l :::l:::. l:::l :::l::::!::.    .:::! :::! :l .::l:::   !:l
!{:V    l∧_l::l`::ト、l:::!:::∧!::::.  .:::〃.:/.:/.::/.::: /::!
!∨     !:::トミ<!:::::ト、!/::::l::::::::://.::/.:///.:::::::/:/
V   :∧lヽヽゞ`メヽl::::ソノ!::::∠.._/ -‐/∧:::::/j/
:l   ::l !l::::::::: ̄::::::::::::::::::j/rf_チァ// j/
:!  .::l  !!  :::::::::::::::::   :::::`¨::::///   ぐぬぬぬぬぬ、屈辱なのだわ……
i  .::/:!\li        ノ.::::::::: /.:://    どうして薔薇人形人気随一の私がこんな目に……
! .:::/:::l _ヽiト、  r=‐ 、_     /.::::l l     他でもないジャンク人形の前でぇ……!
! /}/ 冫lヽヽ、 ̄   _ .. イ| :::::l l
/ /.::/冫、:∨ 二¨::/.:::/´`ヽ{ヽ、l !
:/ .::::::::::/.::::}ヽ:}/.::::/.::r┴′:::::ヽ 〉l




95 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:25:12 ID:yELB8hYI

しかし水銀燈の方は一向平気でした。

            >′´    \::::::::>、____
          /      l ヽ    ̄ //小 \Y/
            . ' /      | |ト  |  \'」ト \\__
          /  l      | ∥| } _|   l \_ヽ_ \\   あらぁ、私は貴女のお父様に頼まれてこうしてるのよぉ……
         /   |   | | イ厂|,ハ !  | ゙,  ̄\\ ヽ.ヽ  そんな目で睨まれるなんて心外だわぁ
       ′ | i |ヽ   |// /,.斗:‐刋 | |    ̄  レ′
      |  | ||_\ |! / 〃ヽソ ' / /  |     \
       || ゝ \ -\∨       / イ   ト     \ \
      | ト  \ィヘ ソ       / |    | \     \ ゛ー
  \___ 、 \\ヽ ̄´  ヽ __,.      |    |\ \
__ \\|\ \  ̄二   '´´      |    |  \ >-...    _
::::::::::::::::::\, ――‐∠ヽ_         / |   ∧__>'´::.::.::.::.::`<::::::::::::
::::::::::::::_/   ―ッ厂   、\ー-  <::.::/   /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\:::::::
:::::::∧/   /  /   l l ト )//「\::V  /::.:,′::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\:
::::::′冫 /    | _」  | | |∠〈〈仆:::::マ /.::./::.::.::.::.::.::.::.::.::___::.::.
:::::| ハ _  ,―┴ぐ_ノ-イ‐'::.::/フ┘|::|/ /´::.::./::.::.::  -―――-
:::/   7 Y´    |__  了::.::.//z_r‐レ'/.::.:::./ レ'´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
〈|   /  \ -―{_  ̄|_::.::レ燈}彡イ::.::.::.::./ /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:




96 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:26:18 ID:yELB8hYI

水銀燈は本家の人々に対する反感から、
彼らを馬鹿にするつもりでそんな意地っ張りをしたのかも分かりません。

              ,. -――‐---、,. --、
              / ,、_,、 --- 、//:::::::ヘ
      ____//(=゚ヮ゚=):::::::::::::/_:::::::::::::ハ.   -、
       |::::---、::::::::,. -―――- 、::::::Z:::::::::::|ヘ. ((_)))
       l:::::::::Z::::/   ヽ.      `丶、::::::::| ヘ.
      ∨::::::::/  l |   \     ヘ \::l__ム.___  ,r===、   うふふふふ、いい気分だわぁ
.  ,r==、、∨::/    | !  、  \    ハ  ヾ、ニニ7/  {{ {{¨}} }}  悔しがる真紅の顔が面白いから
  {{ {{}}_}} ヘ:i    l l !,  ヽ   \-―,ハ  lハマニハ  ヾ ゙='′    これ見よがしにグリグリ踏んであげるわぁ
.   ` ̄ /ハ   十!ト'、  l.\/.| \/__|   ! ヘ∨ ヘ.   /|    ,.ィ  (散々ジャンク呼ばわりしてくれたお返しよぉ)
     くく,/∧.  !ムL._\| \\lィfうリ/! / !|ヘ〉   ヘ./:::|/l/:::/-―ァ
    |\|〈/ |ヘ  |「下iう     └‐'′| /  l.|\ ∧/ヘ:::::::::::::::::::::/
 < ̄::::::::::::::V__ \'、´ ̄         " イ/  //⌒\::::::::ヽ:::::::::::::::Z
.   >:::::::::〃⌒`ヽ. ヘ. "  ′       / //'::::::::::::::::::\:::::::\:::::::::::\
    `Z:::::::{{::{{¨}}::ハ〉、. \  ーr_ァ'′/イ /::::::::,. -- 、::::::ヽ:__マ¨ ̄
   ∠//ヾ=='ノ  }\ {` ー--__'´/:ノイ::::/:::::::::::::::\:::ハ  !ヽヽ.
    / ,.イ:::r'´ ヽ. イ、__|ヾ、:::::::::::人::::::,r====、、:::::::::::::::::::::ヽハ |ヽ〉 l
.   / /| ∨  ヽ. ヽ __ `ヽ:|ヘ/∧:!〃:,r==、:::}}--、::::::::::::::::::::j !'. ',|
  /.イ !〈 \  〉-'にV`ー'ハ く/ |」{{ヘ{{ ___,リ __ \:〉::::/  ||!ノ
  fハ | | ヽ.__}'´ / _ハ::::::::::::マ⌒⌒_,ゞイ` ̄ / / 、 l/  /!|| |
  || ヾ.ム._,ハ _r'´r'´ /|:::::::::::::ヘ.  廴__,ゝ-イ /  / h .// /´|/
  ヾ:、_{r‐'⌒'´ _,.イ /:::|:::::::::::::::::ヘ. /:::::j`Y L〈 __/ 厶 マ´ /_,.イ
    (_f⌒'⌒´_ノ /::::::l::::::::::::::::::::∨::::::| L_ヽ--、_ 7´ __}_ノ‐'´/
     Y´ ̄`´ /:::::::::ヘミニ:::::¨´:X:`:ーL_ ヽ--、_二´--i‐,r==、、
      ̄マ二´::::::::::::::::/ \_::::::::::X::::::::| \⌒⌒ヽ-‐f二} {{ {{_,リ
         ` ー--‐'⌒` ー-ニミー―廴:::\__ .. ィ'´
                     `))ー―`ー一'´

が、その意地っ張りは期せずして病人の上にこの上もない慈悲を与える事になったのです。




97 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:27:02 ID:yELB8hYI

水銀燈がそうしてくれたお陰で、老人は無限の歓喜のうちに息を引き取ることが出来たのでした。
死んで行くご隠居には、顔の上にある美しい水銀燈の足が、
自分の霊魂を迎えるために空から天下った紫の雲とも見えたでしょう。

           ______
          (⊂二二二⊃)
             ̄ ̄ ̄ ̄
            ____
           /_ノ ' ヽ_\   あ~逝くお、逝くお、逝っちゃうお~ビクンビクン
         /(≡)   (≡)\  
        / /// (__人__) /// ヽ
        .|     |r┬-|     |
     __\    `ー'´   /__
    /YYYY /  _ノ(ξ)、_ \YYYYY\
   .|YYYYYY(__/  \__)YYYYYY|
    ∨      {      }      ∨
           {       }
           {      }
           ヽ   |  /
            ヽ  |  /
             ∪ ∪

おしまい。




98 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:28:13 ID:WZxyWNWZ
解った


文学って変態のことだったんだね!



99 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:30:19 ID:iBVQNZWV
エロスレの予感



100 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:41:21 ID:yELB8hYI
>>98
谷崎先生はデビュー直後からこんな感じの変態っぷりをブルブル発揮してます。
そして、死ぬまでこんな感じの作品をバシバシ発表しています。筋金入りです。




101 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 20:44:11 ID:8TxQafAf
乙!!!
( ;∀;)イイハナシダナー



102 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 21:14:40 ID:sshIwelv
谷崎か…
よし、読もう!



103 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/08(土) 23:56:47 ID:9xQxrJpA
>>100
「春琴抄」をやる夫化しようとして構想練ってたんですが、
熟読した上に「針で目」の部分をどうしようかと考えてるうちに
ブッ倒れそうになったヘタレですorz

川端の足フェチなんぞ目じゃないですな…



104 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/09(日) 00:24:43 ID:Ru87G+UK
痴人の愛しか読んだことなかったんだが、万事あの調子だったのねwww
おつでした!



105 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/09(日) 01:39:01 ID:8vYaZ+Pl




106 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/09(日) 02:02:54 ID:Lo3BVY8F


これはw



107 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/09(日) 02:52:31 ID:jhxwN7UW
へっへんたいだーーーーーーーーー!

乙です、谷崎ってこんなに変態だったのか、親近感わいたw
暇ができたら約六ページの足フェチぶりを読み返してみるか



108 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/09(日) 07:24:08 ID:SbgRJEty
乙乙



109 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/09(日) 10:20:33 ID:yQM4B4vJ
なんて羨ましい死に方なんだ。俺はもっと普通でいいから、おっぱいに顔を埋めて死にたい



110 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/09(日) 20:16:45 ID:60lXP7rk

こんなだから日本人は未来に生きてるって言われるんだw



111 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/10(月) 01:04:59 ID:+xN/J/zf
乙! あらためて見ると、谷崎せんせぇのフェチシズム、マジパネェ (;∀:)
時代を越えて永遠に語り継がれるべきものだな、コリャ



112 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/10(月) 19:30:17 ID:NGJGJCQr
>>110
日本の"HENTAI"って、そんなに先進的なものなのか?(w



113 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/12(水) 11:49:18 ID:nxz3Ki+w

すげえ変態すぎるwww



114 名前:名無しのやる夫さん[sage] 投稿日:09/08/12(水) 21:31:17 ID:VlQ+9p9I
>>112
川端康成がノーベル文学賞を獲れたのも、
そのHENTAIっぷりが評価されてのことだったりするので……・w



備考: 完結 やる夫板(RC) 短編 

コメントの投稿

非公開コメント

このブログについて
URL: http://yaruomoe.blog45.fc2.com/
RSS: http://yaruomoe.blog45.fc2.com/?xml

詳しくはこちらをご覧下さい。


カテゴリ
 リンク
やる夫.jp@2chやる夫まとめ
やる夫見聞録
やる夫AA録

[色々なやる夫系スレ投下板]
やる夫板II
やる夫スレヒロイン板
やる夫板・2nd
やらない夫板II
やる夫系雑談・避難・投下板
やる夫801板 仮設避難所
翠星夫板
やる実+板
やらない子板プラス
やる夫板(RC)
やらない夫板
SS速報VIP(SS・ノベル・やる夫等々)@VIPServise掲示板

[あんてな系]
アップルアンテナφ(゚∀゚c⌒っ彡
あんてな@かんてな
いーあんてな
オワタあんてな\(^o^)/ニュー速
ショボンあんてな(´・ω・`)
ちくアンテナ やる夫
ブーンあんてな⊂二二二( ^ω^)二⊃
やる夫アンテナ(べーた)
やるやらアンテナ部
ライブアンテナ
秒ぁんてな(゚∀゚)

 [2chいろいろ]

 (´A`)<咳をしてもゆとり
 【2ch】ネタちゃんねる m9( ゚д゚)っ
 2chスポーツニュースナビ
 2ちゃんニュース!ワロタ速報
 2ちゃん的韓国ニュース
 2のまとめR
 VIPPERな俺
 WWW.ニュース
 オレ的ゲーム速報@刃
 カナ速
 キリンちゃんねる
 こゆくておいしい('A`)
 ちょっとアレなニュース
 テラニュース
 ニコニコVIP2ch
 ニュース超速報!
 にゅーるぽ(・∀・)
 ニュー投
 ヌコニュース
 ぷん太のにゅーす
 まとめたニュース
 ワラ速
 引いた瞬間、冷めた瞬間
 音楽業界を目指す学生
 何でもありんす
 暇人\(^o^)/速報
 芸スポまとめblog
 悟った瞬間、冷めた瞬間
 山師ニュース\(^o^)/
 世界って広くね(;゚Д゚)
 中の人
 痛いニュース(ノ∀`)
 痛ニュー速報!
 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww
 日本ってすごくね(;゚Д゚)
 萌えっ娘。通信本部
 冷めてないけど引いた瞬間  
月間記事一覧
最新コメント
ランキング


管理人にメール

名前:

メール:

件名:

本文:

いいのよ
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。